通常配送無料 詳細
残り8点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
小さな会社の正しい給料の下げ方・人件費の減らし方 がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【帯付】★品質保障。概ね良好なコンディションです。カバーに傷みがあります。ページ側面に汚れがあります。丁寧な検品、迅速な発送を心がけます。ゆうメールにて発送。簡易クリーニング済。迅速に対応致します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

小さな会社の正しい給料の下げ方・人件費の減らし方 単行本(ソフトカバー) – 2011/3/25

5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,620
¥ 1,620 ¥ 236

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 小さな会社の正しい給料の下げ方・人件費の減らし方
  • +
  • トラブルにならない 社員の正しい辞めさせ方・給料の下げ方
  • +
  • 小さな会社の トクする 人の雇い方・給料の払い方
総額: ¥4,752
ポイントの合計: 144pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

人件費(給料・賞与・退職金・社会保険料など)はどこまで減らせるのか?

◎トラブルにならない人件費の見直し方、教えます。
人件費についてシビアに見直す会社が増えていますが、
簡単に人は減らせないからと、いきなり給料を下げたりしたら、
大きなトラブルになります。
本書では、できるだけ人件費をかけない人の雇い方をはじめ、
現社員の給料の見直し、賞与・退職金の引き下げや廃止、
手当や残業代の上手な払い方、社会保険料の節約法など、
法律違反にならないあらゆる人件費コストの圧縮法をお教えします。

◎給料をもっと払いたい! ただし、デキる社員には。
中途採用で人を雇うケースが多い中小企業では、
時間とともに社員間の給料にアンバランスが生まれてきます。
たとえば、売上貢献度の高いデキる若手社員の給料はなかなか上げられず、
年功序列の賃金体系で給料を上げてきた勤続年数の多い社員に高い給料を支払っているなど、
どの会社でも頭を抱える問題。
厳しい経営環境のなか、このアンバランスを放っておくと
会社にとって命取りです。
では、どのようにデキる社員の給料を上げればよいのか、
原資はどう調達するのか、給料を決める基準はどう作るのかなど、
これらを実現するための手順をわかりやすく解説します。

◎関連する書式をダウンロードできます。
※ダウンロードできるURLは書籍目次に掲載。
【ダウンロードできる書式】
・通勤経路申請書
・残業申請書
・給与額変更に関する同意書
・社員説明会議事録
・誓約書

内容(「BOOK」データベースより)

デキる社員にはもっと払いたい。経営者も従業員も納得するトラブルにならない払い方。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 220ページ
  • 出版社: 日本実業出版社 (2011/3/25)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4534048149
  • ISBN-13: 978-4534048141
  • 発売日: 2011/3/25
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 13.2 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 314,957位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
2
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
両方のカスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
タイトルはちょっとギョッとするようなタイトルですが、内容は参考になります。

決して安易に全員の給与カットを勧めるような内容ではありません。
今の労働関連の法規上は、成果の上がらない人だけでなく、そもそも成果を出そうという意欲すらない人でさえ給与を下げるのは難しいです。
そういう給与をいかに法に則って、出来る限り穏便に下げるか。それについて書かれています。
これを読んで、単なる一律の給与カットを考える経営者がいるとしたらそれはダメ経営者です。

そして、雇われる側にとっても、参考になることが多いと思います。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
内容はタイトル、目次通り。

本書で書かれた内容は日本で働く人が知っておくべき内容であり、
人件費削減のための具体的な方法・手順、考え方が
丁寧に説明されている。

経営者ばかりでなく、給料や賞与、退職金等の人件費
に関する基本的な知識を得たい全ての管理職、従業員
にとって必須の知識が身に付く内容になっている。

本書をはじめ著者の一連の労務関連の著作を読んでいると
中小企業経営者の苦悩が伝わってくる。

売上を増やすことに集中することで利益を上げて
いくのは昨今の経済情勢では難しい。

そこで費用を削減して利益を作っていくという
発想が必要になり、本書で示される
方策が有効となってくる。

現在の中小企業経営者はこの両方の成果が
求められてくるのでとても大変な仕事を
抱えている。

デキる社員にたくさん給料を払うために
経営者自身がデキる経営者にならないと
いけないようだ。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告