日本外に滞在中または居住中ですか? ビデオによっては、日本外でご視聴いただけない場合があります。サインインして、利用可能なビデオをご確認ください。

小説の神様 君としか描けない物語

 (102)5.91時間46分2020G
中学生で作家デビューしたが、作品はSNSで酷評され、自分を見失った売れない高校生小説家・千谷一也。一方、同じクラスの人気者でドSな性格の上、ヒット作を連発する高校生小説家・小余綾詩凪。底辺作家と人気作家、性格もクラスでの立ち位置も、すべてが真逆の2人に、編集者から下されたミッションーそれは、2人で協力し、大ベストセラーを生み出すことだった!ダメな男子とキラキラ女子、一見正反対の2人が、反発しながらも足りないものを補い合い、物語を一緒に作るうちに、一也は、詩凪の誰にも言えない大きな秘密を知ってしまうー。友情を超えて近付く2人の距離。悩み傷つきながらも、好きなことをあきらめずに挑戦し続けた先で、2人が生み出す<物語>の行方はー?ラスト、胸があつくなる。共感と感動No1のファンタスティック青春ストーリー。(C)2020映画「小説の神様」製作委員会
監督
久保茂昭
出演
佐藤大樹橋本環奈佐藤流司
ジャンル
ドラマロマンス
オーディオ言語
日本語
レンタル期間は30日間で、一度視聴を開始すると48時間でレンタルが終了します。

プライム会員の方は追加料金なしで視聴できます

ウォッチリストに追加する
ウォッチリストに
追加する
おうち時間はPrime Videoをテレビ画面で観よう

ご自宅のテレビ画面でPrime Videoの視聴が可能なデバイスをご紹介。Prime Videoアプリ対象のスマートテレビ、またはテレビに接続して利用するPlayStationなどのゲーム機器をご利用いただくことでPrime Videoをテレビ画面で視聴できます。 対象の機種・機器を今すぐチェック

注文確定またはビデオを再生することにより、お客様は各種規約に同意したものとみなされます。販売者:Amazon.com Sales, Inc.

詳細

出演
杏花片岡愛之助
提供
myシアターD.D.
レーティング
G(年齢制限なし)
購入権
すぐにストリーミング再生 詳細
フォーマット
Prime Video(オンラインビデオをストリーミング再生)
デバイス
サポートされているデバイスで視聴できます

その他のフォーマット

レビュー

5つ星のうち3.6

102件のグローバルレーティング

  1. 35%のレビュー結果:星5つ
  2. 20%のレビュー結果:星4つ
  3. 22%のレビュー結果:星3つ
  4. 12%のレビュー結果:星2つ
  5. 10%のレビュー結果:星1つ
カスタマーレビューを書く
並べ替え:

トップレビュー日本から

Amazonのお客様2021/02/02に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
見て損はないですよ
確認済みの購入
青春映画としての完成度は高い。
小説家をめざしている人たちにとっては、
こんなんじゃないとの不満があがるかもしれない。
けれど、よくわからない描写に終始して、
観客ではなく審査員向けに作っている映画に比べると、
制作者たちが懸命になって作り上げたことが伝わってくる。
観た後にさわやかな気持ちになれることはまちがいない。
へんな感想に迷わされることなく、まずは観て欲しい。
そういえる映画だと思います。
30人のお客様がこれが役に立ったと考えています
Poohさん2021/02/03に日本でレビュー済み
1.0/星5つ中
最初の15分で離脱。
確認済みの購入
そんなに字を読ませたいなら、媒体を小説にすればいい。
映画にする必要がない。
音楽を流して雰囲気でごまかすなら、媒体を音楽かMVにすればいい。
映画にする必要がない。
日本の映画には、こういうのが多すぎる。
15分でやめたので、話の内容は分からない。
32人のお客様がこれが役に立ったと考えています
mmy2021/02/04に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
ネット社会ゆえの情報過多に警笛的なストーリーもいいけど、音楽もいい!
確認済みの購入
ラブロマンス的な要素はあまりなく、
小説家を目指して苦悩するティーンズのヒューマンドラマ、
として見ないと期待外れになってしまうかもしれません。
作品があと10分くらい続きがあるならロマンス的な発展がみられたかもしれませんけど。

ネット社会ゆえの多種多様な情報に翻弄されてしまう、ティーンズの苦悩を描いています。
若くしてヒット作を発表した小説家二人の主人公の、ネット・SNSの誹謗中傷との葛藤、
そんなネット社会への警笛的な作品ではないかと。

ネットでの炎上騒ぎは珍しいことではなく、炎上させようと虎視眈々と狙っている人たちすらいるのが実情。
読者の評価はネットのいたるところで見ることができるし、
陥れようと意図した心無い書き込みすらもゴロゴロとしているなか、
それら負の情報に翻弄されつつも、友情や次回作を待つ読者の声援等により立ち直る姿が、
とてもさわやかな音楽とともに美しく描かれています。
嫌味要素がほとんどないのもうれしいです。
当たりの一本でした!
21人のお客様がこれが役に立ったと考えています
*Hana2021/02/04に日本でレビュー済み
4.0/星5つ中
橋本環奈はコメディ以外もできる!!
確認済みの購入
橋本環奈が出演という事でコメディ要素が強いラブコメをイメージしていたんですが、
思った以上にシリアスで、何なら開始約20分間程はモノクロ映像です。
カラー映像を欲したのは初めてに近いです。
テーマが小説なので物語は登場人物に合わせて【章】で進みます。
登場人物が分かりやすく表現されていて、シリアスなのに意外とすんなりと観れました。
後輩部員の時は可愛らしくて観てても楽しかったです!
そして部長が何よりもかっこいい!優しい!!
欲を言うならば、共同で書いた作品の反応を知りたかったです。
コメディ作品が多い橋本環奈のイメージでしたが、やはりこういった作品で
橋本環奈を見ると可愛さがとても際立ちます。
ラノベに登場しそうなキャラでしたが、それもまたとても可愛い。
小説が読みたくなる作品だと思いました。
13人のお客様がこれが役に立ったと考えています
Earth2021/02/03に日本でレビュー済み
4.0/星5つ中
若い小説家の作品作りへの苦悩がポップに描かれた作品
確認済みの購入
若い小説家の作品作りへの苦悩がポップに描かれた作品でした。
一般的には「才能がある」などと言われることが多いと思いますが、普通の人がまねできない能力を持つ人の話は好きです。なので、それだけで★が多くなります^^。こういう話の場合、個人的にはもっと非ポップな方が好みですが、おそらく対象が若者向けなのでしょうから、そういうものだと割り切って見ました。
突然脇役の部長にフォーカスしたところも意外とよかったです。このあたりから物語が核心に向かっていきましたね。山本未來、和久井映見、片岡愛之助などの大人の演技もよかったです。
11人のお客様がこれが役に立ったと考えています
ロマンス仮面2021/02/02に日本でレビュー済み
4.0/星5つ中
小説家になろうと思う方にはきつい現実かもしれない!
確認済みの購入
原作者の相沢沙呼先生の挫折や出版業界への思いが投影された原作の映画化。

映画館に見に行こうと思っていたがコロナ禍の影響で見に行けないまま忘れいたらアマプラの配信で見つけた😊

いきなり白黒映画かと思うがこれは主人公の気持ちを投影した演出なのでご安心ください。
原作より暗い印象もあるが、本好きには好感の持てる作品になっていると思いました。

橋本環奈のキャスティングはどうかと思ったが、非常に良かった😃👍
11人のお客様がこれが役に立ったと考えています
じゃぶ2021/02/11に日本でレビュー済み
3.0/星5つ中
3.3かな
確認済みの購入
物語としては面白いと思う。でも絶望的に足りていないのは主役以外の物語。
中途半端に文芸部部長と成瀬の物語を深堀りしてしまったことで、作品全体が薄まってしまった。
触れるならもっと深く。触れないなら主役の時間に使う等ハッキリしたほうが良かった。
私は、あの程度の深堀りなら削ってしまったほうがいいと考える。そして、なぜ主役二人が同じ学校で出会う事になったのか、そこに時間を割り当てる方がよっぽど効果的だったのではと思う。その設定をうまく消化しておく方が、ご都合主義だと心離れる視聴者対策となったことだろうと感じた。
8人のお客様がこれが役に立ったと考えています
おもちさん2021/02/10に日本でレビュー済み
4.0/星5つ中
恋愛要素ゼロなので安心して観てほしい
確認済みの購入
恋愛映画たみいにパッケージングされていますが、恋愛要素ゼロ。
プロ作家としての創作論と意義・痛み・苦味について向き合う作品であり、主役二名以外の第三者からの視点も豊富で多層的にテーマが掘り下げられていく味わいのある作品。創作者であれば共感を抱くシーンも多いと思う。たとえ売れなかった本であっても、それは世界を揺るがす力を持つ、というテーマは力強いものだ。

反面、大切な執筆シーンが主題歌のPVとして流され、手垢のついた青春表現(クライマックスで走るやつ)で雑に処理されてしまうのが非常に残念。スポンサーや客層に向けてのアレだと思いますが、あまり観客をナメず、本格的な小説映画として仕上げてくれれば、と悔しい思いをしている。
8人のお客様がこれが役に立ったと考えています
すべてのレビューを表示