¥ 1,296
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
小さな修養論3 がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

著者をフォローする

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


小さな修養論3 単行本 – 2017/9/14


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥ 1,296
¥ 1,296 ¥ 1

booksPMP

【期間限定】ポイントアップキャンペーン開催中

1冊でも最大8% さらに3冊以上を購入する際クーポンコード「2222」を入力すると最大15%ポイント還元!今すぐチェック

click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • 小さな修養論3
  • +
  • 小さな修養論2
  • +
  • 小さな修養論
総額: ¥3,888
ポイントの合計: 376pt (10%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


無料で使えるAmazonオリジナルブックカバー
10種類のロゴ入りデザインから好みのデザインを印刷して取り付けよう。 詳しくはこちら。

商品の説明

内容紹介

目次・内容紹介 第一章 先哲の教え
第二章 時を見据える
第三章 自己を磨く
第四章 運命をひらく
第五章 人生の心得

●まえがきより抜粋 臨済宗円覚寺派管長 横田南嶺
藤尾社長は、その様々な分野で第一線で活躍されている方々との出会いを通じて、人間として如何に生きるべきか、大事なことを学ばれています。その要旨が籠められているのが、毎月の『致知』の巻頭にあるリード文でありましょう。それがこの度『小さな修養論3』としてまとめられました。
たとえば、第四章にある「関を越える」では、全盲聾である福島智先生のことに触れて、藤尾社長は、福島先生には四つの特質があると述べられてます。
その四つとは、第一に非常に明るいこと、第二にユーモアがあること、第三に常に人に何かを与えようとしていること、第四に自分が主語の人生を生きているということだと書かれています。
この四つの特質などは、一筋の道を歩まれた人には共通していることだと思われます。逆にいえば、常に明るく、ユーモアを忘れず、何を与えようと考えて、自分が主語の人生を生きれば、人間として磨かれ向上してゆくことになりましょう。
このように本書では、多くのすぐれた人に接して来られた藤尾社長の人生哲学が分かりやすく説かれています。
近年私の寺でも、若手の和尚や修行僧達と共に『致知』の記事を通じて勉強会(木鶏会)を毎月行っています。会では毎回私は、始めに藤尾社長のリード文を朗読しています。
読むと毎回、精一杯生きねばならないとの思いが沸々と湧いてきます。気持ちの沈んだ時などは、声に出して読んでみるとよろしいかと思います。
皆さまの座右において繙いていただければと願います。

著者について

藤尾秀昭(ふじお・ひであき)
昭和53年の創刊以来、月刊誌『致知』の編集に携わる。
54年に編集長に就任。 平成4年に致知出版社代表取締役社長に就任。
現在代表取締役社長兼編集長。

人間学を学ぶ月刊誌『致知』編集長が心血を注いで綴っている巻頭コラム。毎号の特集テーマを概括する文章をまとめた「小さな人生論」シリーズは、これまでに累計55万部を発行しています。
今回は「先哲の教え」「時を見据える」「自己を磨く」「運命をひらく」「人生の心得」の全5章から成る22篇を収録。安岡正篤師、森信三師、松下幸之助翁など先哲の残した言葉や、6,000人以上にも及ぶ『致知』の取材を通して得た人生の要訣などが綴られています。
繁栄の法則、師と弟子、リーダーシップの神髄、先哲遺訓など、取り上げるテーマは多岐に亘りますが、通読するとそこに一本の芯が貫かれているのを感じられることでしょう。
「日本人一人ひとりが修養の精神に目覚めるとき、またその精神を後から来る人たちにも伝えていくとき、日本はかつてのように旺盛な活力を必ず取り戻す、と信じています」 『小さな修養論』第一巻にも寄せた著者の切なる思いが、全国の心ある同志へと届くことを願ってやみません。 『致知』は「人間学」をテーマに一貫した編集方針を貫いてきた月刊誌で、
平成25年、創刊35年を迎えた。 有名無名を問わず、「一隅を照らす人々」に照準をあてた編集は、
オンリーワンの雑誌として注目を集めている。

主な著書に『現代の覚者たち』『小さな人生論1~5』『小さな修養論』『小さな修養論2』『小さな経営論』 『心に響く小さな5つの物語I~II』 『心に響く言葉』『プロの条件』『安岡正篤 心に残る言葉』 『ポケット名言集「小さな人生論」』『人生の大則』『長の十訓』『ポケット修養訓』『生き方のセオリー』がある。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 167ページ
  • 出版社: 致知出版社 (2017/9/14)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4800911575
  • ISBN-13: 978-4800911575
  • 発売日: 2017/9/14
  • 梱包サイズ: 18.6 x 12 x 2 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 417,085位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

まだカスタマーレビューはありません


この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう