¥39,990
無料配送: 5月20日 木曜日 詳細を見る
最速の配達日: 5月 19日の水曜日, 8AM-12PMの間にお届けします。 購入手続き画面でご都合のよい時間帯を選択してください。
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
お客様情報を保護しています
Amazonはお客様のセキュリティとプライバシーの保護に全力で取り組んでいます。Amazonの支払いセキュリティシステムは、送信中にお客様の情報を暗号化します。お客様のクレジットカード情報を出品者と共有することはありません。また、お客様の情報を他者に販売することはありません。 詳細はこちら
出荷元 Amazon
販売元 rarity media
出荷元
Amazon
販売元
小栗康平監督作品集 DVD-BOX がカートに入りました
こちらからもご購入いただけます
¥50,497
& 対象商品の配送料無料詳細
発売元: 全国 良品ショップ
この商品をお持ちですか?

小栗康平監督作品集 DVD-BOX

5つ星のうち3.7 22個の評価

価格: ¥39,990
仕様
価格
新品 中古品
DVD, ブラック&ホワイト, 色, ドルビー 5枚組
¥39,990
¥39,990 ¥16,588
無料のプライム配送を提供していない他の出品者からより安く入手できます。

購入を強化する


CD・DVD・テレビゲーム・PCソフト お買い得ストア
タイムセール、キャンペーン、クーポン、在庫処分ワゴンセール、バーゲン品、廉価版など、お買い得商品がもりだくさん。 ⇒いますぐチェック

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意は こちらをご覧ください。
  • 注記:Amazon.co.jpが販売・発送する一部の商品は、お一人様あたりのご注文数量を限定させていただいております。お一人様あたりのご注文上限数量を超えるご注文(同一のお名前及びご住所で複数のアカウントを作成・使用されてご注文された場合を含みます。)その他Amazon.co.jpにおいて不正なご注文とみなす場合には、予告なくご注文をキャンセルさせていただくことがあります。
  • 【AmazonDVDコレクション】 人気のタイトルが、いつでもお得なAmazon価格でご購入いただけるシリーズです。DVDは1枚1,000円、ブルーレイは1枚1,500円。 対象商品はこちら。

登録情報

  • アスペクト比 : 1.37:1, 1.66:1
  • Is Discontinued By Manufacturer : いいえ
  • 言語 : 日本語
  • 梱包サイズ : 20 x 14 x 8.5 cm; 780.19 g
  • EAN : 4988105044562
  • 監督 : 小栗康平
  • メディア形式 : ブラック&ホワイト, 色, ドルビー
  • 時間 : 7 時間 18 分
  • 発売日 : 2005/6/29
  • 出演 : 小栗康平
  • 販売元 : 松竹
  • ASIN : B0008JF66G
  • ディスク枚数 : 5
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち3.7 22個の評価

商品の説明

内容紹介

『泥の河』『伽倻子のために』『死の棘』『眠る男』+特典ディスク5枚組。作品解説、未公開写真を盛り込んだ特製ブックレット、今回のBOXの為に新たに作られた映像「小栗映画の作られ方(仮題)」「眠る男」のメイキングを収録した特典ディスクを各作品と共に豪華BOXに封入。

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

最新作『埋もれ木』の公開を控える小栗康平監督の作品を集めたDVD-BOX。太宰治賞を受賞した宮本輝の同名小説を映画化した『泥の河』をはじめ、『伽●子のために』『死の棘』『眠る男』他、スペシャル映像を収録した特典ディスクを封入した5枚組。

続きを見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち3.7
星5つ中の3.7
22 件のグローバル評価
星5つ
54%
星4つ
18%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ
28%
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

気になるトピックのレビューを読もう

上位レビュー、対象国: 日本

2018年8月6日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2018年12月2日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2006年3月1日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
21人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
ベスト1000レビュアーVINEメンバー
2007年4月26日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
12人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2005年6月19日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
18人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2015年2月13日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
8人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2006年5月30日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
8人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2018年8月30日に日本でレビュー済み
カスタマー画像
5つ星のうち4.0 泥の河について
ユーザー名: ソブリン、日付: 2018年8月30日
戦後10年しか経過していない大阪を舞台とし、粗末なうどん屋の家族と船上生活者の貧しい子ども交流を描いた映画。公開当時、日本における各種映画賞を総なめにしたばかりか、海外でも高い評価を得えた。大学2年であった私は、大の映画ファンである友人から見ることを強く勧められたが、邦画のクオリティーは低いという偏見ゆえに公開時には、ついに見ずじまいだった。

まだまだ戦後の残滓に浸からざるを得ない様な生活者が大勢いた時代の雰囲気が、モノクロームフィルムにより強調され伝わる。そして、予算の関係による美術のチープさもモノクロが幸いしあまり気にならない。
この作品でえがかれた、戦後の復興や高度成長の緒にあっても、それに取り残された者たちが織りなす世界は、観る者に感動よりは哀切を感じさせるだろう。
それは、物語の中心である子どもたちの交流もそうであるが、うどん屋夫婦が過ぎるくらいに優しいことや船上生活者の母親のアンニィ感など、大人たちの切なさも観る者にもの悲しさを与える。

社会の底辺で近いところで暮らす、うどん屋の家族と船上生活の親子であるが、この二組の家族間にも決して越えられない格差が生じている。
貧しくても、うどん屋という表の商売で生活をする家族と、春をひさぐことで露命をつなぐ家族の差は大きい。しなし、なぜその様な立場に陥ったのかは、必然がない。偶有性、つまり本人たちの人間性ではなく時代に翻弄され、今は偶然にもこっちにいるが場合によってはあちら側になったかもしれない、そしてそれは単に運の良さ悪さに過ぎないということも静かに伝わってくる。
このレビューの画像
カスタマー画像
カスタマー画像
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告