通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
専門家は絶対に教えてくれない! 本当に役立つマン... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ★迅速に発送いたします★非常にきれいです。表紙カバーに微すれありますがその他使用感少なく良好です。消毒・クリーニング後、クリスタルパック(透明なプラスチック製の袋)に密閉パック済み。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

専門家は絶対に教えてくれない! 本当に役立つマンション購入術 (廣済堂新書) 新書 – 2015/10/6

5つ星のうち 3.9 42件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
新書, 2015/10/6
"もう一度試してください。"
¥ 864
¥ 864 ¥ 383

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 専門家は絶対に教えてくれない!  本当に役立つマンション購入術 (廣済堂新書)
  • +
  • 中古マンション本当にかしこい買い方・選び方
  • +
  • 東京で家を買うなら
総額: ¥3,996
ポイントの合計: 121pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

マンション購入をテーマにしたブログ「マンション購入を真剣に考えるブログ」で人気ののらえもん氏。不動産業者ではない同氏が、自身の経験などに基づき、消費者目線から「お得」で「損をしない」マンション購入術を伝授。業界関係者は絶対に語らない、購入者の目線に立った新しいマンション購入奥義を披露します。

出版社からのコメント

「いいマンションとは」と丁寧に解説してくれる新築販売員や、「どの街がいいか、家の構造はどうか」と問題提議をしてくれる住宅評論家、そして「住宅ローンの借り方、返し方」についてアドバイスをしてくれる住宅ローンに詳しいファイナンシャル・プランナー……。これらの専門家は、それぞれの分野の専門性からマンション購入について語ってはくれますが、そこには個人や消費者といった視点が抜け落ちています。本書は、消費者の立場から不動産業界を論じているブロガー“のらえもん"が、業界利害とは関係のない目線で書いた、マンション購入&売
却で失敗しないための羅針盤です。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 224ページ
  • 出版社: 廣済堂出版 (2015/10/6)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4331519511
  • ISBN-13: 978-4331519516
  • 発売日: 2015/10/6
  • 商品パッケージの寸法: 17.3 x 10.8 x 1.1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 42件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 7,278位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 かぼかぼこ VINE メンバー 投稿日 2015/12/26
Amazonで購入
知識のない初めての方におすすめです。いいヒントが書かれているのでマンション購入のさいに参考にしてみては?納得できると思います。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
マンション購入の参考にはなると思いますが、客観性にやや欠ける気がします。
特にミニ戸建とマンションの比較のところ。個人的には使わないかもしれない共用施設に高い管理費払って大規模マンションに住もうとは思いません。ご自分の住宅に関する考え方を確認するために読むのはありかも。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
自身、マンションの売却を行ったことがあるのですが、数か月まったく内覧がありませんでした。
ところが仲介業者の親会社から喝が入った途端、毎週末数件の内覧申込みが入るようになりました。
ああ、あれは「囲い込み」だったのだな、そして時間を無駄にしてしまったなと思いました。
本書ではその「囲い込み」の見分け方が分かりやすく載っています。
マンションは買う時より売る時のほうが苦労します。マンションご所有の方はそこの章だけでも一読の価値があります。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
著者は、湾岸(特に江東区・中央区)の湾岸地区のタワーマンションを中心とした情報ブログで著名な人ですが、この本では特に地域に特化することなく、新築と中古マンションの購入から売却までの一連の流れをマンション売買の経験のない初心者向けにわかりやすく解説しています。 表紙をみてあれ湾岸タワーっぽくないな?と思ってのですが中を読んで表紙はごく普通のマンションでないといけないわけを納得しました。 

マンションの購入指南本は、立地選定にこだわる住宅評論家が、資産価値保全の観点から、都心物件を推奨する流れのものが多く、親から生前贈与とかでなしにその教えに素直に従えるのは、世帯年収1000万以上の高収入層だけではないかとなり、そこが買えなければダメなのか?!となりがちです。

実はこの本の中では話題として荒れやすい立地選定については大きくページを割くことはなく、人口増加地区を狙いなさい程度にとどめています。例えば湾岸など具体的な地名を上げて推奨したりといったことは書いてありません。 【書評は通読してから書いてほしいですね】

マンションについて語るとなると、どうしても資産価値保全な考え方は説明しないといけないわけで、例えばこの著者も解説の基本線は例えば”沖”さんの書かれている本などの路線を敷衍したものです。 ただ、各々の人が自分の状況に合
...続きを読む ›
コメント 32人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazon Vine レビュー ( 詳しくはこちら )
 この本は説得力にあふれていて、非常に参考になりました。マンションをこれから買いたいと思っている方はもちろん、すでにマンションを購入している方にも、売却や買い替えの参考になると思うので、ぜひ一読されることをオススメしたいと思います。

 読みやすい文体で書かれているので、すんなり頭に入ってきやすいのですが、でも書かれていることは結構高度で、「資産価値」の観点からいろいろ論じられています。たとえば、居室がどの方角を向いているかということは、通常は居住の快適さの問題として語られることだと思いますが、この本ではそれだけでなく、中古として売り出す場合の価格下落率をあげて、この価格差が、この方角の快適さの金額だ…というような説明の仕方をされています。マンション購入は非常に高額な買い物なので、資産としての価値をしっかりと認識することが大切だということがよくわかります。

 ただし、マンション(や家)は、人が住む物であって、ライフスタイルは人それぞれです。この本では、いろいろな理由をあげて、湾岸部のタワーマンションの利点を解き、狭小な戸建てよりもいいとしていますが、タワーマンション自体が「キライ」という人ももちろんいると思います。そういう方には、読んでいて少しひっかかりがある部分があるかもしれませんが、それでもファイナンスの切り口からのマンション購入を考える本としては本当に分かりやすいので、少しでも興味のある方にオススメしたい本だと思い、星5つをつけました。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 voodootalk 殿堂入りレビュアートップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2015/11/13
Amazon Vine レビュー ( 詳しくはこちら )
2015年10月リリース。著者はマンション関連のブロガーとのことである。プロガーでもこういった新書がリリースできる時代となったのか、と思いつつ手に取った。ぼくは金融機関の人間で、実際、住宅ローンはおよそ100件程度手がけてきたし、団体信用生命保険等を管理する部署にもいたことがあるので、本書の第5章の『住宅ローン編』に特化してレビューしてみたい。

まず住宅ローンをある意味コントロールする内容が出くるのだが、購入住宅以上の金額を住宅ローンから引っ張れるような語り口が見えるが、そういう住宅ローンは基本ありえない。住宅に根抵当権を設定し、極度額を多めに設定するケースはあるだろうが、それは住宅ローンとは言えないし、かなり減額した極度額になるケースが多い。よってここに書かれたような、住宅の価値以上に借り入れを発生させることは不可能であるはずだ。

もう一つ決定的にダメだと思うのは、『税』の考え方が全く無いことだ。例としてあげれば、住宅取得控除のことが全然出てこない。住宅取得控除を受けている途中で、売却一括返済するというのは、市場価格がさほど変動しない昨今では、いただけない技法だろう。はっきり言ってシロウトだ。

と言うことで、他の部分の信憑性も押して計るべしだと思う。勉強している読者なら、沢山ダメ出しすると思う。
2 コメント 76人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー