数量:1
小林賢太郎プロデュース公演 「LENS」 [DVD... がカートに入りました
通常配送無料(一部の商品・注文方法等を除く) 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: リーフレット付き。ケース、盤面共にキレイです!こちらの商品は擦れ・汚れ防止対策としてクリスタルパックへ入れ、Amazonの倉庫で保管されており、Amazonより迅速に発送され、代引きやお急ぎ便などの発送オプションをご利用可能です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

小林賢太郎プロデュース公演 「LENS」 [DVD]

5つ星のうち 4.5 33件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 3,600
価格: ¥ 2,784 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 816 (23%)
残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:7¥ 2,784より 中古品の出品:10¥ 1,795より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 買取サービスページをチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • 小林賢太郎プロデュース公演 「LENS」 [DVD]
  • +
  • KKP#5『TAKEOFF ~ライト三兄弟~』 [DVD]
  • +
  • 小林賢太郎演劇作品「ロールシャッハ」 [DVD]
総額: ¥8,352
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 小林賢太郎, 大森南朋, 犬飼若浩, 西田征史, 久ヶ沢徹
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • リージョンコード: リージョンフリー(全世界共通) (DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ポニーキャニオン
  • 発売日 2005/08/03
  • 時間: 120 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 33件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B0009ETCHY
  • EAN: 4988013935501
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 5,343位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

Amazonレビュー

   昨今のお笑いブームとはやや異なる印象を持つコメディアンコンビのラーメンズ。その一人である小林賢太郎が、自ら作・演出・出演をして年に一度のペースで行っているプロデュース公演の第4回作品を収録。大正14年、ある図書館の蔵書が250冊も盗まれるという事件が発生。さらにその図書館では幽霊が出現したという騒ぎもあり、超常現象を専門とする警視庁捜査課第三種事件係警部が解明に乗り出す。そこに推理力に秀でた作家志望の青年が現れ、互いの協力のもと、謎解きが始まる。が、図書館司書、巡査、人力車夫も巻き込み、事態は脱線に継ぐ脱線が繰り広げられる。全編コメディタッチながらミステリーとしても完成度が高く、さらにエンディングではほろりとさせられる佳作。生の舞台も観たくなります。(田中 元)

内容(「Oricon」データベースより)

ラーメンズの小林賢太郎プロデュース公演の第4作目「LENS」をパッケージ化。東京と大阪のみでの公演だった貴重な舞台を収録。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

KKP作品の中で一番好きです。

僕は推理小説、映画など推理系には疎いので、とても面白く観れました。

登場人物がどれも魅力的。音楽も椎名林檎がすごくマッチしてた。

こういう大正ロマン(でいいのかな?)の漂うモダンな雰囲気も好き。

天城のような探偵が活躍する作品なら、舞台に限らず、いろんなジャンルで見てみたいです。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
 元々ラーメンズ・椎名林檎・大正浪漫が好き、ということでこの公演に大変興味を持っていましたが、予想外の良さにとても感動しております!
 緻密に組み立てられたシナリオも圧巻ですが、俳優陣の作り上げるキャラクターの個性が非常に魅力的で、自然とストーリーに吸い込まれていきます。お話のテンポも軽快で、合い間合い間に挿まれたお笑い要素により、最後まで飽きずにスッと見られるのも魅力です。ですが、繰り返し鑑賞している内に新たな発見をしたり、シナリオの細密な構成に思わずため息したりと、まるで小説を読んでいるような気分になりました。何度も楽しめる作品だと思います。
 幕切れの美しさが非常に印象に残る舞台です!
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2005/10/24
Amazonで購入
DVDを観て、実際に舞台で観たかったと
悔しく思いました。
小林賢太郎氏らしいと思わせる要素の鏤められた作品です。
ただ、欲を出すようですが、純粋に「百色眼鏡」前編として観るならば
もう少し「天城」という人間の色が欲しかったかと。
ですが、舞台装置、衣装、雰囲気、そして細かな小道具まで
申し分なく整っていて、小林氏らしい隙のない出来になっています。
椎名林檎のメロディが彩るオープニングも、雰囲気の持ち上がりとしては
最高の創り。
観終わった後にもう一度小林氏の小技を探しに行きたくなる作品です。
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 jiji 投稿日 2007/5/16
小林賢太郎プロデュース公演の中では、私はこの作品が一番好きだ。

何度でも観たくなる。実際何度でも観てしまう。

彼の作品に対して、ラーメンズ含め、私は筋や脚本の出来以上に役者の力の引き出し方に魅力を感じている。

例えばラーメンズ作品もこの公演も、別の役者がやったらここまで面白いのだろうか?・・・と思えるのだ。

実際戯曲集を読んでも、それだけでは面白さは半減してしまう。

ラーメンズの演技あればこそ、またその演技を知っているからこそ面白い作品だからだ。

それこそが役者小林賢太郎の魅力であり、プロデューサー小林賢太郎の優秀さの現れなのでは。

この作品はミステリーというより「ミステリーのパロディ」的なコメディだろうと思う。

レトロミステリー「っぽい」物(笑)とあえて割り切って作っている感が面白い。

百色眼鏡を「屋根裏の散歩者」だとすると今作は「少年探偵団」な味わいと言えるだろうか(笑)
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
椎名林檎の短編キネマ「百色眼鏡」エピソード1(笑)。
大森南朋さんの意外なコメディアンぶりを見ることができます。
見事にKKPに馴染んでいらっしゃる。
5人という最少人数のKKPですが、それが良いまとまりを見せています。・・・というか「部活」のようです、この5人(笑)。
とにかくセット、音楽、キャラクターが非常ーーーに私好み。
あと、初めて「特典映像」がつきました。
他の公演での面白いシーンを見ることができて感激。
ゆえに文句なしの星5点。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
KKプロデュース作品。

こちらの作品に片桐仁さんは参加していませんが、「笑い」の部分についてはなんら問題無しです。

唯一、難を言うとすれば、犯人・犯行方法が読めてしまったところでしょうか。(ただ、この意見は推理小説を読み倒している私個人のものですので、あまり参考にはならないかと・・・。)

椎名林檎さんの短篇キネマ『百色眼鏡』とリンクされた形(こちらは『百色眼鏡』以前のエピソードとなっています。)になっていますので、余裕のある方には両方を見てみることをおすすめします。

きっと面白さが倍増するのでは?
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック