Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 2,419
ポイント : 12pt (0%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[鈴木 大介(解説)]の将棋戦型別名局集5 中飛車名局集
Kindle App Ad

将棋戦型別名局集5 中飛車名局集 Kindle版

5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 2,419

紙の本の長さ: 432ページ
※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きなディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

タブレット端末での読書には無料アプリ Kindle for iPadKindle for Android をご利用ください。


商品の説明

内容紹介


※この商品は固定レイアウト型の電子書籍です。

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

※お使いの端末で無料サンプルをお試しいただいた上でのご購入をお願いいたします。





古今の中飛車の名局を100局厳選

本書は戦型別名局集の第5弾です。中飛車の名局を100局厳選し、鈴木大介九段が指し手の解説と共に、「鈴木大介の見た急所」として現代の目線で一局を通した分析を行っています。
前半は大山康晴十五世名人、升田幸三実力制第四代名人らがツノ銀中飛車で居飛車急戦を迎え撃った名局を中心に収録。後半は近藤正和六段が生み出したゴキゲン中飛車に久保利明王将、鈴木大介九段、菅井竜也七段らが工夫を凝らして中飛車を進化させてきた足跡を辿ることができます。
受身の戦法だったかつての中飛車と、後手番でも主導権を握って積極的に攻勢を取る現代のゴキゲン中飛車。同じ中飛車ながらテイストの違う将棋の見所を解説の鈴木九段はこう言います。「大山先生の時代の中飛車は一手一手の味わいを見てもらいたい。また、進歩した現代の将棋とどこが変わってどこが変わらないのかというところにも注目です。新しい時代の中飛車は一手一手の積み重ねはもちろん、思想や細かい考え方に着目して並べてもらえればと思います」
一冊で中飛車の歴史の全てが分かる、中飛車党のみならず全将棋ファン必携の書です。ぜひ、盤上中央で繰り広げられる華麗な戦いを堪能してください。

内容(「BOOK」データベースより)

ツノ銀中飛車からゴキゲン中飛車まで。完全保存版、中飛車の名局100局収録!

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 182775 KB
  • 紙の本の長さ: 434 ページ
  • 出版社: マイナビ出版(日本将棋連盟) (2017/5/24)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B072FNXHGX
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 55,253位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
1
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
私は振り飛車メインで棋力はアマ二段です。
メインは四間飛車ですがゴキゲン中飛車が出てから、かなり採用もしています。中飛車といえばツノ銀もメジャーですが今や古書でしか解説している棋書はないほど廃れてしまいました。なので古い中飛車を知りたい場合は図書館や古本を探すくらいしか手がありません。しかし、この名局集は時代の流れと共にどのように中飛車が進化していったか棋譜を見ながらわかるため、これから勉強したい人や既に中飛車が好きな方にも大変内容のいい棋書となっています。

私が特にいいと思うのは、鈴木九段の解説がしっかりとしている事です。四間飛車名局集もそうでしたが鈴木九段は細かい部分も解説されているので棋譜並べで使うと大変効果的だと思います。

構成は『棋譜と重要な手の解説&鈴木大介の見た急所』、棋譜に付随した解説の量も多いのですが、この急所も全対局に1ページずつ割かれており内容の濃いものとなっています。(特に注目したい手を1ページ使って解説)

今はネットで検索すれば棋譜は一発で探せます、それでもこの棋書を支持したい理由はやはり解説の量だと思います。値段は安くないですが、コレクションとしてだけでなく棋力向上にも十分役に立つ棋書だと思い星5を付けました。

ちなみに低段の私が言うのもなんですが、これで棋
...続きを読む ›
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover