通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
小尾俊人日誌 1965-1985 (単行本) がカートに入りました
通常配送無料 詳細
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: 【帯:有り】【カバー/表紙:スレ、ヨレなどによる使用感、汚れがあります】【小口/天/地:目立つ傷や汚れ等は無く比較的キレイな状態です】【本内部:目立つ傷や汚れ等は無く比較的キレイな状態です】◆(ご注意)記載が無い物に関しては付属しておりません◆当商品はAmazon配送センターより迅速発送されます(お急ぎ便の利用可能)◆また発送前に商品一つ一つに対し、傷・汚れ・破損等の事前検査を徹底し、丁寧に梱包しております◆各種決済、お届け日指定などご利用いただけます◆希少品の場合、定価より高額になることがありますが、ご了承ください◆
この商品は1-Click注文できません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

小尾俊人日誌 1965-1985 (単行本) (日本語) 単行本 – 2019/11/19

5つ星のうち1.9 3個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本, 2019/11/19
¥3,520
¥3,520 ¥1,980
お届け日: 9月26日 土曜日 詳細を見る
click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • 小尾俊人日誌 1965-1985 (単行本)
  • +
  • 鴎外先生-荷風随筆集 (中公文庫)
総額: ¥4,620
ポイントの合計: 46pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

稀有なる記録者の「業務日誌」の中で、「戦後」と「20世紀」が交差する。丸山眞男と藤田省三。日本の戦後思想を代表する二人からの頻々たる受信。60年代、70年代の思想と出版の状況が新たな照明のもとで浮かび上がる。日誌は1961年7月13日に始まり、1997年6月に終わる。本書ではその核心的部分である65年1月から85年12月までの150冊から翻刻。市村弘正と加藤敬事による解説対談収録。

著者について

小尾俊人
1922年、長野県に生まれる。1940年、19歳で上京、羽田書店に入る。18年、学徒出陣で入隊、暁部隊(通信隊)に属す。敗戦後、山崎六郎、清水丈男とともにみすず書房を創業。以来、編集責任者を45年つとめ、1990年に退職。著書に『本は生まれる。そして、それから』(幻戯書房、2003年)、『出版と社会』(幻戯書房、2007年)、『昨日と明日の間――編集者のノートから』(みすず書房、2009年)などがある。

登録情報

  • 発売日 : 2019/11/19
  • 単行本 : 304ページ
  • ISBN-10 : 4120052516
  • ISBN-13 : 978-4120052514
  • 出版社 : 中央公論新社 (2019/11/19)
  • 言語: : 日本語
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち1.9 3個の評価