Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 540

¥ 130の割引 (19%)

(税込)
ポイント : 5pt (0%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[山田隆司, 東堂いづみ]の小説 ハートキャッチプリキュア! (講談社キャラクター文庫)
Kindle App Ad

小説 ハートキャッチプリキュア! (講談社キャラクター文庫) Kindle版

5つ星のうち 4.1 15件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 540
【ライトノベル ストア】: ラノベの人気レーベル、ベストセラー、新着・ニューリリースをチェック。 ライトノベル ストア へ


商品の説明

内容紹介

花咲つぼみと来海えりか、明堂院いつきは、キュアブロッサム、キュアマリン、そしてキュアサンシャインとなって世界を砂漠化して征服しようとする「砂漠の使徒」と戦うことになる。そして、彼女たちの前に立ちはだかるダークプリキュア。その過去ある生い立ちと、苦しみ。さらに、変身能力を失った、月影ゆりは、再びキュアムーンライトとなることはできるのだろうか?

内容(「BOOK」データベースより)

シプレ、コフレ、ポプリと出会った花咲つぼみ、来海えりか、明堂院いつきは、キュアブロッサム、キュアマリンそしてキュアサンシャインとなって、世界を砂漠化して征服しようとする『砂漠の使徒』と戦うこととなる。ダークプリキュアに敗れ、変身の力を失った月影ゆりは後輩プリキュアのつぼみ、えりか、いつき達にうながされて再びキュアムーンライトとなり、サバーク博士率いる『砂漠の使徒』との戦いに立ち上がろうとするのだが…!?

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 2063 KB
  • 紙の本の長さ: 203 ページ
  • 出版社: 講談社 (2015/9/16)
  • 販売: 株式会社 講談社
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B01FU87XNI
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 15件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 60,392位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
細かい設定、デューンの動機、小説ならではの間のとり方など、ストーリーをなぞりつつ、しかし完全にアニメをなぞった訳ではなくなかなか良かったと思う。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
アニメ版では明かされなかった部分や、戦闘での過激な表現があったりたと、個人的に満足でした。
ただ、幼児向けではないとも思いました。

砂漠の使徒の経緯、サバーク博士の本名、三幹部やダークプリキュアの細かい正体、デューンの本心などの描写で、本編終了してもナゾだったモヤモヤ感がすっきりします。
デューンのさらなる黒幕であるデビルには驚きでしたwww

戦闘シーンの描写もかっこよく、死という表現を用いたり、キュアムーンライトの腹部に容赦なくパンチやキックをかましたり、大人でも通用するほどの迫力でした
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
表紙からもわかるように、主人公はムーンライトです。
そしてムーンライトの次に描写が多いのが、ムーンライトの先代のプリキュアであるキュアフラワー・花咲薫子さんですね。
つぼみ・えりか・いつきの3人はサブキャラの扱いなのでご注意を。

物語はアニメ本編が始まる3年前、月影ゆりが中等部2年生だった時点から始まります。
ゆりさんが次のプリキュアとしてコロンに選ばれ、たった一人で砂漠の使徒と戦い、そしてダークプリキュアに敗れます。
このストーリーライン自体はアニメでも回想などで触れられたとおりですが、この小説版ではアニメで語られなかった設定などがたくさん出てくるのが本当に楽しいです。
特に、ゆりさんが中等部時代に運動部に入っていた姿など、アニメだけでは全く想像もできません。
それに、数ある中から「あの部活」を選んだのもゆりさんらしいですね。

話は砂漠の使徒のほうにも移り、ダークプリキュアが誕生した経緯などがアニメよりも詳しく語られます。
ダークプリキュアの視点から描かれるムーンライト像というのも新鮮でした。

つぼみたちが登場する第3章以降はアニメの話をなぞることになるのですが、このあたりは小さい頃にプリキュアを見ていたけどあまり覚えていないという読者層向けでし
...続きを読む ›
コメント 32人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
ハトプリの小説かovaがでるとしたらゆりさんの過去について描かれるだろうというのは想像していましたがまさか本当にでるとは・・・。
アニメ本編でのゆりさんはプリキュアとしての強さ等が目立ってましたが、レギュラーとしての登場時期が遅れていて、日常回でのゆりさんの出番が少なかったり、最終回での月影家へのフォローが何も無かったと案外不遇なところもあると、ゆりさんのファンの一人として個人的に思ってたので、今回の小説は満足のいく作品でした。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
子供向けの本ではないです。本編316ページで、挿絵はなし、文字は普通の小説並の大きさで結構ボリュームがあります。
1章2章は月影ゆりを主人公とした、アニメ本編開始の2年以上前からのオリジナルの話なので、ハートキャッチプリキュアのファンなら非常に楽しめる内容であると思います。日曜の朝より少しどんよりとした重い空気が漂っている世界観と、主人公ゆりのクールさがマッチしていて読み心地が良いです。コロンとゆりの仲がよく、掛け合いも面白いです。また、ダークプリキュアにも少し焦点があたっていて、彼女が何を考えているのかということなど、本編の補足となる要素もあります。

ただ、3章以降はつぼみとエリカが登場したあとの話で、アニメの内容をほぼ完全になぞったダイジェスト版のようになるので、アニメを見た方には退屈かもしれません。3章で本編と話が繋がった後は、それ以降はずっと本編をなぞる感じが続き、最終章に少しだけオリジナルの補足があります。

1,2章だけなら文句無しで☆5です
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
対象年齢の関係からか本編で明かされなかった設定など、いろいろ新発見があって楽しいです。

が、文章が致命的なレベルでひどい! 話の展開自体は面白いのに……。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
表紙でわかる通り、主人公を月影ゆり / キュアムーンライトとしてハートキャッチプリキュアの一年間の内容を凝縮した作品です。
中盤あたりはアニメ版の内容を踏襲しつつ違った展開にしたり、最終編は別物になっていたり。
もはや元の主人公であるつぼみとえりかの存在感は中盤のみ、いつきに至ってはなんとなく触れられる程度、ある意味徹底してます。
何より、本編にはなかった流血シーン、「死体・殺す」など意図的に番組では避けられている言葉選び、入浴シーンなど小説ならでは。

自分は本編の焼き直し小説は大嫌いなのですが、本作はムーンライトメインで再構成した別物として読めたので嫌悪感は薄かったです。
たぶん90分から120分程度でハートキャッチを映画としてまとめたらこうなるだろうという一作です。

ただ本編と照らし合わせるとかなり内容が異なるので、個人的には「本編の裏設定明かし」としては読めませんでした。
それはそれ、これはこれで読んでおきたい一作です。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover

関連商品を探す