中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆小口に日焼けがあります。他はきれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

小さな魔女と空飛ぶ狐 (電撃文庫) 文庫 – 2010/9/10

5つ星のうち 4.7 10件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

レヴェトリア空軍のエースパイロット・クラウゼは、ある日突然、“内戦解決の切り札”とされる重要人物の補佐を命じられる。待っていたのは、わずか16歳の少女アンナリーサ。彼女は名門ラムシュタイン家のお嬢様で、国の最高学府を11歳で卒業した天才なのだという。「戦争なんてすぐに終わらせてあげるわ」ワガママ放題の“小さな魔女”が巻き起こす様々なトラブルを前にクラウゼは、無事に彼女の騎士を務め上げることができるのか?そしてアンナリーサは、本当に戦争を終結させられるのか―?“ワガママ魔女”と“ヤサグレ狐”が織り成す、現代の御伽噺。


登録情報

  • 文庫: 335ページ
  • 出版社: アスキーメディアワークス (2010/9/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4048688367
  • ISBN-13: 978-4048688369
  • 発売日: 2010/9/10
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 10件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 529,674位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
 夜間戦闘飛行の巧者で敵からも狐と呼ばれるクラウゼ・シュナウファー中尉は、ある日、惰性と義務で続ける戦闘飛行から帰還した途端、本国へ召還される。帰国した先で待っていたのは、親衛隊少佐で元主家の令嬢であり、子どもの頃からの姉貴分であった、イングリッド・フォン・ヴィッツレーベン。彼女がクラウゼに示した新たな任務は、戦争の帰趨を握るという天才少女アンナリーサ・フォン・ラムシュタインのサポートだった。

 架空の国家群が対立する世界にあって、小国の資源所有権を巡り内戦という名の大国同士による代理戦争が行われており、クラウゼはその戦場を飛び交う電子兵装を備えたジェット機のパイロットだ。
 一方、アンナリーサは天才科学者であり、軍に協力して兵器の開発を行うことになる。クラウゼはそんな彼女のサポート役だ。天才少女ゆえのプライドの高さや、それに起因するベテラン技術者との対立。そんな問題をクラウゼが影から捌きながら、アンナリーサは敵国の科学者と競うように大量破壊兵器を開発していく。

 そんな彼女のライバルとなるのは、敵国の科学者ルイ・シャルル・ド・アジャンクール。彼は30年前の大戦で軍に協力した故に心を病み、狂人科学者として隠棲していたが、彼のところに派遣された新任少尉エマ・フォンクの復讐に手を貸すために再び兵器開発に手を染める。
...続きを読む ›
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
戦争物というほど泥臭い話しはなく、萌えというほど萌え描写でもなく。
文章がとても読みやすかった。
わがままお嬢様にかきまわされる主人公というのはよくあるけれども、そこが兵器開発現場となるとまた他の作品とは趣が違う。
技術面で兵器考案するお嬢様。
実運用に対して反対する開発現場。
そしてそれに挟まれる主人公…。
タイトルが一見ファンタジーっぽいですがエリートパイロットがそのような環境におかれる話しです。面白いです。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
基本的には古典的な騎士とお姫様物語といったところ。
主人公は架空の国(恐らくドイツ)の夜間戦闘機エース
パイロット。ヒロインは16歳の天才科学者です。
帯にある現代のおとぎ話というのは正しいですね。

年代的には兵器技術は朝鮮戦争時程度(ただ、ホーミング
ミサイルやレールガンもある一方、核が未実用化という点
で評価は難しいです)。年代と場所は西欧を舞台とした架空
の世界で現実でいうところのスペイン内乱時の1930年代とい
った感じです。ただ、ナチの台頭はなく王政が維持されている
ことからWW1では引き分けてベルサイユ体制に入らなかった
欧州といった状況です。

この作品に関しては主人公は諦念感を持ち戦争にくたびれた
内戦派遣軍(史実ではコンドル軍団ですが、作中ではアドラー
軍団になってます)のパイロットです。やさぐれているという
よりはあきらめているという感じ。

ヒロインも天才科学者でわがままとありますがこの年代(16歳)
の貴族のお嬢様はあんな感じじゃないですかね?また最初の
会合のシーンで生娘と指摘され「大人だもん」と言い放った後
すぐに「すみません・・・・嘘つきました
...続きを読む ›
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Lorem6 投稿日 2012/2/13
形式: 文庫 Amazonで購入
メルヘンなタイトルや表紙イラストに反して、内容は兵器開発者と戦闘機パイロットの物語です。
戦争、倫理観、人命の重さ(あるいは軽さ)、政治的思惑、といったものを含蓄する物語ですので
表紙買いすると「裏切られた感」があるかもしれません。
しかし読めば「良い意味で」の裏切られ感に変わる、とお勧めします。

戦争だの人命だの、重い要素が描かれると、たいてい鈍重でくどい文章になりそうなものですが
この作品は濃密であるべきところ、ラノベ的であるべきところの勘所のわかった筆致でサクサク読めましたし
自国(主人公側)の面々も、敵国の面々も実に魅力的で、且つ、これは勧善懲悪のお話ではありませんから
どちらの国の側に感情移入しても終止面白く読めました。

イラストと内容のギャップに関しては、3分の1も読み進めたあたりで(私の中で)解消されたように思います。
かわいらしくてもどこかしらに哀愁や儚さを帯びた画風と、作品中の人々の背景とが重なったように感じたのでしょう。

的外れで蛇足かもしれませんが、エリア88が好きな方はこの作品も好きになれるのではないかと思います。
エリア88より本作のほうがずっと垢抜けてはいますが、物語の展開におけるある種の荒唐無稽さ、
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック