少女たちの羅針盤 Blu-ray (特典DVD付2... がカートに入りました
通常配送無料(一部の商品・注文方法等を除く) 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ジャケット傷み(内側に黄ばみ)あり。 中古品のため商品は多少のキズ・使用感がございます。デジタルコピー、ダウンロード等は使用できません。記載ない限り予約特典などは付属致しません。商品はアマゾン倉庫内にある為、商品に関する個別のお問合せにはお答えできません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせます)
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 3,970
通常配送無料 詳細
発売元: uchimoショップ☆2点購入で100円引き~最大1000円まとめ割実施中!
カートに入れる
¥ 4,217
通常配送無料 詳細
発売元: Amazon.co.jp
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

少女たちの羅針盤 Blu-ray (特典DVD付2枚組)

5つ星のうち 3.8 8件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 6,264
価格: ¥ 3,970 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 2,294 (37%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、ブックス佐藤 (24時間以内に発送します!)が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 返品については出品者のリンクからご確認ください。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:8¥ 3,780より 中古品の出品:6¥ 1,598より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 売れば売るほどお得なキャンペーン実施中。宅配買取もしくは出張買取を選択してAmazonアカウントを使用して簡単お申し込み。 買取サービスページをチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 成海璃子, 忽那汐里, 森田彩華, 草刈麻有, 黒川智花
  • 監督: 長崎俊一
  • 形式: Color, Dolby, DTS Stereo, Widescreen
  • リージョンコード: リージョンA (詳細についてはこちらをご覧ください DVD/Blu-rayの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 2
  • 販売元: TCエンタテインメント
  • 発売日 2011/12/02
  • 時間: 113 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 8件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B005FUABPO
  • EAN: 4571390723504
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 110,795位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容紹介

ねえ、殺すって どんな気持だった?

福山の美しい街並みを背景に、演劇にかける4人の少女たちの栄光と挫折を描く青春ミステリー。



第1回「ばらのまち福山ミステリー文学新人賞」で優秀作に選ばれた水生大海(みずき・ひろみ)の同名小説を、
成海璃子(「武士道シックスティーン」「書道ガールズ!! わたしたちの甲子園」)、忽那汐里(「BECK」「マイ・バック・ページ」)、
森田彩華、草刈麻有という4人の若手女優を迎え映画化した青春ミステリー。

監督は「8月のクリスマス」「西の魔女が死んだ」の長崎俊一。

<ストーリー>

廃墟となったホテルを貸し切り、ネットシネマの撮影が始まろうとしていた。ヒロインは新進女優の舞利亜。
しかし、いくつもの不可解な出来事が舞利亜を恐怖に陥れていく。
彼女には、4年前に起こった事件によって突然活動停止となった伝説の女子高生劇団“羅針盤”のメンバーだったという、誰も知らないはずの過去があったのだが…。

私立銀星学園・演劇部に所属する瑠美(成海璃子)、バタ(森田彩華)、かなめ(草刈麻有)の3人は、先輩や顧問との対立から部を飛び出し、
他校から勧誘した蘭(忽那汐里)を加えて自分たちだけの演劇ユニット”羅針盤”を結成する。
ステージ代わりにストリートで演劇を披露することを選び、様々な障害や軋轢を乗り越えながら稽古を重ね、徐々に知名度を上げていく”羅針盤”。
彼女たちはやがて、新人劇団の登竜門である”ステージバトル”に出演することになるのだが…。

彼女たちを襲う突然の事件。
殺されるのは誰?殺したのは?そして、その理由は…?


<キャスト>

成海璃子 忽那汐里 森田彩華 草刈麻有

黒川智花 塩谷瞬 石井正則 水本諭 前田健 金山一彦
清水美沙 石黒賢(特別出演) 戸田菜穂

<スタッフ>

監督: 長崎俊一
原作: 水生大海 『少女たちの羅針盤』(原書房刊)
脚本: 矢沢由美 谷口純一郎
音楽: 佐藤直紀
主題歌: 矢沢洋子『羅針盤』(GARURU RECORDS)
製作: 佐倉寛二郎 仲尾雅至 神原勝成
エグゼクティブプロデューサー: 永田守 海生泰定 久保忠佳
プロデューサー: 折目啓伯 粟根祐司 森悟志 宮田昌広
後援:福山市
特別協力:福山商工会議所


★特典映像ディスク収録内容★

メイキングには劇中劇「生死のサカイ」のフルバージョンを収録!!

・メイキング・オブ・少女たちの羅針盤
・完成披露試写会 舞台挨拶
・公開初日 舞台挨拶
・撮りおろし座談会 劇団”羅針盤”× 長崎俊一監督
・ロケ地マップ(静止画)
・劇場予告編
・広島の学生による映画紹介映像集


※収録内容は変更となる場合がございます。



発売元・販売元:TCエンタテイン

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

福山の美しい街並みを背景に、演劇に懸ける少女たちの栄光と挫折を描いた青春ミステリー。先輩や顧問との対立から演劇部を飛び出し、自分たちの演劇ユニット”羅針盤”を結成した女子高生たちが謎の事件に巻き込まれる。特典DVD付きの2枚組。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.8

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
物語は二つの要素からなる。
少女たちが自分たちの劇団を立ち上げる青春物語の要素と、ダークな殺人謎解きミステリーの二つの要素だ。
この二つが見事に融合していたかというと、そうは見えない。
それがこの映画のマイナス部分。

青春物語の部分、こちらは成海璃子主演の他の映画、特に「書道ガールズ」と重なる。
その中でも間違いなく出来が良く、素晴らしい。
描き方がリアルで説得力があり魅力的だ。
正直「書道ガールズ」のパフォーマンス書道を見て微妙な印象を受けるのとは異なり、劇中劇の部分も魅力的で引き込まれる。

それに対してミステリーの部分は、どこかとってつけたようで絵空事っぽい。

この二つは色合い(爽やかさと陰惨さ)も違いすぎるし、バランス(青春パートが8割)も良くない。
結局、青春パート(羅針盤パート)の出来が良すぎた、あるいは力を入れすぎたために、映画全体の出来としては微妙な感じになってしまったような気がする。

ただし羅針盤パートは本当に良い。
4人の少女が本当に魅力的に描かれている。
なので☆4つ。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 YOU 投稿日 2011/8/11
成海璃子主演作はハズレがないので、これも期待して劇場に観にいきました。

物語は現在と過去が入り混じり、主人公の4人の少女の誰が殺されたのか?誰が殺したのか?を追う構成になっています。
正直、サスペンス・ミステリーとしてはちょっと普通過ぎるかな…。

それよりも、過去のシーンの演劇にかける少女たちの描写がすばらしい!
猪突猛進キャラの成海に対して、忽那汐里、森田彩華、草刈麻有の4人がそれぞれのキャラクターで絡んでくるのですが、
この中で特に草刈麻有の、おっとりとしていながら芯の強いキャラがとても魅力的です。しゃべり方が可愛いったら!

彼女たちが演劇部を結成し、地道に経験を積みながら晴れの舞台を迎えるまでの中盤はグっときます。
地方中核都市の女子高生の生活風景も、いいですね。

DVDでは是非、舞台シーンの完全版とかを特典に入れてほしいところです。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
 原作を先に読んでおり、原作が非常におもしろく、しかも「映像化しにくいのでは?」と思っていたために、どのような演出なのか興味をもって見させていただきましたが。。。残念。
 原作を読まずに見ることができれば、1本の映画として成立しているでしょうが、原作の細かい心理描写などを知っているあとだと、どうしても原作の「エキス」だけを抽出した荒削りな映画に見えてしまいます。
 女優としての足がかりを得ようとする矢先に、自分が人殺しをした「過去」が何者かに暴かれるかもしれない「犯人」が、徐々に追い詰められていく場面が、非常に薄いような気がしました。
 ですから「誰が、誰を殺したのか?」という、この作品の一番の見所に、まったく焦点があたっていない印象です。
 ミステリー要素が非常に薄くなった分、演劇に燃えている、少女たちのはつらつな青春映画、として見るのであれば及第点になると思いますが。。。
 ただ、出演している女の子4人のはつらつとした演技と、劇中劇になどに頑張っている姿に感じたノスタルジーに、☆2つ。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
長崎組の実績は言わずもがなであり、本作も最後まで楽しむことができる。
ただ、脚本が弱く(連ドラ女優&監督の妻の水島かおりと、ホラーのVシネを得意とする谷口純一郎のホン)
推理劇の要素が弱かったのが残念。

「西の魔女が死んだ」が素晴らしい傑作だったことと、主演が今「旬」の女優ばかりだから
かなり期待していたが、同じようなムードで始まる「死国」に比べても少し落ちるかな、という
感じだ。
「西の〜」も同じく水島かおり脚本だが、この時は監督も共同でホンを書いている。長崎監督が手を入れたら
より良いホンになったと思うのだが。

撮影は北野組常連の柳島克己であり、ヒトに寄らせたら迫力のある「絵」を撮る。
今回も舞台劇が劇中劇で進行するので、王子アルカディアリゾートの廃墟でのホラー部分も含めて
見事に捉えていた。
それにしても「ご当地映画」とはいえ、福山市の第3セクター失敗作の「王子アルカディア」を
ロケに使用するのはけっこうビックリだ。これで一層不法侵入者が増えるのでは(笑)。

女優たちはみな瑞々しく、10代の多感な感情を上手く演じていた。
ただし、森田彩華は20代であり(舞台挨拶で自分だけ試験がなかった、と言っていた)、
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック