Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 802
(税込)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[勝目梓]の小説家 (講談社文庫)
Kindle App Ad

小説家 (講談社文庫) Kindle版

5つ星のうち 4.6 8件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 802
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,156
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1,503

商品の説明

内容紹介

昭和30年代半ば、波瀾に満ちた青年期を送った「彼」は九州から上京、作家を目指す。同人誌「文藝首都」に在籍し、名を成す手前にまで達するが、森敦と中上健次、2つの才能に打ちのめされる。そして苦悩の末、純文学作家からの転向を決断した。エンターテインメント小説の巨匠、最初で最後の自伝的小説。

内容(「BOOK」データベースより)

昭和30年代半ば、波瀾に満ちた青年期を送った「彼」は九州から上京、作家を目指す。同人誌「文藝首都」に在籍し、名を成す手前にまで達するが、森敦と中上健次、二つの才能に打ちのめされる。そして苦悩の末、純文学作家からの転向を決断した。エンターテインメント小説の巨匠、最初で最後の自伝的小説。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 429 KB
  • 紙の本の長さ: 227 ページ
  • 出版社: 講談社 (2009/10/15)
  • 販売: 株式会社 講談社
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B018TRC6CA
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 113,982位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
 勝目梓の作品を手に取るのは、今から30年近くも前、徳間文庫創刊の頃に、官能バイオレンス小説を数冊読んで以来のことである。

 いやぁ、こんな人だったんだ。中上健次と森敦という偉才を横目にしながら、自らの才能の限界にもだえ苦しむ葛藤の日々。中上健次と森敦を文学者って言う人は数多くいても、勝目梓を文学者って言う人はいない。40過ぎて、自分は「文学者」にはなれないって見定めて、「小説家」になることを徹底的に目指した男の凄み、「小説家」ってものの魔力を感じる。今はエンターテインメント小説なんて当たり前だけど、川上宗薫にしても宇野鴻一郎にしても、純文学からの転向って今じゃ想像できないくらいの屈折があったんだろうな。それだけに、彼らが書くものってある種、娯楽に徹底したライティングマシンとしての凄み、プロとしての矜持が伝わってくるんだよね。

 「書くに価するだけの文学的な意味のあるテーマが、自分の中にはないのではないか」「彼は書こうとするものについて深く考えることをしなかった。考えることが苦手だった」。そこまで自らの才能を冷徹に見極め、卑下しながらも、「それでも彼は小説を書きたかった。小説家というものになりたいという思いだけは捨てかねていた」。この、どうしても譲れなかった“小説家になることへの切実な欲望”ってのが一体なんであるか、ってことだよね。いま、
...続きを読む ›
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 スカラベ トップ100レビュアー 投稿日 2016/7/31
形式: Kindle版
 私のような勝目梓のファンにとってはたまらない一冊である。
もちろん私は、バイオレンス・ロマンと呼ばれる勝目のエンターテインメント小説しか
読んだことはないが、でも彼の作品の暗さ(小説中の勝目自身の言葉を使うと、冥さ、
昏さと書くべきか)や格調の高さは、しみじみとこころに響いてきて、このような
階調がどんな心象風景から来るんだろうかと疑問に思っていた。

 若い頃炭鉱夫だったとか、昔芥川賞や直木賞の候補だったとかそういう伝説は
聞いたことがあったが、この本ではそれらを含めて勝目の生い立ちが自伝風に詳細に
語られる。自分の生き方について著者は、

 ・・すべてが場当たりだった。努力と忍耐を避けてきた。向上心にも背を向けてきた。
  明日のことは考えないことに決めて、漂い流れるように生きてきた。
  朽ちて死ぬまでは生きていなければならないのが、この世の定めなら、せめて
  目先のことであっても面白いことが欲しい。それさえあれば生きていける。・・

振り返ってこう自嘲する。でも、誰しも多かれ少なかれそうではないのか。
むしろこの本を読むと勝目梓の文学に対する生まじめさがよくわかる。
生まじめゆえに余計に悩み、関わった多
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
通俗読物作家として多忙になるまでの起伏の多い生涯を、
印象的な情景と内省を交えて、濃厚に描いた小説である。
福田和也は「闘う時評」でこの小説を2006年のベストであ
ると記していたが、その評価通りの傑作であった。

蛇足ながら二つ気になる点を記す。
講談社文庫版26頁に「彼は二十八歳のときに、生後二ヵ月の
自分の息子を失くしている」という記述がある。
この出来事はIIの「眺望」という章で詳述されているのだが、
その章では「生まれて十一日目の午後に、朴郎の呼吸が細くなった」
「わずかに十一日間しか生きなかった」「十一日間しか生きなかった
嬰児の生死」「生後十一日の仏」といった記述が見られる。
どちらの記述が正しいのだろうか。恐らく前者が誤植かと思われる。
二つ目は池上冬樹の解説中436頁の「再婚相手で後に作家となるT女」
という記述である。「再婚相手で後に作家となる」のはC女である。
ちなみにC女は高瀬千図であるという。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
著者の半生を綴った私小説。
炭坑夫、機関誌編集、養鶏業、トラック運転手など転々と変える職業。
様々な女性に惹かれ、家庭を壊していく私生活。
その波乱にとんだ軌跡はもとより、主人公の折々の心境、苦悩が濃密に
描かれており、作品の中に引きずり込まれた。

特に、新鮮な驚きを受けたのは、純文学から娯楽小説へと転向する際の苦悩。
純文学作品とは、世間にぶつけたくなるようなモチーフが自己の内面に存在
してこそ出来上がるものであり、娯楽作品はそれとは対照的に、自己を徹底的に
排除してこそ完成するものだと知った。

純文学を諦め、娯楽小説に転向した著者であるが、この作品は「老醜の記」と
ともに、見事な純文学となっている。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover