この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

将棋世界 2015年 03月号 [雑誌] 雑誌 – 2015/2/3

5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
雑誌
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • 【ご注意ください】雑誌はお客様都合による返品は承っておりませんので、あらかじめご了承ください。ヘルプページへ


この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

【プロ棋戦】
・第64期王将戦七番勝負[第1局]渡辺明王将×郷田真隆九段
ソフトに負けたわけじゃない 記/大川慎太郎

・将棋電王戦リベンジマッチ「森下卓九段×ツツカナ」
正しかった森下理論 自戦解説/森下卓九段

<特集1>座談会 橋本崇載八段×山崎隆之八段×佐藤天彦八段
糸谷哲郎竜王はなぜ最強世代に勝てたか

<特集2>上達講座“極める"シリーズ
穴熊なんてコワくない(前編) 講師/所司和晴七段

【連載】かりんの将棋上り坂↑
話題騒然! 伊藤かりん(乃木坂46)の上達ドキュメント
Vol.2「手番は大事」 講師/戸辺誠六段 生徒/伊藤かりん

【特別寄稿】
過去との決別 27年の越境 ―棋士・今泉健司― 文/北野新太

【オールカラー特別企画】
将棋駒博物館所蔵 名匠たちの駒
豊島龍山・奥野一香・宮松影水・金井静山・木村文俊の逸品

読んで効く上達のクスリ ぼくはこうして強くなった
[青野照市九段の巻・前編]感じ取る能力 構成/鈴木宏彦

連載読み物
月夜の駒音 内館牧子
関西本部棋士室24時 池田将之
盤上盤外一手有情 田丸昇
評伝 木村義雄「第20回」高野山の決戦 河口俊彦

連載講座
イメージと読みの将棋観・II 鈴木宏彦
突き抜ける! 現代将棋「第63回」先手中飛車+左穴熊は鉱脈か
講師/勝又清和 構成/浅川浩
今日から指せる! 横歩取り裏定跡の研究 飯島栄治七段

◆別冊付録◆
プロの穴熊攻略テクニック 編集部編

この雑誌について

将棋界の情報や話題を満載した将棋総合誌


登録情報

  • 雑誌
  • 出版社: マイナビ; 月刊版 (2015/2/3)
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B007ZQIKWW
  • 発売日: 2015/2/3
  • 商品パッケージの寸法: 21 x 15 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
2
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
両方のカスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 南部さん 投稿日 2015/2/15
形式: 雑誌 Amazonで購入
日数も早く、品物の品質にも何も問題ありませんでした。また利用したいです。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 雑誌
な、な、なんということだ!

↑に記載されているAmazonの今号記事紹介と、マイナビのサイトに記載されている今号記事紹介に一箇所だけ違いがある。

マイナビのサイトに記載されている「お詫びと記事撤回のお知らせ」が、↑に記載されているAmazonの今号記事紹介には無い!!!

今号の購入を考えられている方、『お詫びと記事撤回のお知らせ』は今号にちゃーんと掲載されています。

何者かによって、Amazonの今号記事紹介が改ざんされてしまったのだろうか?

今号の内館さんの『月夜の駒音』、今泉さんのドキュメント『過去との訣別』はどちらも面白かった。今泉さんが順位の差に泣いた奨励会三段リーグは、大崎善生氏の『将棋の子』のプロローグでも取り上げられていたのに気付かされた。奨励会三段リーグは将棋ファンをひきつけてやまないと思った。

内館さんはNHK朝ドラ『ひらり』の脚本を手がけた方だ(当方、ドリカムが歌う主題歌が大好きだった)。相撲と将棋のプロ制度の違いにも踏み込んで欲しかった。

今泉さんの編入試験について耳にするのは、「プロがアマと対局するメリットが無い。」という意見だ。このような意見こそが、将棋を斜陽産業化させる最大最悪のデメリットだ。
...続きを読む ›
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

関連商品を探す