Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 907

¥ 605の割引 (40%)

ポイント : 9pt (0%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[小倉昌男]の小倉昌男 経営学
Kindle App Ad

小倉昌男 経営学 Kindle版

5つ星のうち 4.6 121件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 907
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,512 ¥ 480

商品の説明

商品説明

 「儲からない」といわれた個人宅配の市場を切り開き、「宅急便」によって人々の生活の常識を変えた男、小倉昌男。本書は、ヤマト運輸の元社長である小倉が書き下ろした、経営のケーススタディーである。

   全体を通して読み取れるのは、「学習する経営者」小倉の謙虚さと、そこからは想像もできないほど強い決断力である。成功した人物にありがちな自慢話ではない。何から発想のヒントを得たか、誰からもらったアイデアか、などがこと細かに記されている。講演会やセミナー、書籍、マンハッタンで見た光景、海外の業者に聞いた話、クロネコマークの由来…。豊富なエピソードから伝わってくるのは、まさに学習し続ける男の偉大さである。

   一方で、並々ならぬ決断力を持っていたのだと思わせる記述がいくつかある。宅急便に注力するため、大口の取引先であった松下電器との長期にわたる取引関係を終結させたこと、三越岡田社長のやり方に反発し、「とてもパートナーとして一緒に仕事をしていくことはできなかった」として取引関係を解消したこと、運輸省を相手に訴訟を起こしたこと…。いずれも確固たる論理がその根底にあった。それにしても見事な決断力と言わざるを得ない。

   終わりの部分で紹介されている宅急便の各種サービス内容や、有名なNEKOシステムなどの話は、流通・物流の関係者以外には興味がわかないかもしれないが、全体的に読みやすく、興味深いエピソードが満載なので、読んでいて飽きることがない。経営者としての小倉の人となりが伝わる、好感の持てる1冊である。(土井英司)

メディア掲載レビューほか

宅急便の苦闘の記録。企業家精神発揮の生きた教科書
家庭から小荷物を送るには郵便小包みしかなかった時代に宅急便市場を切り開いたヤマト運輸元社長がみずから語る小倉流経営のエッセンスである。規則の固まりのような運輸行政。その頂点に立つ「経済の実体を知らず,結果に責任を持たない役人」と戦いながら市場を創造し,一般宅急便に加え,スキー,ゴルフ,クール各宅急便を次々に開発したありさまはまさに企業家魂の権化。

今,ベンチャーの時代といわれ,各種の起業講座が花盛りだが,成否のカギを握るのは結局,人である。その意味で,全編からほとばし出る情熱が,事業をなし遂げる人間とはいかなる人か,を教えてくれて大いに参考になる。「経営リーダー10の条件」の一つに「時代の風を読む」ことをあげ,これからはボーダーレスの時代に対応する心構えが必要だと説く。そこからどんな事業構想を描き,具体化するかは読者への宿題であろう。

(静岡産業大学 経営学部 教授 小山 博之)
(Copyright©2000 ブックレビュー社.All rights reserved.)
-- ブックレビュー社


登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 496 KB
  • 紙の本の長さ: 89 ページ
  • 出版社: 日経BP社; 1版 (1999/10/4)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00F3WFFBE
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 121件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 595位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
めちゃくちゃ面白い宅急便の本。
宅急便・宅配便が無かった頃にものを送ろうとすればそれは郵便に頼るしかありませんでした。ゼロからそれを作り上げるのはいかに大変で、かつ独創的な試みなのか教えてくれます。
とにかく人物も行動も面白い。小倉さんが亡くなったときにメディアの一部では「規制緩和に立ち向かった先駆け」のようなことを言ってましたが、それは曲解だ。規制緩和が叫ばれていて、それが目的であるかのように考える人もいるかもしれないが、そうではない。宅急便のシステムを完成させたいから結果として、規制にぶつかったのであって、はじめにキセイカンワありきではない。
黒字になるまでお茶を飲まない、といった一徹な姿勢から抜群の行動力までを、こんなに楽しすぎていいのかというくらいの面白さで描いている。
この本を埋もれさせるには、ちょっと惜しいと素人が思ってしまうような本です。
コメント 44人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
この手の経営に関する本を読んで、『面白い』とか『学べた』と思ったことはありましたが、感動したのは初めてです。

本書に込められたメッセージは非常に解りやすくて、本質的な正論は難解ではなくシンプルなのだと再認識しました。世の中で間違っているようでまかり通っている事はいくつもあると思いますが、間違いは間違い、正しい事こそ正しいのだと安堵感を覚えます。

思わずヤマト運輸に転職したくなりますので、上司と喧嘩した日は読まない方がいいかもしれません。
コメント 60人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
どの業界においても、革命を起こした方は素晴らしいと思います。私の周囲には、小倉氏を評価する方がとても多いようで。私は人に薦められて本書を手に取りました。読みかけの状態ながらも「あの著書はいいですね!」と興奮して周囲に言っていたら、「何をいまさら・・」という表情をされながらも、「そうでしょう。ああいう人が流通を変えてきたんだよ」と相手から更なる熱弁を振るわれたりすることもありました。

このときは軽くショックを受けました。小倉さんの功績はコンセンサスを得ていて、ビジネスの世界で常識なのかと。私の無知と、属する環境もありますが・・。今のまだ未熟な状態でこの本を紹介されて良かったと思います。今後の糧に充分に活用したいと思います。

本著は、とてもシンプルにまとめられた「経営実践禄」です。私に本著を薦めてくださった方は、「第15章の7」を念頭に置かれていたのだと思います。私の職種を考慮したうえで、会社とトップの露出についての示唆をいただきました。「第15章の7」は私の課題そのものを突いていたので、改めて自分の職種を極めようと思いました。

トップの大胆な決断が会社組織を変えていくドラマチックな状態を、渦中にいたはずなのに客観的に観ている視点に感心します。社会的にスゴイことをしているのにも関わらず、小倉氏の語りは実直で余分な修飾語が
...続きを読む ›
コメント 71人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 「企業の目的は利益ではなく、永続することにある」と著者の小倉はこの本で述べている。
 この本は、一弱小運送業者にすぎなかったヤマト運輸が、宅急便というそれまで日本に存在しなかった画期的なビジネスを立ち上げ、そしてそれを普及させたプロセスについて、また、そのプロセスにおいてどのような思考が展開されたのかについて、当事者である小倉昌男が論理も明快に語る大変貴重な一冊である。
 だれもが「儲かる訳がない」と思って手をつけなかった宅配ビジネスに対し、「儲かる仕組みを作れば、世のためになる」と考え、そのビジネスモデルを構築した小倉の経営者としての優れたビジョンと、それを実現する能力、情熱は、読む者の心を打つ。
 それと同時に、読む中から戦略の本質とはビジョンとその実現にあるのだという、ビジネスの根本的な原理について学ぶこともできる。著者の小倉はきわめて論理的であり、テキストとしても優れていると言えるだろう。
 これは、タイトルにあるように、まさに実学としての『経営学』そのものであり、他の経営者が自分の実績を自慢するために書いた凡百の「ビジネス書」とは全く異なる次元にある。
 経営の真実と戦略の本質を学びたい方は、是非手に取って頂きたい一冊だ。
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
本著は、ヤマト運輸元社長で小倉氏が、宅急便サービスや自身の
経営理念について解説した本である。
宅急便サービス導入前後の社内の状況が具体的に紹介されている。

また東大経済学部卒の聡明な小倉氏が、市場をいかに定量的に見極めて
数字によって意思決定したがかよく分かり、勉強になった。

■本文引用
サービスが先、利益は後
■学び
小倉氏が宅急便導入当初に唱えた「サービスが先、利益は後」という方針は、
本著を読む前から聞いた事はあった。しかし小倉氏がこの方針を社内に浸透されるために、
あらゆるマネジメントを変更していた事がよく分かった。
同時に、やはり戦略の実行度合いを高めるためには、社内浸透し易いシンプルな方針が
重要である事を確認した。
今後、自身も自事業部で戦略を発信する際はシンプルな方針を心がけたい。

■本文引用
宅急便サービス開始に合わせて、トラックの運転手を「セールスドライバー」
という職種名に変更した。社内外に運転手の役割が変わった事を周知し、
ドライバーの意識を変えるためである。
■学び
本パートを読み、社員の意識を変えるために名刺の役職を変えて社内外る
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover