¥3,300
通常配送無料 詳細
残り10点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
対象関係論を学ぶ―クライン派精神分析入門 がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


対象関係論を学ぶ―クライン派精神分析入門 (日本語) 単行本 – 1996/3/15

5つ星のうち4.7 5個の評価

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥3,300
¥3,300 ¥1,920
この商品の特別キャンペーン プライム会員限定 最大5%ポイント還元中。 1 件
  • プライム会員限定 最大5%ポイント還元中。
    プライム会員限定最大5%ポイント還元 まとめて買うと最大15%ポイント還元。 特設ページはこちら 販売元: Amazon.co.jp。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)


ブックマイレージカード
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • プライム会員限定最大5%ポイント還元 まとめて買うと最大15%ポイント還元。 特設ページはこちら 販売元: Amazon.co.jp。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)

よく一緒に購入されている商品

  • 対象関係論を学ぶ―クライン派精神分析入門
  • +
  • 改訂増補 私説 対象関係論的心理療法入門―精神分析的アプローチのすすめ
  • +
  • 精神分析体験:ビオンの宇宙―対象関係論を学ぶ立志編
総額: ¥9,900
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


無料で使えるブックカバー
好きなデザインを選んで取り付けよう! 詳しくはこちら。

商品の説明

内容紹介

精神分析を学ぶうえで重要なクライン派の理論をわかりやすく解説する。
「転移/逆転移」、「妄想」・「思考障害」、さらに「抑うつ」などの理解や対応などのヒントを与えてくれる。第 I 部は「心の中の世界と対象」を図・表で平易に解説。第 II 部は「対象と愛そして憎しみ」を臨床経験を織り交ぜながら記述する。

この入門書は本当に手際よくまとめられていて,魅力的な本である。 難点は,臨床との間に距離があることであった。臨床例のほとんどが夢分析を素材にしているだけに,実際のわれわれの臨床にインパク トを与えるまでには至らないのである。この点,本書,には臨床との戦いのなかで得た知識とその肉付けがあるだけに,臨床的身近さを感じさせるのである。それにつけても,クライン学派の理論と実践を学ぶには,フロイトはいうに及ばず,自我心理学,さらには自己心理学とは臨床素材の考え方にも扱い方にも異質なものがあるだけに,一度は古い着物を脱ぎ去って,装いを新たにしないとクライン理論を本当に理解することは難しいということを教えてくれるのも本書の特徴ではないかと思う。私は常々,クライン学派の理論と実践をフロイト理論の廷長線上で考えればそれでよいというものではないと思ってきたが,本書を読んでますますその感をつよくした。クライン理論はそれほどに斬新である。O・F・カンバーグの境界性人格構造以来,対象関係論が安易に流布している感があるが,真の対象関係論を覆い隠すものかも知れない。本書はそんな警告の書でもあるかの印象を与える。いずれにしても,この書によって日本の対象関係論に厚みが出たことは確かである。さらに本書は,『あとがき』に,私のスーパービジョンを受けているときにほしかった書を目指したとある。それだけに,ひとつの概念のそばには,必ず臨床的なvignetteがついていることは先述した通りである。最近の精神分析セミナーなどで,英国の対象関係論に人気が集まっていると聞く。私がロンドンにいたころも,同じ体験をもった。きっとこの傾向はしばらくは続くと思うが,そのなかで本書が出て来たことには時機を得た発刊であるといわねばならない。上の方から教えてあげるといった姿勢ではなく,求めるものを一緒に探そうという態度での文章であるだけに,これから精神分析を学ぼうとする若い人々には,きっと大きな刺激を与えるに違いない。多くの,とくに若い人たちに読んでもらいたい書である。(「推薦のことば」より牛島定信)

内容(「BOOK」データベースより)

本書は臨床との戦いのなかで得た知識とその肉付けがあるだけに、臨床的身近さを感じさせる。クライン学派の理論と実践を学ぶには、フロイトはいうに及ばず、自我心理学、さらには自己心理学とは臨床素材の考え方にも扱い方にも異質なものがあるだけに、一度は古い着物を脱ぎ去って、装いを新たにしないとクライン理論を本当に理解することは難しいということも教えてくれる。

内容(「MARC」データベースより)

メラニー・クラインに始まるクライン学派の理論と実践を要領良くまとめた入門書。名著「メラニー・クライン入門」の著者スィーガルの研究会のメンバーであった著者によって書かれている。

著者について

松木 邦裕(まつき くにひろ)
1975年 熊本大学医学部卒業
九州大学心療内科,福岡大学医学部精神科勤務を経て,
1985~87年 タヴィストック・クリニックに留学
1987~99年 医療法人恵愛会福間病院勤務
現 在 京都大学大学院教育学研究科教授
日本精神分析学会会長,日本精神分析協会正会員


出版社より


登録情報

  • 単行本: 153ページ
  • 出版社: 岩崎学術出版社 (1996/3/15)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4753396053
  • ISBN-13: 978-4753396054
  • 発売日: 1996/3/15
  • 商品の寸法: 21 x 14.8 x 2.5 cm
  • カスタマーレビュー: 5つ星のうち 4.7 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 23,304位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.7
評価の数 5
星5つ
73%
星4つ
27%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

5件のカスタマーレビュー

2019年10月21日
形式: 単行本Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2017年10月13日
形式: 単行本Amazonで購入
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2013年5月13日
形式: 単行本Amazonで購入
17人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2015年4月10日
形式: 単行本Amazonで購入
8人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2007年7月20日
形式: 単行本
24人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告