Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 102
100万冊以上を読み放題でお読みいただけます。 詳細はこちら
読み放題で読む
または

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[雲]の小児性愛者だった僕: 現実に子供を性対象とみなし、人生を半壊させた著者の記録
Kindle App Ad

小児性愛者だった僕: 現実に子供を性対象とみなし、人生を半壊させた著者の記録 Kindle版

5つ星のうち 3.2 6件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版, 2014/8/10
"もう一度試してください。"
¥ 102

商品の説明

内容紹介

【注意】
 本物の小児性愛者の一人称視点による本です。読まれる方によっては気分を害される可能性がありますので、まずは無料版を読まれることをおすすめいたします。
※ 性犯罪、性的虐待を思わせる描写があります。

 小児性愛者自身が語る、実際に女児に対して向けた性欲、小児性愛(ペドフィリア)に目覚めたきっかけ、そして今現在取り組んでいる小児性愛への対処法について。
 実質、ただの自分語りではあるが、意外と現代日本に生きる普通の小児性愛者が、自らその心の内を実生活に基づき描写した文章は少ないのではないでしょうかと思い、散文ながらも書き記したものです。
 これは私と同じ小児性愛者に対する活動報告と、この性癖への対策を伝えるための本でもあり、同時に、この世界(小児性愛)の住人の頭の中を覗いてみたい一般人向けの本でもあります。

【 目 次 】
1. 前書き
2. ニート化
3. 東南アジア某国
4. 25歳の彼女
5. 9歳の彼女
6. 帰国
7. 国士
8. 国士、精神病棟に入る
9. 小児性愛者 になった少年時代
10. (大学院に)入院
11. 現在、独自の方法で矯正中
12. 人はなぜロリコンになるのだろう。および追記。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 421 KB
  • 紙の本の長さ: 123 ページ
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00M76KOFG
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.2 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 70,992位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.2

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
一時間くらいで読める量です。文章は拙く、構成もガタガタなので、内容の整理がしにくい。巻末に年表でも記載してくれればよかったのにと、小児性愛者自身の告白という興味深いテーマだっただけに、残念です。
しかし、一読の価値はあり。中学時代から当時は珍しかったパソコンに親しみ、商業高校から地方私大から旧制帝大へロンダリング、上場企業に入社するもすぐに退社、精神科入院をへて17歳年下の未成年の彼女をもつ現在に至る「僕」。生来のポテンシャルと行動力に恵まれながらも「僕」の人生には「女児への欲望」という影がつきまとう。
小児性愛は異常とされながらも、かくたる治療法は確立されることなく、ただ患者(と言ってよいものか)は我慢を強いられるのみ、何故成人女性に欲望を抱けないのか、彼は苦しみ戸惑う、犯罪を犯す苦しみ、自分の中に正体不明の欲望という爆弾を抱える苦しみ、異常、自分勝手と断罪できない苦悩がそこにはある。
本書には、実際に筆者が外国で売春した経験についても言及されている。私は、おそらくは舞台となった某国で少女時代を過ごしている。母の目を盗んでコンドミニアムを飛び出し、現地の少女たちと遊んでいたとき、二人連れの日本人男性が金額を口にしながら近寄ってきた。「おじちゃんたち日本人でしょう、私も!」と叫んだときの彼らの驚いた顔、足早に去っていった姿を昨日のように思い出される
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
小児性愛者って最低だな、と心から痛感しました。

私自身、小児性愛の傾向があり、その手の漫画を読んできたのですが、これを機に一切やめようと思いました。

特に著者は、海外で子供を買春したり、処女を奪ったりしておきながら、全くその罪悪感が感じられません。性被害を受けた子供の気持ちなど、分からないどころかまったく考える気もない、といった印象を受けました。

これに怒りだしで低評価を下す人の気持ちも分かりますが、「小児性愛者の心理を知る」という意味では価値のある本だと思うので、私は高評価を下しました。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
高学歴?が御自慢のようですが、100円と言う安値でも払わなければ良かったと思わせる、パンチ力のある稚拙な文章。重要なのは文章能力よりも内容なのですが、時系列やどこで起きた事象なのかの表現ができておらずその内容が入ってきません。小児性愛者である事を苦しんでるように見せておきながら、相手に対する謝罪や後悔などの記述は全くなく正当化するという…『絶歌』に近い自己顕示が感じられます。チラシの裏に放出した自慰、という印象。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover