通常配送無料 詳細
残り6点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
小説日本婦道記 (新潮文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 帯なし。本、カバーにヨレと擦り傷があります。本文への書き込み等はありません。本を読むのに問題なく通常の中古本程度とご理解下さい。☆出品時にて検品をしておりますが、コンディションと相違の場合、また商品について気になる事がありましたらご連絡下さい。☆商品状態の良い物を出荷できるように心がけておりますが、中古品特有の傷み、色あせ、黄ばみ、臭い、擦り傷などあることをご容赦ください。☆発送時には外装をアルコールにてクリーニングし、エアーパッキンにて梱包後「ゆうメール」にて発送致します。☆安心、信用、丁寧にをモットーに。ご注文お待ちしております。(管理/12-05023-16)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

小説日本婦道記 (新潮文庫) 文庫 – 1958/10/28

5つ星のうち 4.7 36件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 594
¥ 594 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 小説日本婦道記 (新潮文庫)
  • +
  • さぶ (新潮文庫)
  • +
  • 赤ひげ診療譚 (新潮文庫)
総額: ¥1,998
ポイントの合計: 39pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazonランキング大賞 2016上半期】入賞発表!
和書総合は『おやすみ、ロジャー 魔法のぐっすり絵本』 が堂々の1位。 和書総合ランキングへ

登録情報

  • 文庫: 294ページ
  • 出版社: 新潮社; 改版 (1958/10/28)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4101134081
  • ISBN-13: 978-4101134086
  • 発売日: 1958/10/28
  • 商品パッケージの寸法: 15.2 x 10.6 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 36件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 8,035位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
 武家の時代、男たちが命をかけて主君に仕えていた頃、男たちの家には、献身的に、しかしすがすがしいまでに強く生き抜いた日本の妻や母たちがいた。この本は、そうした女性たちの生き様をつづった11編の短編からなる。主題は、「日本女性の美しさは、その連れ添っている夫も気付かないというところに非常に美しくあらわれる」ということを小説として提示することにあったようである。彼女たちの凛然とした美しさに、思わず涙が溢れてくる感動的な作品である。ぜひ一読されることをお奨めする。まだこの本を読んだことのない人は幸せだ、この本と出会える感動をこれから味わうことができるのだから。
 この作品は、昭和17-20年ころの太平洋戦争中に書かれた。当時は紙が不足していたため、限られたページ内で収まるように、作品は無駄を省いて書かれており、美しい文章のみから構成されている。
 一時、この作品は男尊女卑ではないかと叩かれたことがあったようである。しかし、この作品は、夫が苦しんでいるときに、妻も一緒になって苦しみ、1つの苦難を乗り切っていくという意味で書かれたものであり、女性だけが不当な犠牲を払っているわけではない。
コメント 62人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 日本人女性の美しさは、その連れそっている夫も気づかないというところに非常に美しくあらわれるということを小説として提示することがテーマという短編小説集です。
 作者の意図としては、意識して日本の女性たちに道を示すというようなものではなく、自分の好きな女性を描いたのだそうです。この表題から、女性の献身的な犠牲をすすめているような感じがうけとれるんですが、内容としては、全然そうではないと思います。  登場するのは、たいてい侍の妻か恋人で、その侍である男達の状況や払う犠牲のすごいこと。
 私は中でも「糸車」が好きです。主人公、十九歳のお高は、老父と弟とつましい暮らしをしていますが、彼女は彼女なりに生活を楽しんでいます。糸繰り内職に精を出し、新鮮でよい魚が安く買えたと喜んだり。彼女は里子で、本当の親が意外にも出世したので、養育費を支払って、引き取りたいと言っています。実の両親や兄弟にかこまれ、個室を与えられ、素敵な着物がある、お姫様の暮らし。お高は、辞退して家に戻ってきます。老父は、父や弟のために幸せになる運を捨ててくれたといいます。が、お高自身には、そんな気持ちがなかったように思います。心の底から、老父と弟との暮らしが好きで、それが自分に合っていると判っていたんだろうなと。自分を知っていること、その決断力は美しいです。
 妻がなくなり、家族や使用人の哀しみの
...続きを読む ›
コメント 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 男が貫くのが武士道なら、女が貫くのは、いったい何なのだろう。タイトルにある「婦道」とは、それをさしているように思える。
 ひとがなにか譲れないもののために、自分の意志を貫くことに、基本的に男女の別はない。この短編集の中にはさまざまな女性が出てくるが、
彼女たちは「女である」条件の中で精一杯それを通している。男性が「男である」条件から出られないのと同じように。
 自分の生きかたを、改めて考えさせられる一冊。
コメント 32人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
昭和17年から20年の短編連作30編を著者が選抜した珠玉の11篇。他人(ひと)を思いやり、奉仕の心を持って清冽に生きる江戸の婦人達の姿が儚く美しく清らかに情緒を持って描かれています。一見薄幸に見える彼女達は他人(夫や周りの人々)に幸せを与えることでその生の使命を果たし恐らく幸せであったと思います。

本書を紹介してくれた四谷荒木町美舟のマスターはこのような素晴らしい婦人を持つ益荒男足れという夫道の小説だと仰いましたが、男女共にお薦めできる心洗われる人生訓が描かれた素晴らしき日本文学(小説)です。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
日本婦動記のタイトルの基に昭和十七年六月から二十一年にかけて書かれた31編の中から、昭和三十三年に山本周五郎氏が選んだ11編を収めた一冊で、武家に仕える女性を中心に、忠実であるが、しかし控えめに表には出さない美しい女性達が描かれている。また、それに気が付かない夫も対照的だ。
「松の花」
佐野藤右衛門の妻やすが亡くなった。藤右衛門は枕元へ座り唇に末期の水をとってあげた。その時夜具の外に手が少しこぼれ出しているのを見つけ、中に入れてやろうと思い手を握った。が。あまりにも皮膚が荒れているのを感じて意外に思うのだ。妻やすの形見分けをしようと箪笥の抽斗から着物類を取り出してみると、あまりの粗末さに驚いてしまう。夫に悟られぬ様家計を遣り繰りしていた苦労を、初めて知ることになった藤右衛門は自ら恥じ入る思いになる。
「箭竹」
三代家光を父にもつ家綱は、弓を引き放った時、その矢はまるで光の糸を張った様に飛び、こころ良い音を立てて的に突き立った。この時、また、あの矢だ!と感じた。家綱は矢を調べさせたところ、筈巻の下の処に「大願」と銘が彫り付けてあった。それを印していたのは奉公半ばで無念の死を遂げた夫の命を引き継ぎ主君に忠誠し、息子安之助を立派な武士に育て上げた妻女みよだった。二十年微塵も揺るがぬ一心を貫きとおした壮烈さは世に稀な武士の妻としての生き様だった。
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック