中古品
¥ 1,374
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 北の森書店
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品です。カバーに多少スレあり、ゆうメールにて発送します
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
7点すべてのイメージを見る

小樽昭和ノスタルジー―我が青春の街角へ 単行本 – 2013/9

5つ星のうち 4.6 7件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本, 2013/9
"もう一度試してください。"
¥ 2,700 ¥ 1,374
click to open popover

この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

我が青春の街角へ。若かりし頃に通り過ぎた「ちょっと昔」の小樽にプレイバック 古きよき時代の「あの頃」がここに~運河が整備される以前の「あの頃」 市場が市民の台所だった「あの頃」 丸井今井が、ニューギンザが、大黒屋があった「あの頃」 花園を飲み歩いた「あの頃」 映画が何よりの娯楽だった「あの頃」 銭湯が憩いの場だった「あの頃」 昭和40年代、50年代の懐かしい街並み、街の息づかいがあふれています。


登録情報

  • 単行本: 230ページ
  • 出版社: ぶらんとマガジン社 (2013/09)
  • ISBN-10: 490480306X
  • ISBN-13: 978-4904803066
  • 発売日: 2013/09
  • 商品パッケージの寸法: 28.2 x 23 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 345,327位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

札幌で生まれ育った40代の男性です。幼い頃から小樽にはよく出かけていました。そのため、懐かしさいっぱいの昔の写真がたくさん収められでいることはもちろんうれしかったです。それ以上に、庶民に根付いてたいくつかの文化…酒場や銭湯などの変遷を細かく知ることができたのがとてもよかったです。小樽の近代の移り変わりをいきいきと感じることができました。
生まれ故郷の札幌とは異なる街ですが、北海道らしい雪景色、近年より寒くて温かかった冬の風情を感じられる写真も非常によかったです。
ここ最近、昔の札幌の写真を集めた同様の本が出版され、私のような年齢のものには非常に貴重だという思いでした。今回レビューを書かせていただくこの写真集は価格が手ごろだったこともあり、すぐに購入しました。
私個人、なじみ深い街のこの手の本を見ることは大きな楽しみですが、観光でよく小樽に訪れるリピーターの方などには特におすすめできます。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
ぶらんとマガジン社による昭和の小樽をテーマにした写真集。全240ページで白黒カラー混合。

まずはその目次を記載させていただこう。これらの項目をずらっと見渡すだけで、本書の雰囲気が伝わると思う。

【其の一】 時を重ねた香りを感じながら、「昭和の物語」に迷い込んでみませんか?
 堺町通り変貌
 花園銀座街
 小樽・手宮物語
 手宮の老舗 今に続く"あの頃"散歩
 梁川通りを昭和歩き
 まだまだ、ありますう。あの頃のお店へ
 小樽運河 運河か埠頭か?明治にもあった運河論争
 小樽駅
 海陽亭と裕次郎
 今日も小樽名物 北海製罐の"ボー"が鳴る
 「印字」のススメ
【其のニ】 フェイ・ダナウエイがいた。喫茶エンゼルがあった。稲穂湯があった、「あの頃」へ。
 映画館が街中にあふれていた"あの頃"
 小樽・昭和銭湯
 文化の発信拠点だった小樽の「昭和喫茶」
 小樽の菓子文化を楽しむ
【其の三】 「あら、久しぶり」頁をめくると、「あの頃」のママの声が聞こえる。ただただ、ひたすら酒を飲み、路地裏をさ迷い歩いた青春酒場がここにある。
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
わが家の分、母の友人へ三冊、うち一冊は鹿児島に送りました。皆さんから喜びの声、続々と。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 takapon77 投稿日 2013/12/7
Amazonで購入
昭和52年まで住んでいた町 懐かしい町並みです 当時が再現されています
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

関連商品を探す