Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
    Apple
  • Android
    Android
  • Windows Phone
    Windows Phone
  • Click here to download from Amazon appstore
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

購入オプション

200万冊以上を読み放題でお読みいただけます。 詳細はこちら
読み放題で読む
または
Kindle 価格: ¥800

(税込)

獲得ポイント:
8pt (1%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle App Ad

おすすめ商品の読み込み中
お客様へのおすすめ商品

カートに追加中...

カートに追加されました

追加されませんでした

商品はお客様のカートに入っています。

カートを見る

追加されませんでした

本商品をカートに追加する際問題が発生しました。 後でもう一度試してください。
申し訳ありませんが、現在おすすめ商品を表示する際に問題が発生しています。 後でもう一度試してください。
ショッピングを続ける
[後藤明生]の小説--いかに読み、いかに書くか 後藤明生・電子書籍コレクション

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


小説--いかに読み、いかに書くか 後藤明生・電子書籍コレクション Kindle版

後藤明生・電子書籍コレクション (33冊) の18冊目

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
¥800

【Kindle Unlimited】
120万冊以上の本・コミック・雑誌・洋書が、好きな時に好きなだけ読み放題。初回30日間無料体験 今すぐチェック
【注目の新刊】: 紙とKindle本が同日発売の新刊、予約中のタイトルをご紹介。 今すぐチェック【待望のKindle化】: 紙書籍で人気を博した本の電子化新着情報をご紹介。 今すぐチェック
このシリーズの次の5巻 シリーズの巻をすべて見る
小計: ¥3,200
ポイント: 32pt (1%)
上のボタンを押すと注文が確定し、Kindleストア利用規約に同意したものとみなされます


商品の説明

内容紹介

文学史の教科書では「内向の世代」と分類される作家・後藤明生。その作品は常に「笑い」を携え、私小説的色合いをもかもしつつ、常にフィクションのようなノンフィクションのような、生真面目と不真面目を自在に行き来するような、とぼけた、それなのに深い、という独特の世界を構築しています。没後14年、長らく待たれていた選集の刊行がついに、キンドルで実現しました。代表作をはじめとして、まさに後藤本人の人生をたどるような味わい深い中短編、更には未刊行の作品もまじえ、生前からのファンはもちろん、新たな読者にもきっと満足していただけることと自負しております。今回の企画は後藤明生の実子である長女・元子が独立レーベルを立ち上げて実現したという経緯もまた、エポックメイキン
グであることと感じています。

………………………………………

いとうせいこう氏の小説『鼻に挟み撃ち』でも“名著”と絶賛された小説論!

なぜ小説を書きたいと思うのか? それは小説を読んだからだ——「読む」ことと「書く」ことの関係を結びつけながら、ドストエフスキーの名言「われわれは皆ゴーゴリの『外套』から出てきた」の深淵に迫る。田山花袋、志賀直哉、宇野浩二、芥川龍之介、永井荷風、横光利一、太宰治、椎名麟三の作品を俎上に載せ、明治、大正、昭和、戦後の日本近代小説の流れを「小説の方法」というコンテキストの中で組み立て直した小説論。1983年に講談社現代新書より刊行。

………………………………………

目次
プロローグ:小説を書くことは読むことからはじまる
第一章:「事実」かフィクションか…………………田山花袋『蒲団』
第二章:裸眼による「直写」…………………………志賀直哉『網走まで』『城の崎にて』
第三章:文体―接続詞とは何か………………………宇野浩二『蔵の中』
第四章:虚構としての心理と意識……………………芥川龍之介『藪の中』、永井荷風『濹東綺譚』
第五章:中心を失った「関係」の発見………………横光利一『機械』
第六章:「私小説」のパロディー化…………………太宰治『道化の華』『懶惰の歌留多』
第七章:「異様なる日常」の世界……………………椎名麟三『深夜の酒宴』
エピローグ:「話し言葉」と「書き言葉」

………………………………………

◉後藤明生(ごとう・めいせい)
一九三二年四月四日、朝鮮咸鏡南道永興郡永興邑生まれ。敗戦後、旧制福岡県立朝倉中学校に転入。早稲田大学第二文学部露文学科卒。在学中の一九五五年、「赤と黒の記録」が全国学生小説コンクールに入選、「文藝」に掲載。卒業後、博報堂を経て平凡出版に勤務。一九六二年、「関係」で文藝賞佳作。一九六七年、「人間の病気」で芥川賞候補。翌年、専業作家に。一九七七年、『夢かたり』で平林たい子文学賞、一九八一年、『吉野大夫』で谷崎潤一郎賞、一九九〇年、『首塚の上のアドバルーン』で芸術選奨文部大臣賞を受賞。一九八九年、近畿大学文芸学部の設立にあたり教授に就任。一九九三年より同学部長を務めた。一九九九年八月二日、逝去。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 834 KB
  • 推定ページ数: 193 ページ
  • 出版社: アーリーバード・ブックス; 1版 (2014/12/9)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00QTZO4Z2
  • Text-to-Speech(テキスト読み上げ機能): 有効
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 54,541位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


まだカスタマーレビューはありません

星5つ (0%) 0%
星4つ (0%) 0%
星3つ (0%) 0%
星2つ (0%) 0%
星1つ (0%) 0%

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

click to open popover