中古品
¥ 479
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 全体的に目立つ傷無く良好な状態です●ページは書き込み無く良好な状態です。●カバーなどの外観は、中古のため使用感や擦れがあることがあります。●防水梱包【発送】ゆうメールで迅速に発送いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

対馬が危ない―対馬を席巻する韓国資本 (産経新聞社の本) 新書 – 2009/2

5つ星のうち 3.3 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
新書
"もう一度試してください。"
¥ 479
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

過疎化に付け込む韓国資本、大丈夫か日本の防衛。


登録情報

  • 新書: 228ページ
  • 出版社: 産経新聞出版 (2009/02)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4819110454
  • ISBN-13: 978-4819110457
  • 発売日: 2009/02
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 11 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.3 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 928,352位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 新書
 産経新聞の同名の特集連載が一冊にまとまったもの。
 日本がボヤボヤしているうちに、韓国によってまんまと対馬が乗っ取られようとしている有様を紹介している。
 1000年を余裕で超える長きに亙り、腐れ縁でシブシブ朝鮮人と付き合ってきた日本人が、いかに隣人のことを理解できていないかがとてもよくわかる一冊。
 とにもかくにも、日本の土地を「わが領土」と叫ぶのがライフワークになっている韓国人が、いつものチョッカイを出してきているのに産経新聞ぐらいしか取り上げず、あいもかわらず、東方礼儀の国などと称して韓国を持ち上げたがる日本のメディアはどうかしている。
コメント 36人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
内容的・今後どうすべきかに関しては、不満の残る部分もあるが、
(国会議員へのアンケート結果だけで80ページ以上割かれている 汗)
対馬問題のサマリーにはなっている。
ナショナリズムをかきたてられるのは確か。

一度対馬に自分の目で現状を確かめに行きたいと思いました。

日本人の活力の低下が結局はこの現状を生み出しているのでは。
国土の問題は経済合理性で動く問題では無く、魂の問題だと思う。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
グルメ観光全盛の折、壱岐に比べれば、観光的には見劣りしますが、対馬は面白いところですよ。変なホタルもいるし、ツシマヤマネコも見られちゃうかもしれない。

歴史散歩が趣味と言う人も、もちろんOK。対馬を扱った紀行文としては司馬遼太郎くらいしかないが、むしろ白石一郎の短編小説の方がオススメ。

思ってるよりも広いので、車がベストとは思いますが、土日祝は対馬バスのフリーパス(1000円)が使えます。

その気になれば、誰でも行けるというのに、一面で何日もキャンペーン張ったあげく、そう言われてみれば、どちらとも言えないと言う類のお気軽取材を、都会議員様のご意見とかで大幅に水増しして、本にまとめてしまったのだから、サンケイ新聞恐るべしである。

確かに韓国人観光客は急激に増えたが、例えば、関西人観光客と、どっちがマナーが悪いかと言うと、そりゃ人によるとしか、答えようがなかろう。

議員さんがパーティーなんかで配るのかしらね。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

関連商品を探す