通常配送無料 詳細
残り9点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
小澤征爾さんと、音楽について話をする (新潮文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 のにわ書林
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古商品ですが、外観にやや経年感(スレ、シワ、キズなど)がある以外大きなダメージは見られません。防水封筒で水に濡れないようにして、日本郵便のゆうメール(郵便受け投函、追跡番号なし)で、できるかぎり早くお届けします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

小澤征爾さんと、音楽について話をする (新潮文庫) 文庫 – 2014/6/27

5つ星のうち 4.5 96件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,728 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 767
¥ 767 ¥ 190

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 小澤征爾さんと、音楽について話をする (新潮文庫)
  • +
  • 『小澤征爾さんと、音楽について話をする』で聴いたクラシック
  • +
  • 意味がなければスイングはない (文春文庫)
総額: ¥3,913
ポイントの合計: 44pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

「良き音楽」は愛と同じように、いくらたくさんあっても、多すぎるということはない――。グレン・グールド、バーンスタイン、カラヤンなど小澤征爾が巨匠たちと過ごした歳月、ベートーヴェン、ブラームス、マーラーの音楽……。マエストロと小説家はともにレコードを聴き、深い共感の中で、対話を続けた。心の響きと創造の魂に触れる一年間にわたったロング・インタビュー。

内容(「BOOK」データベースより)

「良き音楽」は愛と同じように、いくらたくさんあっても、多すぎるということはない―。グレン・グールド、バーンスタイン、カラヤンなど小澤征爾が巨匠たちと過ごした歳月、ベートーヴェン、ブラームス、マーラーの音楽…。マエストロと小説家はともにレコードを聴き、深い共感の中で、対話を続けた。心の響きと創造の魂に触れる、一年間にわたったロング・インタビュー。村上春樹の“特別エッセイ”『厚木からの長い道のり』を収録。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 467ページ
  • 出版社: 新潮社 (2014/6/27)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4101001669
  • ISBN-13: 978-4101001661
  • 発売日: 2014/6/27
  • 梱包サイズ: 15 x 10.6 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 96件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 14,967位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 Edgeworth-Kuiper-Belt 殿堂入りレビュアートップ10レビュアー 投稿日 2015/2/17
形式: 文庫 Amazonで購入
「春樹さんありがとう。あなたのおかげですごい量の想い出がぶりかえした。おまけになんだかわからないけど、すごく正直にコトバが出て来た」(小澤征爾 あとがきですより)。

世界的な指揮者小澤征爾氏と、作家の村上春樹氏の複数回の対談をまとめた本。小澤氏の病気療養期間にはじまっている。村上氏も音楽への造詣が深く、2人でレコードやCDに耳を傾けたりしながら、小澤氏の若い頃からのいろいろなエピソードや音楽家としての見解が次々披露されており、充実した対談集となっている。文庫本になって特別エッセイ「厚木からの長い道のり」が追加されている。

グレン・グールドと共演したときのこと。遊び好きのルビンシュタインに可愛がられて高級レストランの特製コースをごちそうになったこと。ルドルフ・ゼルキンに息子のことを頼まれたこと。小澤氏がウィーン国立歌劇場の指揮者になったときに、一番最初に祝電を打ってくれたけれども、それがえらく長いものだったというカルロス・クライバー。初めてミラノスカラ座に登場したらブーイングの嵐だったのに、たまたま見に来ていた小澤氏のお母さんがそれを歓声と間違えて喜んでいたこと。ミレラ・フレーニとニコライ・ギャロフの練習に毎日のようにつきあっていたらそのうち2人が結婚してその後も2人とつき合いが続いたこと。レナード・バーンスタインやカラヤンは、そこかしこに
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
星の数ほど再演されるクラシック音楽ほど、どこで聴くか?誰の演奏で聴くか?誰と聴くか?に左右されるものは無いと思う
この本は、読者があたかも小澤征爾氏、村上春樹氏のお二人と共に過去の名演奏を聴いているかのような気持ちにさせる。
お二人の対話もさることながら、こんなに贅沢な時間を過ごせる方法が一冊の本に隠されていたことに驚きを隠せないでいる。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
私は82歳。これまで多くのクラシックも聴いてきた。音楽すべて大好き人間でもある。しかし、この本を読んで(じっくり味わいながら読んだ)音楽とはこういうものだったのだ・・と、改めて知った驚きと喜びは大きい。音楽だけの話ではなく、すべての職業にも共通するものがあるように思える。こんな素晴らしい対談を、すべての人に読んでもらいたいと願っている。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
もし単行本と文庫版でどちらにしようかと迷っている方がいらっしゃれば、
迷わず文庫版をお勧めします[文庫版に5★]。
私は単行本を既に持っていましたが、文庫版を買い足してしまいました。
それは、JAZZピアニスト・大西順子さんと小澤征爾さんのやりとりを村上さんが
記録した記事『厚木からの長い道のり』が追加掲載されていたからです。
これは小澤征爾さんの中に流れる音楽への熱いパッションを伝えるエピソードとして
永く語られて良いものではないか、と個人的には思っています。

私は大西さんがデビューした頃からのファンでCDもよく聞いていたのですが、
ある時を境にジャスシーンの第一線から消えました。
アルバムのリリースは2010年が最後(←すごく素敵な演奏です)。
2012年のツアーをもって引退を表明、その後2013年に一度だけ小澤征爾さんの
指揮するサイトウ・キネン・オーケストラとの共演を果たした、というのが
ネットで調べてわかった事実でした。
なぜ彼女はやめなくてはいけなかったのか?引退表明をなぜ一度だけ撤回して
演奏をしたのか?ずっといぶかしく思っていたのですが、
この記事からその舞台裏を知ることができました。
...続きを読む ›
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
世界の指揮者小澤のこの音楽対談は相手が相手で、とても面白かった
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 lemonearth トップ1000レビュアー 投稿日 2016/5/3
形式: 文庫
この本、初めに単行本が出たのは2011年なのですが、

私が読んだ文庫本は2014年7月に出ています。

で、今から読まれる方には絶対文庫本の方がおススメです。

なぜなら文庫本には最後に「松本Gig 2013・厚木からの長い道のりー小澤征爾が大西順子と共演した『ラプソディー・イン・ブルー』

という一章が追加されているからです。

特にジャズに興味がある方はこれを読み逃す手はないです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

厚木の小さなジャズクラブでの大西順子の最後の演奏を小澤征爾と村上春樹(と小沢の娘、征良(セイラ)さん)は聴きに行く。
最後に感無量の面持ちで『残念ながら、今夜をもって引退します』という宣言がされた時、小澤征爾が突然すくっと立ち上がって『俺は反対だ!』と叫ぶというハプニングが起こる。

そして、2013年松本での、小澤征爾氏のサイトウ・キネン・オーケストラと大西順子の競演ギグまでの顛末が語られる。

大西順子は東北震災の義援金にするため、手持ちの楽器はオークションで売り払ってしまう。
もう練習できる場
...続きを読む ›
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー