Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 864
ポイント : 180pt (20%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[小松左京]の小松左京の大震災 ’95―この私たちの体験を風化させないために
Kindle App Ad

小松左京の大震災 ’95―この私たちの体験を風化させないために Kindle版

5つ星のうち 5.0 3件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 864
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 543

【Kindle Unlimited】
月額¥980で、本・コミック・雑誌・洋書が、好きな時に好きなだけ読み放題。初回30日間無料体験 今すぐチェック

【Kindle試し読み増量対象商品】:こちらは、試し読み増量商品です。試し読みは商品詳細ページの「今すぐ無料サンプルを送信」をクリック。 その他の対象商品をチェックする。 ※シリーズタイトル全作品の無料サンプルがすべて増量されているとは限りません。※Amazon.co.jp は本キャンペーンを予告なく変更または終了する権利を保有します。


商品の説明

内容紹介

『日本沈没』の惨状が現実に。神戸を愛して止まない作家が試みた「阪神大震災の総合解析」。
かつて「日本沈没」で近畿大地震を描写した作家が、何を目にし、何を思ったか。
神戸を愛して止まない作家が情報を収集し、自らの足によって確かめ、大震災の総合解析を試みる。
未来への教訓がここにある。

<目次>
序章 はじめに
あの日から七十五日
災害列島に住む私たち
『日本沈没』の激震が現実に
発展続けた阪神地区を十秒で破壊
【対談】記録者の目(神戸新聞論説委員長・三木康弘)

第一章 一九九五年一月十七日午前五時四十六分五十二秒
混乱から年が変わった一九九五年
たった十秒間のできごと
「その瞬間」を記録した映像
「その瞬間」の消防局中央管制室
電力とガスの復旧
「水」の問題
取り消された「神戸震度6」
依然続いた「東京情報」
放送メディアの教訓
届かなかった「一年生議員」の叫び

第二章 全貌を把握するために
あの日から半年
心細い気象台の観測網
震度計測の意外
軽視される強震動観測
計測震度計に「航空電子工学」が
【対談】地震の予知は可能か(京都大学教授・尾池和夫)
二十四年ぶりの防災基本計画改定
自衛隊の救助活動
自衛隊の組織配備
露呈した役所組織の欠陥
【筆者に聞く】
【対談】活断層とは何か(断層研究資料センター所長・藤田和夫)
【対談】前兆現象(前大阪市立大学理学部長・弘原海清)
欠けていた「海」の視点
「海」を取り戻す街づくり

第三章 再生に向かって
都市文化の蓄積が復興に
【対談】心のケア(精神病理学者・野田正彰)
十カ月目の被災地を空から見た
暮れゆく悪夢の九五年
「神戸の興行魂」いまだ死なず
「神戸人気質」踏まえた復興を
再建に向かう地元メディア
【対談】神戸大学の試み(神戸大学工学部長・片岡邦夫)
胸打つ市民の視線
文化情報活動にもボランティア

第四章 二十一世紀の防災思想へ
【対談】観測(京都大学教授・土岐憲三)
謎深かった中途階挫屈
免震装置と制震装置
「阪神大震災・情報研究ネットワークセンター」を
あとがき

内容(「BOOK」データベースより)

『日本沈没』の惨状が現実に。神戸を愛して止まない作家が試みた「阪神大震災の総合解析」。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 2345 KB
  • 紙の本の長さ: 238 ページ
  • 出版社: 毎日新聞社 (2013/4/22)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00CGTIN34
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 116,001位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  •  画像に対するフィードバックを提供する、またはさらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
3
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(3)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 ござねぶり トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2004/3/15
形式: 単行本
この時期、自分の会社が壊滅状態に陥り東京で対処に苦労したことを思い出す。
しかし、神戸で直接被害にあった人たちの静かな怒り・思いの深さは窺い知れない。
神戸に長く住み、愛する著者が震災をうけて毎日新聞と決めていたテーマを変更して、
1年間「阪神淡路大震災で何があったのか、なかったのか」をシリーズとして追求した力作。

関西と東京の物理的な距離以上に遠い精神的距離、「今までなかったこと」に対処できない国・地方自治体、
過去にこだわり新しいことへ取り組めない権威主義の学会、学者。
震災後しばらくは各種の予算措置がなされたが、はたしてその成果と国民の安全や生活の回復に何をするのか明確な方針は?

まだこの著書で書かれた課題が解決の方向にあるようには思えないし、小松さんも最後に、少し落ち着いて体力の回復後、
続編を書きたいということもいわれているが、今後を生きていく若い人たちへ引き継いでいかなければならない重いテーマだと思う。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 shibchin VINE メンバー 投稿日 2008/3/25
形式: 単行本 Amazonで購入
この本知らなかった。出版が1996年6月で熊本に引っ越した直後だったからだろう。知っていれば絶対に買っていた。若かりし頃に『果てしなき流れの果てに』『復活の日』『見知らぬ明日』などを夢中で読んで以来、彼の著作は基本的にすべて読んでいたからだ。

読み始めてすぐになつかしい気持ちになった。地震の描写が『復活の日』や『日本沈没』を思い起こさせたからだ。本書がフィクションじみているのでは決してない。むしろ、彼の書いた大災害小説の描写が極めてリアリティーを持っていたのだ。

地元住民もまとめては知らない震災ドキュメントが、整理された形でしかも、勢いのある文章で綴られていて、読み出すと止まらない。極めて良質な震災の記録である。1995年4月1日から一年間毎日新聞の連載をまとめたもので、全体を一気に書いたものではないのに、単なるエピソードの集積ではなく体系的に感じるのは、著者が個々のエピソードを書く時にも揺るぎない視点を持っているからだろう。

かの大震災のドキュメントとしてこれほど優れたものはない。インターネットで公開するなり、なんとか広く読み続けられないものかと思う。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover