通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
小説キャラクターの創り方―漫画・アニメ・映画、小説... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

小説キャラクターの創り方―漫画・アニメ・映画、小説から学ぶ 単行本 – 2009/4

5つ星のうち 3.4 8件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,620
¥ 1,620 ¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 小説キャラクターの創り方―漫画・アニメ・映画、小説から学ぶ
  • +
  • 新人賞を狙える小説プロット実戦講座―作家デビューしたい!
  • +
  • プロ作家になるための四十カ条 (ベスト新書)
総額: ¥4,083
ポイントの合計: 91pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

新人賞受賞作をメッタ斬り。年間千冊以上を読破する著者(若桜木)だからこそ、わかる―生き残れる作家、生き残れない作家。大ヒットアニメ・映画・小説のキャラを徹底分析。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

若桜木/虔
1947年、静岡県生。東京大学大学院博士課程修了。読売文化センター町田、NHK文化センター町田にて小説家養成講座の講師を務め、二十二名の生徒をプロ・デビューさせている。筆名を使い分けて五百冊以上の著作がある。『修善寺・紅葉の誘拐ライン』(実業之日本社)が週刊文春『2004年傑作ミステリー・ベスト10』第九位

すぎた/とおる
1970年生まれ。東京都在住。1996年、集英社第二回青年漫画原作大賞にて漫画原作者としてデビュー。東京コミュニケーションアート専門学校講師。漫画単行本として『アトムポケット人物館シリーズ坂本龍馬/織田信長/野口英世』(講談社)、雑誌連載作品として『天下に勝つ武士』(少年画報社「斬鬼」掲載)、その他の単行本として『イラスト&解説でよく分かる!武田信玄と二十四将』(リイド社)、『コミック版日本の歴史全20巻』(ポプラ社)、『漫画原作のつくり方』共著・若桜木虔(雷鳥社)、『武田信玄と二十四将』(リイド社)などがある

高橋/桐矢
東京都在住。占いライター。1998年、児童文学教室推薦で別名で児童書を出版。2000年、小松左京賞努力賞入賞。『安倍晴明』(二見書房)は、小松左京氏原作のノベライズ。単著を出版するためにさらに公募に出し続けるが結果を出せず、初心に戻って学ぶ決意で2007年から8年にかけて、若桜木先生の読売教室に通う。現在は通信指導を受けている。児童文学者協会会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 239ページ
  • 出版社: 雷鳥社 (2009/04)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4844135198
  • ISBN-13: 978-4844135197
  • 発売日: 2009/04
  • 商品パッケージの寸法: 18.4 x 13 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.4 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 330,986位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.4

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
この人の書くことに対するドライな姿勢には興味深いものがある。

しかしほんとに若桜木さんという人は
なかなか変わった人だとこの本を読んで思いました。

自分が読書家と思えない人は
この人の語ることを真に受けると教条主義になりそう。

自分を読書家と思う人は
この人の言うことに反発しそう。

ある程度距離を置いて、この人の語ることの
使えるところを吸収しようとして読むといいんじゃないんですかね。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
メインの回答者である若桜木虔氏の、小説に対する理解が浅いと思う。

「キャラが立っている」「キャラがステレオ・タイプである」「キャラに魅力がある」などの要素は、対立概念ではなく、組み合わせによって使われる場合がある。プロ作家の作品には、「ステレオ・タイプだが魅力的なキャラ」「人間がリアルに描かれているがゆえに、〈キャラ〉とは呼ばれないが魅力的な人物」がたくさん存在する。

プロ作家は、上記の要素を、ひとりの登場人物の中で複雑に組み合わせ、人物造形を行っていることがある。読者は、作家側が意図的に仕掛けるそのような高度な技術から、本を読む喜びを得たりもするのである。

この本は、そういう作品の書き方や在り方に、一切言及していない。それはそれで別に構わないのだが、すべての作家が、若桜木氏と同じ価値観で小説を書いているわけではないのだから、この方法では、逆に、若桜木氏の価値観の偏りが目立つという、戦略的には裏目な結果が出ているように感じられた。

せっかくの作品名を挙げての批評も、これでは極めて一面的で深みに乏しく、説得力に欠けているような印象を受けた。作品批評をしたいのなら、公の書評を併記するなどして(もちろん、書評を引用する場合には、先方の許可を取って)比較論で語ったほうがよかったのではないだろうか。
...続きを読む ›
7 コメント 63人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
若桜木虔、高橋桐矢、すぎたとおる、お三方の座談会形式で「小説キャラクターの創り方」を学ぶ企画です。
三人の連名になっているので対等かと思いきや、この場を牛耳っているのは筆頭の若桜木氏でありましょう。
年間1000冊を読破し、その著作数500を超えるエンターテイメントの大御所の前に、名だたる新人賞受賞作がメッタ切りです。
「なぜ売れたのか? なぜ売れなかったのか?」をきちんと冷静にプロの目で分析して、傾向と対策がわかるようにプレゼンテーションしてくれています。
魅力のあるキャラの造型やキャラの立て方といったノウハウはもとより、一般ウケするキャラと新人賞選考の場で評価されるキャラの違いや、新人賞を受賞しても魅力的なキャラを作り出せない作家が消えてゆく現状など、話題は業界の裏話まで及んでおり、とても参考になるとともに、知ることによって恐ろしさも感じました。
内容は商業的であり、プロ向きだと思います。
「ウケるかウケないかはどうでもいい。小説で飯を食うという発想自体が卑近である。小説は魂の芸術であり、選考委員の顔色を伺ったような小手先だけのテクニックで賞を貰ったところで何になろう。本心から、己が魂の根底から湧き出た作品でなければ、そもそも書く値打ちなど無い。ただ一作、己の人生と引き換えにこの作品を私は遺したい」という素晴らしきアマチュアリズムの方にも是非読んで頂きたい内容です。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 ラノベには全く役に立ちません。試し読みに騙されないように。ええ。
 で、一般文芸向きとして読んだところで、のだめ押しのスイーツ(笑)な内容ですよ。
 手にとる機会があればP134を見てください。この本の薄っぺらさがわかります。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告