通常配送無料 詳細
残り11点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
小さいおうち (文春文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: ほぼ新品
コメント: ほぼ新品の本です
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

小さいおうち (文春文庫) 文庫 – 2012/12/4

5つ星のうち 4.4 157件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
ハードカバー
"もう一度試してください。"
¥ 1,707 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 626
¥ 626 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 小さいおうち (文春文庫)
  • +
  • 平成大家族 (集英社文庫)
  • +
  • FUTON (講談社文庫)
総額: ¥1,911
ポイントの合計: 60pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

受賞歴

第143回(平成22年度上半期) 直木賞受賞 --このテキストは、ハードカバー版に関連付けられています。

内容(「BOOK」データベースより)

昭和初期、女中奉公にでた少女タキは赤い屋根のモダンな家と若く美しい奥様を心から慕う。だが平穏な日々にやがて密かに“恋愛事件”の気配が漂いだす一方、戦争の影もまた刻々と迫りきて―。晩年のタキが記憶を綴ったノートが意外な形で現代へと継がれてゆく最終章が深い余韻を残す傑作。著者と船曳由美の対談を巻末収録。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 348ページ
  • 出版社: 文藝春秋; 第十版 (2012/12/4)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4167849011
  • ISBN-13: 978-4167849016
  • 発売日: 2012/12/4
  • 商品パッケージの寸法: 15.2 x 10.6 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 157件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 71,755位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 Lotus VINE メンバー 投稿日 2010/7/28
形式: ハードカバー
戦前のある中産階級家庭で
住み込みの“女中”として働いていたタキという老女の回想という形で
物語は進んでいく。

再婚の“奥様”とともに、
新しい家に仕えるようになるタキ。

赤い屋根の洋風の新築の家には
小さいけれど、タキだけの部屋もあり、
この家を“終の住処”にするつもりで奉公に励んでいる。

戦前から戦争に向かう頃の東京の生活が、
戦争が激しくなって
タキが郷里へ帰ることになるまで、
テンポよく軽やかに、
心地よい流れで語られていく。

終盤、
「小さいおうち」というタイトルの意味が明かされ、
また、
最後までタキの口からは語られることのなかったある事実を
読者は別の語り手によって知ることになる。

地味な題材にもかかわらず、
読後に強い印象を残す作品。
コメント 121人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ハードカバー
有名な絵本と同じタイトルだが,これは作者一流の仕掛けで,これは昭和5年から19年初めまでの間,東京市西部の坂の上の小さい赤い家の女中奉公の記録と言う体裁をとった歴史小説である.この主人公は小さい家の住人たちであるが,それよりもこの時代の生活感覚の歴史そのものではないか.私はたまたまこの家の恭一君と多分同い年で,やはり東京市西部の小さい家に女中つきで育ったので,一つ一つ思い当たることばかりで,特に 二.二六事件 以後のつるべ落としのような下り坂の不安な感覚は,二度と経験したくない,思い出したくもないものだった.それが殆ど間違いなしに再現されるのを読むのは,辛い仕事である.しかし作者の構想力と筆力は私に読み続けることを強いた.日本の国力は経済封鎖のためもあって,昭和15(1940) 年には既に5年前に比べて取り返す術もなく衰えていた.そこで戦争なのだから,私は子供心にもう駄目だ,と絶望の思いで聞いた.この小説でたった一つの誤りは 1941年12月8日のこの開戦発表の時間で,JOAK は早朝から大本営陸海軍部発表文を流し続けだった.でもここまでの現実感での再現を果すには膨大な史料調査とその整理が必要なはずだが,作者はその方法をプロの歴史家同等に身につけておいでと拝見した.小説は第8章の代わりに最終章が置かれ,これはミステリでの解決編に相当するが,奇想天外の展開に呆然とする.今も呆然としたままだ.愛と死と芸術の織り成す大作,感動した.強く推薦.
3 コメント 244人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ハードカバー Amazonで購入
淡々とした人物描写、それを含めて時代描写がリアルな物語です。

他の方のレビューで、あまりにも人物が描けていないという指摘がありましたが
私は逆に、あの時代の女性(しかも深窓の令嬢)は、あれが普通だったのではないかと
思います。
(時代がさらにさかのぼりますが「梨本宮伊都子妃の日記―皇族妃の見た明治・大正・昭和 」
などの、超お嬢様のリアルな日記を読むと、やはり時子奥様と似たりよったりの
"大切に育てられたうえの、ふわふわした感じ"は持っているなと感じます)

ネタバレの最終章のネタは、途中の伏線で確かに読めています。しかし、最後に
「小さな秘密」を仕込むという体裁をとっているだけで、「秘密」はたいしてこの本では
重要ではない気がします。

対比の恐怖。それが主題な気がしてなりません。あれほどまでにふわふわと生活していらした
奥様と戦争、また芸術家肌で少年のようだった板倉さんと出征先での人間性すら脅かされる
経験、戦争というものの悲惨さが恐怖です。また、それなりに幸せに生きてきたという
主人公タキさんの晩年の後悔。全てが対比。怖い話です。

この本に感動できるのは、もしかしたら女性かもしれません。男性は今
...続きを読む ›
コメント 121人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
女中のタキさんに すっかり感情移入してしまって あ~読み終えちゃったのかと 少々寂しくなりました。
奥様とぼっちゃんに対する タキさんの愛情は まさに家族に感じるものです。
戦争さえ なければ 一生この小さなおうちにいられたのに、結局家族は バラバラになりました。

すべてを書いてしまうと これから読む人 映画で見る人の楽しみが 無くなってしまうので
これくらいにしておきますが 読後感は「マディソン郡の橋」に 似ていました。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー