¥ 1,404
通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
小松左京さんと日本沈没 秘書物語 がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

小松左京さんと日本沈没 秘書物語 単行本(ソフトカバー) – 2016/11/10

5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー), 2016/11/10
"もう一度試してください。"
¥ 1,404
¥ 1,404 ¥ 1,332

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 小松左京さんと日本沈没 秘書物語
  • +
  • 小松左京の猫理想郷(ネコトピア)
  • +
  • メカ豆腐の復讐 (CUE COMICS)
総額: ¥5,270
ポイントの合計: 129pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



ニーア オートマタ 美術記録集 ≪廃墟都市調査報告書≫
ヨルハ部隊員達が旅する世界をアートとともにめぐるワールドガイド 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

小松さんは
日本列島に恋していた!

没後5年、日本SF界の巨匠が最後に残したのは
希望のメッセージ。
34年にわたり、ともに仕事をした女性秘書が初めて語る
人間・小松左京

【主な内容】
■宇宙へ旅立った「私のボス」―はじめに
■第1章 日本列島に恋していた
■第2章 未来を見通す「前向き思考」
■第3章 お酒と冗談が生みだした「知」
■第4章 人間でいることのおもしろさ
■第5章 最後まで「人間を信じたい」

未来を、人間をあきらめなかった人

《「小松左京」という一人の人格を通して、私は現代史を見、昭和の大きな知性のありようを生々しく見ることができた。その知力は非凡ではあっても、人間としては実に人間くさくて、そこがかえって魅力的だった。人類史、いや宇宙史レベルで物事をとらえることのできた知性は、人間の愚かさ、醜さ、おぞましさも含めて愛することができる大きな存在だった。そして未来をあきらめていなかった。人間をあきらめていなかった。》(本書より)

内容(「BOOK」データベースより)

小松さんは日本列島に恋していた!日本SF界の巨匠が最後に残したのは希望のメッセージ。没後5年、秘書が初めて語る人間・小松左京。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 218ページ
  • 出版社: 産経新聞出版 (2016/11/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4819112937
  • ISBN-13: 978-4819112932
  • 発売日: 2016/11/10
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 73,486位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
2
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
両方のカスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
産経新聞連載時から毎回読むのを楽しみにしていたので、単行本になったのを機に購入。
小松左京は、子供の時から(宇宙人ピピの頃?)大好きな作家だった。おそらく、小説に限らず、エッセイや紀行文も含め、その著作はほぼ読了し、コレクションもしている。
月並みなレビュータイトルになってしまったが、正直これほどタイトルをつけるのに苦労したことはない。それほどまでに、小松左京はスケールが大きく(大きすぎる!)、安易な言葉の羅列で表現することはできない。
逆な見方をすれば、あれほどのスケールで仕事をされてきた方のそばで、秘書業務をこなしてきた。それだけでも十分すごいことだと思うが、その濃密な時間。文章の端々から、いかに充実していた日々を過ごされていたかがうかがえる。
たぶん、秘書である乙部さんなしに、小松左京のあの膨大な仕事と著作は成り立ちえなかった!かもしれない?といったら褒めすぎか。

残念ながら、小松左京が星辰の彼方に旅立たれた後、新作も『虚無回廊』の続編も期待できない。
この堂々巡りする虚しさをどうすればいいのか。
1.ーーーーー。
2.自分で続編を書く。
3.アニメ化する。(伊藤計劃の『虐殺器官』がアニメ化される昨今、不可能でないかも)
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
小松先生と、ご主人を相次いで亡くされた著者。その悲嘆を感じさせない文章は、さすが「知の巨人」の秘書です。
小松左京さんのお仕事の裏面が、垣間見る事が出来、楽しい本です。一気読みしてしまいました。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告