通常配送無料 詳細
残り8点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
小さく賭けろ! 世界を変えた人と組織の成功の秘密 がカートに入りました
中古品: 良い | 詳細
発売元 正真堂
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆帯付です。◆書き込み等はありません。◆表紙に微かな擦れ小傷、開き跡があります。◆汚れや傷みがほとんどなく、きれいな状態です。◆Amazon専用の倉庫にて大切に保管されております。注文後Amazonが商品を丁寧に梱包し迅速に出荷致します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

小さく賭けろ! 世界を変えた人と組織の成功の秘密 単行本 – 2012/4/5

5つ星のうち 3.7 12件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,728
¥ 1,728 ¥ 160

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 小さく賭けろ!  世界を変えた人と組織の成功の秘密
  • +
  • GILT(ギルト) ITとファッションで世界を変える私たちの起業ストーリー
総額: ¥3,672
ポイントの合計: 111pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



『君の名は。』、星野源『いのちの車窓から』、『ダンジョン飯』ほか、
KADOKAWA全品10%ポイント還元中。この機会をお見逃しなく! 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

■成功する人と組織はみんな小さく賭けていた!
変化が速い今の時代、机の前で大きなプロジェクトを計画しても決して成功できない。成功している人と組織は、アイデアをすぐに小さい段階で実践している。
ユーザーからの声や市場ニーズを反映して方向転換することで、魅力的なサービスを作り上げ、成功につなげている。
グーグル、ピクサー、スターバックス、グラミン銀行、大物コメディアン、有名建築家など数多くの事例を紹介。

・事例その1:スターバックス
当初の店舗ではイタリア語のメニュー、椅子がなく、大音量のオペラを流し、店員は蝶ネクタイ。ユーザーからも、店員からも不満が上がった。意見を
反映してソファを入れ、店員はカジュアルな服装に変え、心地よい場所を提供して全世界にチェーン展開できた。

・事例その2:大物コメディアンのクリス・ロック
アカデミー賞の司会や映画監督などの経験もあるアメリカを代表するコメディアン、クリス・ロック。彼は地元の小さな舞台に立ち、何百ものギャグを試す。
そのうちウケるのは一握り。観客にスベってあきれられながらも、実際にウケたギャグを磨き上げ、全国ネットのテレビ番組や世界ツアーで披露し、大爆笑を得ているのだ。

■小さく賭けて、素早い失敗、素早い学習をしよう!
小さく賭けてうまくいかなくても問題はない。「小さな賭け」では、アイデアから実践までが短期間で済むので、やり直しがきく。小さな失敗なので痛手も小さい。
逆に、「素早く失敗」して、ユーザーのニーズを「素早く学習」できる効果は絶大だ。本書では、小さな賭け、素早い失敗、素早い学習を繰り返した事例を具体的に紹介している。

■失敗を許せるマインドセットとは?
「失敗から学べ」と言われても、失敗を恐れてなかなかチャレンジできない人たちが多い。チャレンジを恐れない「成長志向のマインドセット」はどうすれば持てるのか――。
本書では、さまざまな研究や実験の結果や、ピクサーが実践する「プラシング」と呼ぶ手法などをひも解いている。

内容(「BOOK」データベースより)

みんな小さく賭けて、素早い失敗、素早い学習を繰り返していた。グーグル、ピクサー、アマゾン、スターバックス、P&G、グラミン銀行、大物コメディアン、有名建築家に学ぶ最新・仕事の進め方。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 296ページ
  • 出版社: 日経BP社 (2012/4/5)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4822248968
  • ISBN-13: 978-4822248963
  • 発売日: 2012/4/5
  • 商品パッケージの寸法: 19.2 x 13.1 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 12件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 225,609位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
 取り返しがつくうちに、物事を見直して素早く学習することが、成功への道だと本書は説く。
自分たちが画期的なイノベーションだと考える内容に顧客が見むきもしないとき、Googleがどんな対処をしたか、ピクサーがアイデアを改善する際に、批判的な言葉を使わない「プランシング」(プラス+ing)と言う方法で、アイデアがプラスされていく雰囲気を作る……など、ほかにもスターバックスやP&Gなどの有名企業から人気コメディアンのネタ作りの過程まで、具体的な事例を交えて学べる良書だ。

努力の過程を称賛することで成長思考に導くマインドセットについても、心理学に基づいた考えが図解されていてわかりやすい。また、運のいい人がいかに自分の周囲の出来と事に注意を向け、偶然の出会いや体験の確率を高めることで、優れた知識と機会を結合させていくか、といった心の持ち方も解説されている。

本当にいい方法なのかを見極めるには、自分で試して改善していくのが一番だ。試す際にうまくいかなくても、それは失敗ではなく学習と考えればいい。
実際、欧米では事業に失敗した人に再度チャンスを与えることが多いが、それは根底に「失敗を経験した人間は学んでいる」という考えがあるからだ。

ユーザーからの声や市場ニーズを反映して、早い時期に方向転換
...続きを読む ›
コメント 42人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
失敗を回避したい気持ち、結果を性急に求める気持ち、いつも完璧でありたい執着から自分を解き放たなければ、我々は創造的能力を発揮することが難しい。そこで「小さな賭け」を早期より繰り返すことにより、「素早く間違え、素早く学ぶ」事ができるのである。と本著はいっています。
これらはRisk Taking =リスクをとり、Learn from Failure =失敗から学ぶ、ということを言っていると思います。「素早く」と言うところも非常に大事ですね。自分も今後常に自身にリマインドしたいと思います。

私は個人的には第一章「大きな賭け」対「小さな賭け」と第二章の成長志向のマインドセット、の冒頭の二つの章が最も参考になりました。

翻訳のせいかどうかは判らないのですが、私にはやや読み進みにくい文章でありました。恐らく日本語言い回しであったり、文の構成や倒置であったりのせいではないかと思います。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
本の構成は
必ずしも良いとは思いません。
私の場合、たまに本の文脈を
見失うこともありました。

しかし、本のタイトルは
ありそうでなかった秀逸なものと思います。

小さな賭けを繰り返しながら
ブレイクスルーの入口にたどり着くのは
創造的なアイディアではなく、

・トライをすることと
 周りをよく見ること

・最初のアイディアにとらわれないこと

が大事である、
と言っているように感じました。

個人的には
本の、わりと最初と最後の方に
大切なことが書いてあるのかな、と思いましたがいかがでしょうか、、、。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
”「おとなしく見られがちだから今度から新しいネクタイにしてみよう。」――そしてオシャレのコツをつかんだ彼はモデルになった。”

このような些細な変化が積み重なって今までにないようなものや体験に繋がるプロセスを、「小さく賭ける」ことの積み重ねとして紹介している本です。

いわゆる世間で言われる「天才」のニュアンスに近い「概念的イノベーター」は自らの閃きのままに実績を残しています。

対して本書で多く取り上げられる、「実験的イノベーター」は同じく実績を残すのに加え、その背景には圧倒的な量の試験と改良があるといいます。

普通の人が10の失敗で諦めるところを彼らは1000は継続する。

普通の人が10の失敗を繰り返すところを彼らは1000は改良する。

その意味では「実験的イノベーター」は決して凡人ではないし、彼らのおかれた環境がたまたま失敗を許容すると考えることもできますが、この本を読むと今まで10で止めていたものを11か12くらいまではやってみようという気になると思います。

その結果、本書9章の「小さな勝利」のように勝利の連鎖が続いていくのではないか。
そんな妄想とモチベーションを掻き立てられました。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー