この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

将棋世界 2007年 01月号 [雑誌] 雑誌 – 2006/12/2

5つ星のうち 4.0 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
雑誌
"もう一度試してください。"
¥ 771
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • 【ご注意ください】雑誌はお客様都合による返品は承っておりませんので、あらかじめご了承ください。ヘルプページへ

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

登録情報

  • 雑誌
  • 出版社: 日本将棋連盟; 月刊版 (2006/12/2)
  • ASIN: B000KLQVWK
  • 発売日: 2006/12/2
  • 商品パッケージの寸法: 21 x 14.8 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 雑誌
毎号将棋ファンの興味を引き付けてやまない「将棋世界」ですが、この2007年1月号は、あの2006年春に世間を賑わせた「名人戦問題」について、なんと64ページに渡って特集が組まれています。

内容は事の発端に始まり、毎日の猛反発、「信義か金か」と叩かれた新聞各社や週刊誌からの大バッシング、運命の棋士総会、そして最終決定の共催に至るまで、当時の連盟理事たちの証言や棋士個人々々の原稿を交えて大変詳細に書かれており、当時決して触れられることの無かった舞台裏や謎が、この一冊を読むだけで全て理解できるようになっています。

何故この問題が、この期に及んで大きく採り上げられることになったのか?
毎日が激怒した、連盟からの通知書ができるまでの経緯は?
朝日に対抗して毎日が取った作戦とは?そのとき理事会はどう動いたのか?
他のタイトル戦では同様の問題は起こらないのか?
名人戦共催案はどこから沸いて出たのか?
 
これらの回答を知りたい方は、本書は既に入手困難となっておりますのでバックナンバーなどお早めにお求め下さい。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 雑誌 Amazonで購入
学生のときは将棋やオセロ、マージャンの機会がありましたが

今はしてません。

なつかしいですね。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

関連商品を探す