Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 520
ポイント : 14pt (2%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[新海 誠]の小説 秒速5センチメートル<小説 秒速5センチメートル> (角川文庫)
Kindle App Ad

小説 秒速5センチメートル<小説 秒速5センチメートル> (角川文庫) Kindle版

5つ星のうち 4.0 24件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 520
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 562 ¥ 80

商品の説明

内容紹介

「桜の花びらの落ちるスピードだよ。秒速5センチメートル」。いつも大切なことを教えてくれた明里、彼女を守ろうとした貴樹。二人の恋心の彷徨を描く劇場アニメーション『秒速5センチメートル』を監督自ら小説化。

内容(「BOOK」データベースより)

「桜の花びらの落ちるスピードだよ。秒速5センチメートル」いつも大切なことを教えてくれた明里、そんな彼女を守ろうとした貴樹。小学校で出会った2人は中学で離ればなれになり、それぞれの恋心と魂は彷徨を続けていく―。劇場アニメーション『秒速5センチメートル』では語られなかった彼らの心象風景を、新海誠監督みずからが繊細な筆致で小説化。1人の少年を軸に描かれる、3つの連作短編を収録する。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 844 KB
  • 紙の本の長さ: 104 ページ
  • 出版社: KADOKAWA / メディアファクトリー (2016/2/25)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B01BW9F6BU
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 24件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 8,818位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
どちらも映像は見ていません。
でも、描写で美しい映像を頭の中に描くことが出来ます。

切ない。若い。 

読書は、気持ちだけは若い時代に引き戻してくれるので大好きです。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
秒速が大好きで読み始めてみました。
各話ごとに映画では大幅に省かれていたとことが書かれているためこの作品が語りたいことをよく理解できたような気がします。
また小説を読み終わってからもう一度映画を見直すとよりこの作品の良さに気づくことができるので、
秒速ファンの方は絶対に読むべきだと思います。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
1話、2話に関しては映画版とそこまで違いはないかもしれませんが、3話に関しては、映画版だとほとんど何も描かれていない、歌のPVですか?という感じですが、この小説を読んでいると、いろいろ分かると思います。あのちょっとだけ出てきた女の人は誰なのかとか、映画見ただけだとラストシーンでもまだ小学生の時の事引きずってるように見えますが、実はそうではないことなど。映画をより深く理解するにはこれは読むべきだなとおもいます。 
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 おじさんF 投稿日 2016/11/18
形式: Kindle版 Amazonで購入
小説を読んでからDVDも観ました。ほのかな想いをいつまでも大切にしているにもかかわらず、大人の世界は思うように行きません。主人公も周りの登場人物も、青春を引きづって生きていく、ちょっと切ない話でした。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
知り合いが読んでいたので気になり、購入してみた。
だが、個人的にはおもしろくない。
ただの紙でしたね。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 pibu2 トップ1000レビュアー 投稿日 2016/3/24
形式: Kindle版 Amazonで購入
この映画を観て、心揺さぶられ、余韻に浸る暇もないくらい、色んな方々のレビューを読み漁り
小説版が物語の補完にお勧めとされていたので、その晩に電子版で購入、一気に読んでしまいました。

この本には第三話で、映画版でさらりとしか出てこない水野さんのことが、丁寧に描写されています。
貴樹が大学、社会人になってどんな生活を送っていたか、そしてどんな恋愛をしてきたか...
第一話での貴樹と明里の、お互い渡すことが出来なかった手紙の内容も明かされています。
改めて映画を観たらグッと来るものがありました。

あとがきで、新海氏は
映画と小説で相互補完になっている箇所や、意図的に違えた箇所もある...と記しています。
映画を観た後でもとても楽しめました。お勧めです。
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
新海誠さんの名前はあまり知らなかったのですが、「君の名は。」→「秒速5センチメートル」という流れで知りました。「君の名は」よりは僕は「秒速5センチメートル」のほうが好きですね。5cmを読んだ後に重い塊がのどのあたりにあるような感じがして、悲しいようななんとも言えない気持ちになりました。この感覚は、そういえば、村上春樹さんの「ノルウェイの森」に通ずるところがあるなと思いました。第一話の「桜花抄」の明里と貴樹が帰り道を歩くところの描写は、ノルウェイの森の僕と直子が野井戸の話をするところの描写とそっくりです。文体も結構似ていて、ノルウェイの森好きの僕としては「たまらんな」という感じでよかったです。記憶のあり方についても同様のことが書かれています。ただ、最後の締め方は大きく違っています。ノルウェイの森では自分がどこにいるのかわからず混迷のうちに終わるのに対し、5㎝では踏切で女の人とすれ違った後で、前に進もうと締めくくっています。文字通り前向きに考えられたのは、明里がまだ生きていることと、何より「貴樹くんはこの先も大丈夫だと思う」という明里の一言が背中を押してくれたからだと思います。超個人的意見として、新海さんがノルウェイの森を新海さん的に再構成したもののように感じました。新海さんは、村上さんのファンらしいので、そういう可能性もあるのかな、と。君の名はと5cmは対になる話なので、(特に最後の...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 のんのん 投稿日 2016/11/2
形式: Kindle版 Amazonで購入
言の葉の庭 とは 雲泥の差。
主人公に魅力がない。
これでは
前に進めない。
言の葉 には前に進む 夢がある。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
最初は妙にくどいなと思ったけど、風景描写が多いです。ですが、視点の変化や、短編という物理的な事情がある中で、これにより具体的なイメージを喚起することにより、登場人物の気持ちに没入できます。男性はタカキに、女性はアカリなどの登場人物の気持ちに共感できるため、感動を呼びます。短編ですし、時間がない中でも心を動かされる一冊。ご一読を。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover