小林賢太郎プロデュース公演 「PAPER RUNN... がカートに入りました
2000円以上国内配送料無料(一部例外あり)でお届けします。 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ■Amazon倉庫から配送 Amazonスタッフがキレイに梱包致します。★中古品は全商品簡易クリーニング後クリアパックに包装しております。■中古品■箱、ケースにすれ、キズ、若干のへこみがある、もしくはディスクに若干のキズがある商品です。■当店では基本的に下記の付属品はご用意してご提供しております■【CD】ケース、歌詞カード■【DVD】ケース、表紙■特典、付属品等は記載があるもの以外ございませんので予めご了承ください。■その他、ご不明点はメールにてご質問ください。
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 3,800
通常配送無料 詳細
発売元: みたらしキャンディー
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

小林賢太郎プロデュース公演 「PAPER RUNNER」 [DVD]

5つ星のうち 3.8 18件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 3,800 通常配送無料 詳細
ポイント: 2pt  詳細はこちら
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、復古堂が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:6¥ 3,294より 中古品の出品:12¥ 1,499より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 小林賢太郎プロデュース公演 「PAPER RUNNER」 [DVD]
  • +
  • 小林賢太郎プロデュース公演 「good day house」 [DVD]
  • +
  • 小林賢太郎プロデュース公演 「Sweet7」 [DVD]
総額: ¥11,789
選択された商品をまとめて購入


登録情報

  • 出演: 片桐仁, 久ヶ沢徹, 安田ユーシ, 犬飼若博
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ポニーキャニオン
  • 発売日 2005/04/20
  • 時間: 120 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 18件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B0007V77YY
  • JAN: 4988013893900
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 52,436位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容(「Oricon」データベースより)

ラーメンズの小林賢太郎プロデュース公演「PAPER RUNNER」をパッケージ化。大手の出版社を舞台に、人気作家が締め切り直前に逃亡したことから、急遽原稿を描くことになった漫画家志望の青年と、個性豊かな編集者達を描く。

レビュー

作・演出・出演: 小林賢太郎 舞台監督: 野口毅 美術: ニイルセン 音楽: 寺西郷太 出演: 片桐仁/久ヶ沢徹/安田ユーシ/犬飼若浩/西田征史/室岡悟/森谷ふみ
-- 内容(「CDジャーナル」データベースより)

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
今回の小林賢太郎プロデュース作品は,ある漫画雑誌の編集社の1室でのお話です。
話が進むにつれてどんどん作品に引き込まれていき、登場人物のキャラクターにもひかれていきます。
ところどころラーメンズの本公演でのネタも盛り込まれてて、ラーメンズの2人以外がそのセリフを話すとこうなるんだと変な感心もできますよ。
「作品を作る」ということについて編集長が語るシーンがありますが、(この作品やラーメンズの本公演等、たくさんの作品を作っている)小林さん自身の気持ちが込められているのでは?と思えるほど説得力のある素敵な話をしているところも見所の1つだと思います。
笑えるし、感動できる素敵な話、買って損はないですよ!
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 maya000954 投稿日 2005/4/21
Amazonで購入
この舞台の演出をなさった小林賢太郎さん(ラーメンズ頭脳担当)は
ヤングマガジンアッパーズで「鼻兎」の連載もなさっているんですが
漫画家としての彼の一面が非常によくでた演出になっていました
ただ笑える舞台としてではなく漫画業界の方がみても納得されるような
台詞、演出を目指しておられたんでしょう。
片桐仁さん(ラーメンズ感性担当)は相変わらずの爆裂っぷり・・・最高です。
小林賢太郎プロデュース公演のメンバーそれぞれも非常に完成度が上がってきて素晴らしいコンビネーションになってきたように思います。
小林賢太郎さん本人の出演が回を重ねるごとに少なくなってきているのが少し残念ですが、もともとプロデュース志向の強いお方なので
そのほうが向いてるのかもしれませんね。
この価格でこれだけの作品を見せてくれる、非常に嬉しい限りです
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
まだ生で小林さんプロデュースの芝居(ラーメンズ以外)を見た事ないのですが、毎回ビデオやDVDを見て、『あ~今見たよ。イイ時間すごした~』ってなるんですよね、私。ワンシュチュエーションなんだけどテンポがイイからあきない。今回は特に思いました。あと、KKPはカーテンコール見物です!そこは、外せない。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 hachi 投稿日 2013/2/25
Amazonで購入
この作品を見逃せないと思わせるのは、漫画のセオリーを使って、小林賢太郎流の笑いを表現しようとしているところ(これはコントというより舞台・演劇の色が強い)。
ただ、少しの物足りなさは否めない。
ジャケット写真からはスタイリッシュな作品かと思えたけれどそうでもない。方言交じりで、「野球甲子園」なんてタイトルをつける主人公から、「PAPER RUNNER」という言葉がすっと出てくるようにも思えず、ちょっとちぐはぐした感じがあった。
全体として何となくテンポが良くないというか、あまり引き込まれた感じがない。キャラクター設定が出来上がっているという設定だからなのかも知れないが。最後に小林さんが舞台に出て来た時が、こういう笑いを作りたかったのか、というのを一番感じられた。

特筆すべきは俳優・片桐仁かと思う。主人公的キャラクターをよく演じている(これまでどちらかというと脇役の印象が強かった)。破天荒っぷりと、漫画を読む時の表情の差に特にぐっとくる。幅の広さを感じた。
登場人物の台詞に説得力があって、小林さんの作品に対する思いが込められているように感じる。言ってみれば小ネタのような部分で大笑いしてしまった。

KKP作品が好きな方はじめ、興味のある方、見て損はないので是非。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
 面白かったです。が、テイクオフやレンズには到底敵わないと僕は思いました。
 なにより一番の欠点と言っても過言でない所は、このペーパーランナーにはKKPのレギュラーメンバーでない安田ユーシという男がかなり重要な役で出演するんですが、その人の声が他の皆に比べても抜きんでて大きいんですよねぇ。ぶっちゃけると僕は『うるさい』と感じてしまいました。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
一言で言ってしまえば、ドタバタ・コメディーでしょうか?

なかなか凝った舞台に仕上がっています。

世間に向けて作品を発信するというのは、漫画であれ舞台であれ似通った部分があるのだと再実感しました。

作品中に「あんたら漫画か!?」という台詞が登場しますが、確かにその通りの作品です。漫画と現実とが上手くリンクされています。

漫画か現実か・・・いや、これは舞台か。な、作品です。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー