通常配送無料 詳細
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
小さき者へ・生れ出づる悩み (新潮文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

小さき者へ・生れ出づる悩み (新潮文庫) 文庫 – 2003/3

5つ星のうち 4.3 19件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 367
¥ 367 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 小さき者へ・生れ出づる悩み (新潮文庫)
  • +
  • 或る女 (新潮文庫)
  • +
  • 一房の葡萄 他四篇 (岩波文庫)
総額: ¥1,760
ポイントの合計: 54pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



売れ筋ランキング (和書総合)
Amazon.co.jpで今一番売れている作品が分かる。ランキングは1時間ごとに更新。 >詳しく見る

商品の説明

内容紹介

病死した最愛の妻が残した小さき子らに、歴史の未来をたくそうとする慈愛に満ちた「小さき者へ」に「生れ出づる悩み」を併録する。


登録情報

  • 文庫: 160ページ
  • 出版社: 新潮社; 改版 (2003/03)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4101042047
  • ISBN-13: 978-4101042046
  • 発売日: 2003/03
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 0.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 19件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 173,428位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
高校生のころ部室に
「前途は遠い、そして暗い。しかしおそれてはならぬ、恐れぬものの前に道は開ける。行け、勇んで、小さきものよ」
と貼ってあったのが高校の頃すごく印象的でした。
幾度この言葉に勇気付けれらたことか、数えることは出来ません。
「小さき者」と自分を認識することで自分を過大に評価しすぎなかったことが出来ていると思います。
常にこの小説をバックの中にしまっています。
まだ十代だし、人生を語るには余りにも若輩ですけれども、
人生を生きる為の助言として頭の片隅にとどめておきながら生きています。
コメント 56人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ninetails 投稿日 2006/11/25
形式: 文庫
 深く生きることについて考えさせられた作品。
 表題作二編は息子と、画家を志す友人へのメッセージとなっています。両作品の最後、
 行け。勇んで。小さき者よ。と、
君よ!と、強く訴えかける部分はこうしてレビューを書きながら読み返してみても深く感動させられます。
 これから強く歩んでいかなければならない息子たちに、画家を志すにも周囲の環境がなかなか許さない友人に、強く、 夢をあきらめずに進んでいってほしい。その思いが文章の中に溢れ出ています。
 今、メディアなどで学生の自殺の問題が大きく取り上げられていますが、この作品はそれらの人生に悲観している人たちを勇気づけるのに十分ですし、こんなことが言えるのか分かりませんが、生きる事の素晴らしさを感じさせてくれます。
 読んで損は無いです。というか、是非読んでいただきたいと思っています。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
佳品『小さき者へ』もよいが、『生まれ出づる悩み』の文章の素晴らしさ!!

こういうのを小説と言うのですな。

有島武郎には、最高傑作であり近代文学の大金字塔である『或る女』が聳え立っており、本書の2編はそれこそ「小さき者」ではあろうが、愛惜措く価わざる佳篇である。こういうのを読み直してみると、最近の多くの作家の短篇がただの作文に思えてくる。

有島のような文章が書けるのであれば、『生まれ出づる悩み』の藝術家的懊悩もまた味わってみたい・・・と思わせる。行け。勇んで。小さき者よ。
1 コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
明治中期~大正までを生きた、有島武郎の短編私小説2編。「小さき者へ」は妻を病気で亡くした
直後に、幼い3人の我が子に向けたメッセージで、「生れ出づる悩み」は、漁師の家柄ながら
画家を目指した少年との実体験から創作した小説。最後は女性と心中した人間らしく、全体的に
陰鬱ながら、大変鋭い現実世界に対する描写が続く。

テーマ自体は到ってシンプルだと思うが、後半の「生れ出づる悩み」は、とてもクセのある
擬人法・比喩法を用いた情景描写が延々と続き、思った以上に読むのに時間がかかった。
120ページ程度の薄い本だが、なかなかサクッとは読ませてくれない難解な作品。
時代が進んで読むのが難しくなったというだけでは、決してないと思う。色々と考えさせられる
メッセージ性もあったと思うが、物事を多様な言葉を用いて描写する、作家としての表現力の方が、
より参考になったという印象の作品だった。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
「生れ出づる悩み」は、主人公は職業作家でありながら思うような作品を生み出せず悩む(=題名)。一方、偶然に知り合った青年は漁師を続けながら絵を描いているという境遇だが、その才能と執念は驚くべきものがある。

芸術を志す者が誰でも感じるであろう、己の才能への疑念と、他者の才能に対する羨望と嫉妬を素直に描いた作品で、その素直さで逆に印象に残る。

「小さき者へ」は息子へのメッセージだが、文学として昇華されているか否かは疑問。ただし、いずれも作者が自身の感情をそのまま表現している事にある種の感慨を覚える。私小説とは異なるのだが、作者を取り巻く環境を率直に表現して読者の共感を呼ぶ作品集。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
『小さき者へ』‥
作家が全力で書いた作品は、たとえ短い掌編でも、
心を揺さぶられる感動を伴って迫ってきます。
わずか10分程度で読み切れる掌編ですが
読むたびにあふれる涙を抑えきれません。

不器用だが、力強く、ゆるぎない信念を持った父親の心情を
目の当たりにした時、子どもは親の深い愛情を知り、
胸を熱くするでしょう。そして、まっすぐに生きようとするでしょう。
最後の一行に、全力で子どもに伝えたかった言葉が凝縮されています。

『生まれ出づる悩み』‥
「私」(作者自身)の内面の苦しみが、本木君という青年漁夫の、
絵を描き、芸術を生みだそうとする苦しみに、
共感と希望や羨望を見出していきます。
次の成長へ踏み出す時の葛藤や悩みは、
時代を超えて普遍なんじゃないかな‥と。

大正時代に書かれたとは思えないほど
心にスッと入ってくる文章と
力強いエールで完結されるところに作家の力量が感じられます。

過去に読了。レビューのため再読。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック