通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
小さな会社のための「お金の参考書」 がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 全体によごれ等あり。アマゾン専用在庫です。丁寧な梱包いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

小さな会社のための「お金の参考書」 単行本 – 2013/11/28

5つ星のうち 3.0 2件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,188
¥ 1,188 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 小さな会社のための「お金の参考書」
  • +
  • これからの保険選び
総額: ¥2,376
ポイントの合計: 58pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



ビジネス書大賞2017 ノミネート作品決定!
「サピエンス全史」や『鬼速PDCA』、『LIFE SHIFT』など話題作ほか >> 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

ファイナンシャルプランナー・社会保険労務士・保険コンサルタント
専門家20人のコンサルティングを3時間で学べる経営のヒント

会社の問題はプロに聞け! 総勢20人の専門家による
1社に1冊欲しい、会社のための経営者のための参考書。
・生命保険で決算書が良くなる
・保険血用は最速の資金調達手段
・経費削減をしながらバランスの良い経営を
・中小企業にこそ地震保険で万全の備えを
・就業規則が社長の想いを伝える
・若くて勢いのある会社にこそ401Kを
・海外活用で法人も個人も新たな一歩を

内容(「BOOK」データベースより)

ファイナンシャルプランナー・社会保険労務士・保険コンサルタント。専門家20人のコンサルティングを3時間で学べる経営のヒント。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 226ページ
  • 出版社: 幻冬舎 (2013/11/28)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 434402494X
  • ISBN-13: 978-4344024946
  • 発売日: 2013/11/28
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 12.8 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 720,344位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
創業50年の小さな会社を引き継ぎ、運営しております。

「小さな会社のためのお金の参考書」とのことで、この本を手に取りました。
20人ほどの「経営のサポートに徹する本物のプロ」とやらが出てきますが、ほとんどが地場の保険屋さんで、『会社か経営者が保険に入りなさい。入ればバラ色の未来です。』としか言っていません。

確かに会社経営で保険の活用はよく言われますが、保険だけの「お金の参考書」であり、他の対案は全然ありませんので、バランスが最悪です。

著者が保険屋向けのマーケティング会社をやっているからなのでしょうが、よく雑誌やネットである提灯記事で、出てくる保険屋さんからお金をもらってまとめたのでは?と、疑いたくなるような内容でした。

全く保険屋さんの一方的な内容の本で、自分たちを売り込む言葉しかなく、会計士や弁護士などは全く出てきませんので、私のように保険が嫌いで必要としない経営者は読む価値がありません。

よくこんな一方的な内容の本を見城さんの幻冬舎が出したと呆れるしかありません。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
「お金の参考書?」。タイトルからして自分には関係ないと思いながらも読んでみた。20人の専門家が自分の得意分野ついて執筆しているが、一つ一つがコンパクトにまとめてあってわかりやすい。

ほとんどは生命保険など直接お金に関することなのだが、その中に二人、社労士が登場して就業規則や企業研修のことが書かれている。
「お金の参考書」なのになぜ?と疑問に思ったが全部読み終えてなぞは解けた。

たしかに、経営においてお金は大事な経営資源ではあるが、そのお金を活用するのはあくまで“ヒト”であり、経営において“ヒト”こそが最重要資源なのである。

だからこそ、“ヒト”がイキイキと働ける環境をつくることが、お金を活かすことになる、というようなことが気付かされた。

経営者として、ぜひとも読んでいただきたい一冊である。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告