中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: シミあり。 カバーに傷みあり。 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

封神演義―完全版 (10) (ジャンプ・コミックス) コミックス – 2005/11/4

5つ星のうち 4.8 4件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

登録情報

  • コミック: 225ページ
  • 出版社: 集英社 (2005/11/4)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4088737474
  • ISBN-13: 978-4088737478
  • 発売日: 2005/11/4
  • 商品パッケージの寸法: 21 x 14.6 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
さてさて、今回も表紙に一言…夕闇の中禁鞭をふりあげる聞仲……。9巻と合

わせるとにらみ合うかつての友って感じでなんとも……。これからこの二人の

話もありますしね〜。

ストーリーは趙公明との戦いです。スープーをまもるため、七色の虹龍に立ち

向かう太公望……。なんとも、少年漫画っぽい。この漫画は少年漫画としては

珍しいタイプなので、珍しい(?)かっこいい太公望がみれます。

それに……あの『国立アンニュイ学園』もあります!!

ひとつの試練を乗り越えひとつ成長する太公望の姿をしかとごらんあれ!

そして、動き出した金ごう列島……

まだまだ折り返し!物語は緊迫した仙界大戦へ……。

さてさて、今回の書き下ろしカラー扉絵は、趙公明の手下たち。

並べてみると、くどいキャラが多かったなあ、としみじみ思ったり。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
シリーズ中盤の巻。キンゴウ島の3強の一人、趙公明戦は、ここまで幾多の戦いが繰り広げられたこの「封神演義」の中でも、私にとって、最も感動的なシーンの多い戦いでした。趙公明の濃さにはびっくりしたけど(笑)。 真に怒り、趙公明に一騎打ちを挑んだ太公望の戦いっぷりとか、四不象に見せる表情が、ホントに良い!太公望はなんだかんだ言っても仲間思いですよね。 珍しく(失礼な)少年漫画王道(藤崎カラーも全開ですが)な展開は、ファンならずとも見応え充分でしょう。オススメです。 そして後半は、いよいよキンゴウ対昆ロンの全面対決!!十二仙も十天君も揃い踏み、今まで出てきたキャラが総登場の予感。 なんだか不吉な予感を漂わす天化も気になる、大戦の幕開けの巻。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
今回で趙公明との戦いに終止符が打たれます。
封神演義の中で一番少年漫画らしい部分が現れているのがこの趙公明戦なので、燃える戦いを求めている人ならこの巻は買いだと思います。
何よりも趙公明のキャラが素晴らしい!
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
個人的に大好きな趙公明戦がこの巻で終了。

彼の表面的な言動は思いっきり変人さんのソレなんですけど、

人格の深さを感じさせる描写もあり魅力的なキャラクターでした。

人質を取ったり四不象を殺害(死んでなかったけど)したりと、

やってる事は充分に非道なのにそれをあまり感じさせないのがうまいですね。

太公望が生きていたと知った時の彼の目の輝きといったら!

そもそも自分で殺したんじゃ…と突っ込む気も失せるほど嬉しそう(笑)。

こういう稀有なパーソナリティを持った敵をサクッと退場させてしまえるところに、作者の自信と余裕を感じますね。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告