通常配送無料 詳細
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
小さい牛追い (改版) (岩波少年文庫134) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆◆◆状態は概ね良好です。中古ですので多少の使用感がありますが、品質には十分に注意して販売しております。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

小さい牛追い (改版) (岩波少年文庫134) 文庫 – 2005/10/14

5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 940
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 734
¥ 734 ¥ 372

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 小さい牛追い (改版) (岩波少年文庫134)
  • +
  • ちいさなねこ
  • +
  • いやいやえん (福音館創作童話シリーズ)
総額: ¥3,110
ポイントの合計: 96pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



2017年本屋大賞は『蜜蜂と遠雷』に
大賞は『蜜蜂と遠雷』恩田陸!2位は『みかづき』森絵都、3位『罪の声』塩田武士 …>> 作品一覧はこちら

商品の説明

内容紹介

ノールウェイの農場に住む4人きょうだいは,両親といっしょに村じゅうの牛をあずかって山の牧場で夏を過します.子どもたちの素朴な日常生活と動物とのふれあいを暖かく描いた名作. --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

内容(「BOOK」データベースより)

ノールウェイの農場に住む4人きょうだいは、両親といっしょに村じゅうの牛をあずかって山の牧場で夏をすごします。オーラとエイナールは、雨の日も風の日も牛をつれて山の奥深く分け入り、牛追いの大任を果たします。子どもたちの素朴な日常生活をあたたかく描いた名作。小学中級以上。 --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。


登録情報

  • 文庫: 283ページ
  • 出版社: 岩波書店; 新版 (2005/10/14)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4001141345
  • ISBN-13: 978-4001141344
  • 発売日: 2005/10/14
  • 商品パッケージの寸法: 17 x 12 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 182,652位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
1
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
北欧ノルウェーには夏と冬しかないようです。この本では、冬が去ったと思ったら天国のようなすばらしい日々が来て、ランゲリュード牧場の子どもたちは牛や山羊たちと自然の中で跳ね回ります。そうした子どもたちの夏は、夏休みの山の牧場での牛追いの日々、森の中の冒険や子牛の誕生や誰彼の誕生日、宗教儀式など、刺激に満ちた毎日です。街の子供も来て、満足して帰ってゆきます。秋が来ると冬は一足飛びです。これ以下は、「牛追いの冬」へ引き継がれます。

子どもたちの生き生きした日々を、作者のマリー・ハムズンは、客観的な描写をしつつも温かく包み込んだ筆致を貫いています。それは、続巻の「牛追いの冬」でも、勿論共通です。生き生きした子どもたちの毎日や子どもたちを取り巻く大人の愛情ある対応ぶりは、この本を読んだ子どもたちに、生きていく上で大切な何ものかを強く印象づけるに違いありません。その証拠に、私は、この本からそういうものをもらったことを50年以上前のこととしてよく覚えています。

自然の動植物に接することの少ない都会の子供にも、それらに囲まれている田舎の子供にも、この本の描き出す人と自然とが織りなす豊穣な世界、ノルウェーの牧場の日々を是非味わってもらいたいと思います。
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告