中古品
¥ 6
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 帯つき 比較的状態の良い商品です。アマゾン専用在庫です。丁寧な梱包いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

小さなお店のツイッター繁盛論 お客様との絆を生む140文字の力 単行本(ソフトカバー) – 2010/6/24

5つ星のうち 3.8 6件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 6

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

大人気のミニブログサービス「ツイッター」。 その流行を受け、巷には入門書や解説書があふれているものの、 しかし、「つぶやきをお金に変えた」ビジネスでの活用例は、まだ多くない。 本書は、ツイッター経由のお客様だけで 【月300万円】を売り上げる豚肉専門料理店・豚組の ツイッターを使った販促ノウハウを具体的に紹介する。 ・「勝手口アカウント」で本音の会話をする ・「ツイッター会議」でお客様の声を活かす ・2つの工夫で「RTの大波」を起こす ・「炎上」に短時間で正しく対応する ・「ツイ割」を上手に活用する など、小さなお店でも費用をかけずに今日からできる、 効果の高い「繁盛テクニック」が満載。 飲食店を中心としたお店の店長・経営者に加え、 広告・マーケティング・ウェブ関係者も必読の一冊!

出版社からのコメント

ネットで話題になったtwitter活用のセミナーをもとに待望の書籍化。 予約段階でアマゾン和書ランキングベスト100に入った、 「ビジネスで使えるツイッターの本」がついに発売。 人気ブログ「ネタフル」管理人、コグレマサトさんのコラムも必読です!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 320ページ
  • 出版社: 日本実業出版社 (2010/6/24)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4534047266
  • ISBN-13: 978-4534047267
  • 発売日: 2010/6/24
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13.4 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 369,849位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
ツイッターを使いこなし、経営する「豚組(ぶたぐみ)」の繁盛に結び付けている中村社長が語る体験的ツイッター経営論。

飲食業に限らず、人とかかわる仕事、サービスに従事する人には有益な体験論です。

単なるHowToではなく、どのように客との結びつきを強くし、自分と店への関心を強くさせうるかという視点が一貫して語られている。
そのために無料で140文字制限のツイッターがいかに有益かを豊富な実例で示している。
ツイッターのガイド本としても面白い。

ツイッターでつながった人を、引き続き関心を持たせ続け、来店からリピーター、そして常連へと育てるためには、店側が客(対する相手)に関心をもつかも大事。
そのための実際の工夫を惜しげもなく公開している。

結局、店に足を運ばせることだけを目的としたクーポンや割引合戦とはまったくベクトルを異にする、ひとりひとりの客と積極的につながろうという中村氏の心が幾度も強調され、それが来店時のちょっとしたサービスやツイートとなっているのだと感じさせる。
凡庸な表現だが、接客業における「もてなしの心」こそ、繁盛の原点なのだと強く感じた本でした。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
Twitterの成功事例としてよく取り上げられる「豚組」の社長が書いた本。

この本はTwitterの説明本ではなく、実店舗の接客論である。
その接客のひとつのツールとして、Twitterをどう使うか…という事が書かれているので、
「Twitterで一儲けしたい」
「Twitterで効率よく顧客を増やしたい」
などと思ってこの本読むと、とんでもない事になる。

そんな人は、「一日2時間で、アフィリエートの収入が月300万」とかのネットで販売している本を読めばいい(笑)

この社長が偉いのは、店舗の何人かがやっている公式アカウントとは別の個人のアカウントを勝手口(裏口)として自分が管理し発言し続けている事。これが社長が好きだから出来るのであって、私には無理である。
しかしどうやって発言や返信しているのだろう。飲みに行ったりしないのだろうか? 他の仕事もあるだろうに。

この本読むと、「接客業」とは…の基本をもう一度考えさせられる。
結局Twitterがあろうがなかろうが、接客の基本は変わってないのだ。
だから別に楽になるわけでもなく、時間を効率的に使えるのでもなく、地道なファン作りという作業を延々と続けなければならない。
しか
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
巷に溢れるtwitter本の数々ですが、
「独立店舗でtwitterを使って、お金は掛けられないけど、手間はかけて集客したい」人に、最後の一冊となる本。
店舗集客を目的とするなら、これ以外にtwitter運用の解説書は不要です。

twitterはフォロワー数が勝負!
twitterで宣伝をいっぱいしよう!
twitter割引をいっぱいすればいい!

と、殆どの店舗アカウントがtwitter運用の勘違いしている点を、ことごとく打ち破り、twitterを通して、正しいお客様とお店の有り様まで解説しています。

本当にお客様に喜んでもらいたい、と思っている貴方なら、これで理想のお客様とtwitterで出会えるでしょう。

圧倒的にお勧めです!
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック