小川の辺 [DVD] がカートに入りました
数量:1

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 3,175
通常配送無料 詳細
発売元: カソナード湘南総本店【当日お急ぎ便可能】【安心返金保証】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

小川の辺 [DVD]

5つ星のうち 4.2 20件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 4,104
価格: ¥ 3,175 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 929 (23%)
残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ディーン・フジオカx清野菜名『はぴまり〜Happy Marriage!?〜』
互いの利益のために契約結婚した御曹司と借金苦のOLが真の「夫婦」になるまでを描いたラブストーリー『はぴまり』がAmazonオリジナルドラマでスタート。毎週水曜新エピソード更新。 今すぐチェック

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【バンダイビジュアルショップ】 ガンダム・ラブライブ!・ガールズ&パンツァーほか最新シリーズ、お買い得情報など 今すぐチェック

  • 【買取サービス】 売れば売るほどお得なキャンペーン実施中。宅配買取もしくは出張買取を選択してAmazonアカウントを使用して簡単お申し込み。 買取サービスページをチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • 小川の辺 [DVD]
  • +
  • 山桜 [DVD]
  • +
  • 花のあと [DVD]
総額: ¥9,525
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 東山紀之, 菊地凛子, 勝地涼, 片岡愛之助
  • 監督: 篠原哲雄
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: バンダイビジュアル
  • 発売日 2012/01/13
  • 時間: 106 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 20件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B005PKTLKK
  • EAN: 4934569640765
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 62,743位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容紹介

『山桜』『花のあと』に続く「海坂藩大全」からの映画化第三弾!
藤沢周平原作 家族の愛と絆に心うたれる最高傑作、待望の映画化!
藩命か。愛か。海坂藩から江戸へ100里の旅。
日本人の心、義と情を描いた藤沢周平の最高峰。


◎仕様◎
【毎回映像特典】
予告編、TVスポット(兄妹篇、親友篇、コメント篇)


◎内容◎
海坂藩士・戌井朔之助(東山紀之)が受けた藩命は、親友の佐久間森衛(片岡愛之助)を討つこと。藩政を痛烈に批判して脱藩した佐久間への裁きだった。
民を想って正論を訴えた友を斬らねばならぬのか-朔之助の心は揺れた。しかも佐久間は、妹・田鶴(菊池凛子)の夫。田鶴は武士の妻として、手向かって
くるに違いない。妹を斬ってでも主命に従えと諭す父・忠左衛門(藤竜也)に、涙を流す母・以瀬(松原千恵子)。妻の幾久(尾野真千子)は夫の身を案じなが
らも、気丈に振る舞う。
翌朝、朔之助は田鶴への想いを秘めた奉公人・新蔵(勝地涼)を連れ旅立つ。二人の隠れ家は、兄妹と新蔵が幼い頃に遊んだような、小川の辺にあった。
遂に向き合う朔之助と佐久間。義と情の狭間で揺れ動きながらも背すじを伸ばして運命を受け入れようとする人間たちの「想い」の物語が、今、誕生する。


◎スタッフ◎
原作:藤沢周平「海坂藩大全」(文藝春秋刊)「闇の穴」(新潮文庫刊)所収
監督:篠原哲雄
脚本:長谷川康夫、飯田健三郎
音楽:武部聡志
特別協力:遠藤展子、遠藤崇寿 / 企画協力:文藝春秋
製作:「小川の辺」製作委員会 バンダイビジュアル、東映、東映ビデオ、木下工務店グループ、アサツー ディ・ケイ、シネスパーク、山形新聞社、山形放送
山形テレビ、テレビユー山形、さくらんぼテレビ、ケーブルテレビ山形、東北ケーブルテレビネットワーク、デスティニー
撮影支援:山形県 / 撮影協力:山形市、鶴岡市 / 配給:東映 /助成:文化芸術振興費補助金


◎キャスト◎
東山紀之/菊地凛子/勝地涼/片岡愛之助/尾野真千子/松原智恵子/笹野高史/西岡德(※)馬/藤竜也

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

藤沢周平作品の中でもひと際名作との声が高い「小川の辺」を、篠原哲雄監督が東山紀之主演で映画化。藩政を痛烈に批判して脱藩した佐久間を討つよう命じられた海坂藩士・戌井朔之助。しかし、佐久間は朔之助の親友であり、妹・田鶴の夫であった。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 ともぱぱ 殿堂入りレビュアートップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2012/1/14
妹(田鶴:菊地凛子)の夫を討つという非情の藩命を従容とし受け入れ、動じることなく務めを果たさんとする遡之助役の東山紀之のたたずまいは素晴らしい。「山桜」もそうだったが、藤沢周平作品で繰り返し描かれる、武士、いや日本人の誇り高さを体現できる最高の俳優の1人だと改めて感服する。

その兄妹、そして田鶴に対する身分違いの愛を胸に秘めた新蔵の運命的な日には小川の清らかな流れが傍らにあったという巧みな舞台設定。三人という少ない人物が中心となって展開し、藤沢周平原作傑作映画の系譜に連なることができたはずの作品だ。

しかし、菊地凛子がミスキャスト。時代劇に全く似合っていない。かつらも、着物姿も。それに兄に必死で刃向う剣の使い手であるはずなのに弱く、殺陣が拙い。このためクライマックスの盛り上がりに欠けること甚だしい。

「花のあと」の北川景子は良かったな、とつい思ってしまう。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 街道を行く #1殿堂トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2011/10/9
妹の嫁いだ相手は、自分の親友。
その親友が、正義感を貫いたため、脱藩します。
藩は剣客を立て上意討ちを命じますが、相手は相当な使い手。
遂に、その命が我が身に下ります。
親友と妹夫婦は、遥か遠く、行徳にいることはわかっています。
武士である以上、藩命に逆らうことはできませんが、せめてゆっくりと旅をしよう。
そして、妹の不在の時に、剣をあわせよう。
戌井朔之助は妹を慕う奉公人・新蔵を供に海坂藩を出発します。

藩という組織の不条理の中で、ほんの僅かな違いで追う側と追われる側に別れた者。
親友を討つ旅の途中で出会う自然の美しさ。
人は、哀しみと美しさの中に身を置き、それを断ちきって生きてゆかねばならないのでしょうか。
しがらみを断ち切り、作法を貫く武士を演じた東山紀之さんが見事でした。
菊地凜子さんも今まで見た彼女の中で最高でした。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 nannari-to トップ500レビュアー 投稿日 2014/4/15
全編のロケーションが素晴らしかった。
心地よい季節に美しい街道筋を自分が歩いてるようだった。
一人を除いた配役も良かった。

菊地凛子じゃなければ星五つでした。
台なしだ。
本当に美しい時代劇なのにもったいない。

血しぶきが出ても良いような迫力ある斬り合いだったが、刀についた血糊で済ませていた。
この作品ではこれもありでしょうね。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 朝犬 投稿日 2012/10/14
どこを切り取っても美しくて丁寧で、およそがさつなところのない佳品です。風景描写がいい。
しみじみと時代物に浸りたい気分のときにおすすめ。

そしてヒガシの男っぷり。この人なしでは成り立たない映画。所作の美しさ、涼しげな佇まいが、作品の空気感を決定づけています。
横を向く仕草ひとつがなんでこんなにかっこいいんだろうね。

ただ作品としては、心情の描き方も物語の構成も淡々としすぎていて、あれれって感じで終わってしまいました。
そういう描き方をしたかったのだろうけど、原作のような、そこから滋味の滲み出る「淡々」には思えませんでした。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 レブロン トップ500レビュアー 投稿日 2012/7/10
「山桜」で静謐な美しさを演出した篠原哲雄監督+凛とした男を演じた東山紀之コンビの二作目。
この映画、メリハリが効いた面白さやカッチリとした落としどころがあるストーリーを好む人にはあまり面白くないかも知れない。前作以上に一つ一つの自然の描写と登場人物の心情の微妙な動きを絡ませて静かに描く。

主人公の戌井朔之助は殿様の命により、妹の婿である佐久間を討つことになる。戌井にとっては耐え難いことだが、封建時代に生きる武士としては逆らえない。だが、決して一方的に流されるわけでもなく、自らの矜持の中で受けとめている。こんな生き方は、どの時代でも難しいことだと思う。
東山は抑えた演技で微妙な心の変化をさりげなく表現していたと思う。
行徳までの旅のシーン、母子連れとの会釈、夫婦連れを優しく見つめる眼差し、困っている百姓をさりげなく手助けする…全体的には派手なシーンは少ないが、よく観ると主人公の生き様、心の在り方が、緑豊かな風景の中で訴えかけてくる。
結局は佐久間を討つが、田鶴には自由な生き方を許す戌井。藩意には逆らわないが、さりとて流されているわけでもない。

「山桜」でも感じたが、篠原監督は極力派手な演出を抑えて一つ一つの情景から登場人物の心情を印象的に残す演出をしているように思える。前半にもう一つ山場があったり、田
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。

関連商品を探す


フィードバック