中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

少女は巨人と踊る―マテリアルナイト (富士見ファンタジア文庫) 文庫 – 2003/9

5つ星のうち 4.3 3件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

第15回ファンタジア長編小説大賞佳作作品!

レンドラント国大統領の孫であるレアナはある日、「レスフォールの遺産」が悪用されようとしている事を知る。それは200年間の空白の歴史で唯一現代に残された「人型兵器」ドラグ・ヘッド。圧倒的メガバトルの開幕!

内容(「BOOK」データベースより)

「レスフォールの遺産」―百年間に及ぶ空白の歴史で、唯一現代に残された発掘兵器ドラグ・ヘッド。人と同じ姿をし、感情を持つ。それが悪用されようとしていることを知ったわたしは、いてもたってもいられない。わたしの名前はレアナ・バーミリオン。符道を使う符道士。今日、わたしは旅に出る。そして、その行く先には…。発掘兵器たちが国の威信を懸けて戦うなか、最終兵器マシン・ドライブがついにその生を受ける―。ちりばめられた謎、ギミックがキミの五感を刺激する!第15回ファンタジア長編小説大賞佳作。最大級スケールのメガバトル・ファンタジー、いざ開幕。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 318ページ
  • 出版社: 富士見書房 (2003/09)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4829115483
  • ISBN-13: 978-4829115480
  • 発売日: 2003/09
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,617,965位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 青嵐 投稿日 2004/6/2
形式: 文庫
 あなたは、この本を読んで、まだこれはマテリアルナイトの世界のほんの少しだけ垣間見ることが出来ます。深い世界観、やはり一度だけ読むではなくもう一度でも何度でも読みたくなるような本です。
 主人公であるレアナ・バーミリオンは家を飛び出し旅に出ます。この世界には、過去の遺産であるドラグ・ヘッドとマシン・ドライブがあります。どれも、現代の技術では解明することの出来ない技術が使われており、絶対的な力を持っています。
 ストーリーの質の高さもさることながら、とても情景描写に優れています。五感を刺激する様々な言い回し。彼女の世界を臨場感たっぷりに再現してくれることでしょう。読む価値あり!
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
『少女は巨人と踊る―マテリアルナイト』です。

ファンタジーですけど、なんとなくSFっぽくもあります。でもやっぱりファンタジーですね。

カタカナ名前のファンタジーにありがちですが、設定を理解するのに少し頭を使わねばならなかったでしょうか。

作者は男性なのでしょうか。しかし女性主人公のレアナを巧く描いていると思いました。大統領の孫娘という設定は、ファンタジーにおいては王女以上に突飛な感じは受けましたが。それ以外のキャラクターも、ドタバタコメディのような強烈なインパクトはありませんが、

あとはドラグ・ヘッドなどのマテリアルナイト世界ならではの設定の大きさが見どころです。世界設定の巧みさを、普通に巧みな文章描写で一つの小説世界を構築しています。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
登場キャラクタがカタカナでしたので最初また分からなくなっちゃうかなぁとか思いましたが、そんなこと全然なく書き分けられた分かりやすい性格で最後まで混乱無く読めました。
まるで、1本のRPGを終わらせたような達成感と、ラジオドラマ並みのテンポの良い進行、主人公は「ご令嬢」とは思えない性格の良さで魅力的です。
挿絵の配置も良く物語を盛り上げてくれます。雰囲気壊すようなことはしていません。
本の厚さでだいたいの購読時間を見積もるのですが、臨場感いっぱいのこの物語は厚さ以上に時間がかかりました。読み飛ばせない面白さです。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告