中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 配送は基本的にポスト投函となります。ご住所(表札が無い場合や、表札と荷物の名前が違う場合は返送される場合があります)、メールアドレスの再確認をお願いします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

小説 徳川秀忠 (人物文庫) 文庫 – 2004/7

5つ星のうち 2.5 2件のカスタマーレビュー

その他(4)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 842 ¥ 1
文庫, 2004/7
¥ 1

この商品には新版があります:

小説 徳川秀忠 (人物文庫)
¥ 842
(2)
通常1~4週間以内に発送します。
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

「創業と守成のどちらがむずかしいか?」現代の経営においても重要な課題に挑んだ二代将軍・秀忠。家康による二元支配、武功派・文治派の派閥争い…等々。偉大なる創業者を引き継いで数々の問題に直面しながら、独自の政策と人材活用術で組織を“革新”した秀忠の知られざる功績を再評価する歴史長編小説。

内容(「MARC」データベースより)

江戸と駿府の二元政治解消に腐心し、独自の政策と人材活用で、初代家康の覇業を確固たるものにした二代将軍家忠を再評価する歴史長編。
--このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 315ページ
  • 出版社: 学陽書房 (2004/07)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4313751858
  • ISBN-13: 978-4313751859
  • 発売日: 2004/07
  • 梱包サイズ: 15 x 10.6 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.5 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,847,386位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 2.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 電電虫 投稿日 2012/11/4
形式: 文庫 Amazonで購入
面白かった。作品紹介は次のとおり。「創業と守成のどちらがむずかしいか?」現代の経営においても重要な課題に挑んだ二代将軍・秀忠。家康による二元支配、武功派・文治派の派閥争い…等々。偉大なる創業者を引き継いで数々の問題に直面しながら、独自の政策と人材活用術で組織を“革新”した秀忠の知られざる功績を再評価する歴史長編小説。
一般文学通算511作品目の読書完。2009/09/23
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
徳川秀忠の人物描写や手腕の描写に期待したが、むしろ大久保忠隣や本多正信、
土井利勝ら側近のほうがキャラが立っていた。政策も談伴の会ぐらいしか
印象に残らなかった。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告