Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 400
(税込)
ポイント : 84pt (21%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[藤崎竜]の封神演義 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)
Kindle App Ad

封神演義 1 (ジャンプコミックスDIGITAL) Kindle版

5つ星のうち 4.3 15件のカスタマーレビュー
[まとめ買い] 封神演義(ジャンプコミックスDIGITAL)の23の第1巻
その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 400
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 1

紙の本の長さ: 199ページ

【Kindle Unlimited】
月額¥980で、本・コミック・雑誌・洋書が、好きな時に好きなだけ読み放題。初回30日間無料体験 今すぐチェック
【Kindleコミック ストア】: コミックの人気タイトル、新着・ニューリリース、お買い得タイトルをチェック。 Kindleコミック ストア へ

【Kindleコミック試し読み増量対象商品】:こちらは、試し読み増量商品です。試し読みは商品詳細ページの「今すぐ無料サンプルを送信」をクリック。 その他の対象商品をチェックする。 ※シリーズタイトル全作品の無料サンプルがすべて増量されているとは限りません。※Amazon.co.jp は本キャンペーンを予告なく変更または終了する権利を保有します。



商品の説明

内容紹介

【カラーページを収録したデジタル特別編集版!】紀元前11世紀の中国、殷(いん)の時代末期。崑崙山脈(こんろんさんみゃく)の仙人・太公望(たいこうぼう)は、悪しき仙人・道士を封印する「封神計画」という任務を受ける! 殷の皇帝・紂王(ちゅうおう)を誘惑して暴虐の限りを尽くす仙女・妲己(だっき)を、太公望は真っ先に封神しようとするが…!?

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 44734 KB
  • 出版社: 集英社 (1996/11/1)
  • 販売: 株式会社集英社
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00H1D0M7U
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 15件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  •  画像に対するフィードバックを提供する、またはさらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
封神演義っていうのは三国志と同じ、中国に古代から伝わっている伝記のようなものです。その話を漫画にしたものです。それにこの作者がSF好きだということで、歴史とSFを合わせたわけです。
絵は超綺麗、文句なし。ギャグセンスもまあまあ。戦闘シーンもなかなか。登場人物は魅力的な人達ばかり。全23巻です。一巻だけでも読んでみては?
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
中国の神怪小説(および安能務氏の小説)「封神演義」を大胆アレンジ、SF、ファンタジー、ギャグ、バトル漫画要素をふんだんに取り入れた少年漫画として仕上がっています。
原作とはまったく別物といっていいのですが、もとの原作がたいがい荒唐無稽だし、さして面白くもない(失礼)小説だから、こういう大胆アレンジはむしろ大歓迎です。
それでいて、封神演義の少々わかりづらい世界設定を、説明的になりすぎない形でさりげなく解説しているのはさすが。
少年漫画らしく、主人公サイドにシンプルに感情移入できるようになっているのもマル。
このあたりのことは、漫画家さんがきちんと封神演義とその世界観をしっかり理解していてこそのことだと思います。
それは、安能務氏の小説だけでなく、他の関連書籍もきちんと読んでいるからだと思いますし、それを伺わせる描写もちょくちょく見受けられます。
これってごく当たり前のことのように思うのですが、三國志関連になると、この当たり前の作業をやらずに、原作小説やゲームの知識程度で小説なり漫画なり書いちゃってる作家や漫画家がけっこういるんですよね。
その点、この作品は好感が持てます。
登場人物のキャラ付けも面白いです。
これからどの人物がどんなキャラにされて登場するか、楽しみです。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
私は、藤崎竜先生のワークワークをジャンプで読んで封神演技を読み始めました。このマンガの存在を知って、まず原作を読んでみました。
そしてこのマンガを読んでみると原作では味わえないスリルや、オチなどもあり、最後のほうに「断崖絶壁今何処」などがあってとても楽しいです。  藤崎先生このマンガをかいてくれてありがとうございます。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2003/11/6
形式: コミック
講談社文庫から出版されている「封神演義(安能務訳)」をベースとした漫画です。
何年か前にはTVアニメにもなっていますね。
藤崎さんはSF系な話をよく描かれる漫画家で、「自我とは何か」「正義とは何か」という哲学的なテーマがどの作品の根本にも横たわっているように感じます。
(もちろん、ストーリー自体にはそれぞれ個性があって面白いです)
この作品も、いかにも中国古典的ないい意味での泥臭さがある安能版とは違い、かなりストーリーを発展させています。
原典が好きな方には正直馴染めない部分もあるかもしれません。
でもトーンワークの華麗な絵に、アホなギャグを放つ可愛いキャラクター、そしてよく考えられ練りこまれたスト-リーと、一度読み出したら最後まで離さない魅力がある!と思います。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2005/6/19
形式: コミック
藤崎竜先生の最高傑作(だと個人的に思っています)
バトル&ギャグ&シリアス&友情&感動&お色気なんでも有りの物語です。
主人公太公望が最初は怠け者でアホっぽい印象を与えるのですが、どんどん本領を発揮してカッコよくなっていくのが面白いです。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
私は原作をさきによんだのですが、藤崎氏独特のセンスで今の時代の人にも読みやすいようアレンジされています。娯楽作品としても楽しめます。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
「封神演義」は1996年から週刊少年ジャンプに連載された歴史ファンタジー漫画です。原作は安能務訳「封神演義」で安能氏の本もかなり脚色が極端なものでしたが、こちらは完全に少年漫画志向。舞台は古代中国、仙人、神、妖怪、人間が混在した時代、主人公、太公望の活躍(?)を描いてる。原作、もしくは古典を楽しんだ人は「何をふざけるな」と思うでしょうが、それはそれ。これはこれで、全くオリジナルなものとしてみれば良し。その第一巻。現代から三千年以上前の古代中国、殷王朝時代。邪心を持つ仙女・妲己に、皇帝・紂王が心を操られ国は乱れた。そんな人間界を救う為「封神計画」が始動した。その実行者として太公望が選ばれ…。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
久しぶりに読んだけど、やっぱおもろい。
続き読みたいなー(^o^)/
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover