• ポイント: 25pt (3%)
通常配送無料 詳細
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
専守防衛──日本を支配する幻想 (祥伝社新書 19... がカートに入りました
+ ¥ 257 配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 ブックス一歩
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品になりますので、多少の使用感、経年による傷み(ヤケや折れ等)がございますが、 本文に書き込みや重度の傷みはございません。アルコールクリーニング済み。週4~5回、日本郵政のゆうメールにて発送いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

専守防衛──日本を支配する幻想 (祥伝社新書 195) 新書 – 2010/2/27

5つ星のうち 3.4 7件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
新書
¥ 821
¥ 821 ¥ 1

booksPMP

【まとめ買いキャンペーン開催中】

本・雑誌を3冊以上を購入する際、クーポンコード「7813」を入力すると最大8%ポイント還元!今すぐチェック

click to open popover


よく一緒に購入されている商品

  • 専守防衛──日本を支配する幻想 (祥伝社新書 195)
  • +
  • 軍事を知らずして平和を語るな
総額: ¥2,441
ポイントの合計: 55pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



無料で使えるAmazonオリジナルブックカバー
10種類のロゴ入りデザインから好みのデザインを印刷して取り付けよう。 詳しくはこちら。

商品の説明

内容紹介

今ある装備と法律のままでは、
尖閣諸島を奪われる!

これが、「専守防衛」の実態。「竹島」の轍(てつ)を踏むな!


本書の「はじめに」より抜粋

「百戦百勝は善の善なるものに非(あら)ざるなり。戦わずして人の兵を屈するは、
善の善なるものなり」──兵法書「孫子」の言葉である。
実際に戦争になれば、勝っても死傷者は出るし、国土も荒れる。戦費も必要だ。
また相手国との間には怨恨(えんこん)も生まれる。何もいいことはない。
戦争を戦い、百戦百勝するよりも戦わずにこちらの意図を達成する方がいい、というわけだ。
これは現代においても変わらない真理である。

戦後、日本は長らく戦争に巻き込まれることはなかった。真に喜ばしいことだが、
それは日本人の努力によるものというよりも、偶然や幸運に恵まれた結果である。

我が国が国防の方針としている「専守防衛」は抑止力が効きにくく、戦争を誘発しやすい。
このため、先の孫子の言葉を実現しにくい戦略だ。
専守防衛では、相手の攻撃を受けてから、はじめて軍事力を行使する。
また、その際の反撃においても必要最低限の範囲にとどめる。
相手国の根拠地への攻撃は行なわず、自国領土またはその周辺でのみ作戦行動をとる。
つまり、かつての沖縄戦のような本土決戦を前提としている。

当然、自衛隊がとれる軍事的なオプションは極度に制限される。
このため、軍事的に有効な手段をとることが封じられ、手足をしばって戦うようなものである。
負担と犠牲を強いられるのは自衛隊だけではない。
国民も敵の攻撃によるより多くの副次被害を覚悟し、より多くの血を流し、家や職場が燃え、
財産を失う危険性を覚悟する必要がある。
また、同盟国たる米軍の軍事行動も自衛隊同様に制限される。
つまり、米国の将兵に本来は必要のない犠牲と出血を強要することになる。
米国政府や納税者がそのような我が国の「趣味」に付き合ってまで
助太刀(すけだち)してくれるという保証はどこにもない。
専守防衛という大義を守るためには日米同盟解消も選択肢となるだろう。

本来の意味での「専守防衛」においては、著しく不利な戦略をとりつつ、国防を全うするために、
必然的に「重武装」だ。
充分な防衛力を維持するためには、現在の数倍の防衛予算と、自衛隊の規模が必要である。
また、全国津々浦々に防空壕やシェルター、敵の侵攻を阻むための陣地などを構築する
必要がある。
これも国民生活の大きな負担となることは間違いない。

はたして、そこまで真剣に考えた上で、我々日本人は「専守防衛」を選択しているのだろうか。



目次
くわしくは、下にある「目次を見る」をクリックして、ご覧ください。

第一章 専守防衛と「平和憲法」
第二章 シビリアン・コントロールのない国
第三章 日本の防衛は隙だらけ
第四章 冷戦は終わっていない!
第五章 日米同盟は信用できるか
第六章 水際の防衛

著者について

清谷信一 きよたに・しんいち

1962年生まれ、東海大学工学部卒。ジャーナリスト、作家。2003~08年まで英国の軍事専門誌『ジェーンズ・ディフェンス・ウィークリー』日本特派員を務める。香港を拠点とするカナダの民間軍事研究機関Kanwa Information Center上級アドバイザー、日本ペンクラブ会員。欧州、中東、南アフリカなど豊富な海外取材とネットワークをベースにした防衛産業の分析には定評がある。
著書に、『防衛破綻──「ガラパゴス化」する自衛隊装備』(中公新書ラクレ)、『自衛隊、そして日本の非常識』(河出書房新社)、『弱者のための喧嘩術』(幻冬舎アウトロー文庫)、『こんな自衛隊に誰がした!―戦えない「軍隊」を徹底解剖』(廣済堂)、『不思議の国の自衛隊―─誰がための自衛隊なのか!?』KKベストセラーズ)、『ル・オタク―フランスおたく物語』(講談社文庫)、『軍事を知らずして平和を語るな 』(石破 茂氏との共著 KKベストセラーズ)、『アメリカの落日──「戦争と正義』の正体』(日下公人氏との共著 廣済堂)などがある。
公式ブログ:清谷防衛経済研究所 http://kiyotani.at.webry.info/


登録情報

  • 新書: 217ページ
  • 出版社: 祥伝社 (2010/2/27)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4396111959
  • ISBN-13: 978-4396111953
  • 発売日: 2010/2/27
  • 梱包サイズ: 17.4 x 11 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.4 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 620,509位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

7件のカスタマーレビュー

5つ星のうち3.4

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

7件中1 - 7件目のレビューを表示

2013年7月4日
形式: 新書Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2013年1月4日
形式: 新書
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
ベスト500レビュアーVINEメンバー
2010年6月5日
形式: 新書
23人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2010年4月30日
形式: 新書
12人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2010年8月15日
形式: 新書
9人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
VINEメンバー
2010年3月14日
形式: 新書
16人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2015年12月6日
形式: 新書
7人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告