通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
対人関係療法でなおす 双極性障害 がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ※通常24時間以内に発送可能です。■午後4時までのご注文は通常当日出荷。■中古品ではございますが、良好なコンディションです。■万が一品質に不備があった場合は返金対応。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。ff2691_
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

対人関係療法でなおす 双極性障害 単行本(ソフトカバー) – 2010/7/9

5つ星のうち 3.7 27件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,620
¥ 1,620 ¥ 829

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 対人関係療法でなおす 双極性障害
  • +
  • 対人関係療法でなおす うつ病
  • +
  • 対人関係療法でなおす 気分変調性障害
総額: ¥4,860
ポイントの合計: 147pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

《対人関係療法でなおすシリーズ》の3冊目。「双極性障害」(=「躁うつ病」)
とは、気分の高揚とうつ状態とが繰り返し訪れる病気である。単極性のうつ病
と誤診されたためにうつがなかなか治らなかったり、病気ではなく性格の問題
だとされて、きちんとした治療を受けられずに何年も過ごしている患者さんも
多い。また、きちんと診断されても、これまでは薬物療法しか有効な治療法が
なかった。本書では、「対人関係」と「社会リズム」という、この病気を発症
させる二つの大きな要因に焦点を当てて、薬物療法以外に、自分自身でコント
ロール可能な方法を日本で初めて紹介する。

<目次>
はじめに
第Ⅰ部 双極性障害を患うということ  
第1章 双極性障害という病  
第2章 双極性障害と社会リズム
第Ⅱ部 対人関係・社会リズム療法(IPSRT)の進め方  
第3章 対人関係・社会リズム療法とは  
第4章 社会リズム療法  第5章 対人関係療法  
第6章 双極性障害対策チームを作る
本書の内容の理解を深めるための参考文献
あとがき

内容(「BOOK」データベースより)

対人関係のトラブルが絶えない…職場を転々としている…ああ、またやってしまったと落ち込むことがある…睡眠パターンが崩れると心身に不調をきたしやすい…もしかしたら、双極性障害(=躁うつ病)!?薬物療法以外に対処法がないと言われていたこの病気への、自分でできる新しい対処法。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 167ページ
  • 出版社: 創元社 (2010/7/9)
  • ISBN-10: 4422114638
  • ISBN-13: 978-4422114637
  • 発売日: 2010/7/9
  • 商品パッケージの寸法: 20.8 x 13.8 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 27件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 25,161位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
双極性障碍2型の診断を受けた患者です。

いろいろと勉強になること、参考になることを、書いてくださって、著者に感謝致します。

ただ、次の2点について、素朴な疑問を持ちました。

1.
著者は、患者さんの周りに家族や、助けてくれる医師や地域などが存在していることを前提に書いていらっしゃるという印象を持ちました。
家族がいない患者さんや、
3分診療のお忙しい主治医にかかっておられる患者さん、
精神障碍に無理解な職場でかろうじて働いている患者さん、などなどは、どうしたら良いのかなと、思いました。

2.
著者が、説明してくださっているような対人関係療法を始め、認知行動療法やその他の精神療法を、
私達患者は、いったい何処で受ければ良いのかなと思いました。

多くの患者が待つ精神科外来で、じっくり精神療法を受けることはまず無理です。

保険診療ではなく精神療法を受けようとすれば、一回のセッションでも、高額なお金を取られます。
著者のクリニックのHPでも、対人関係療法を受けるためには、長期に渡って高額なお金を支払わなければならないようです。

働けない患者さんも多い中、どうやって高額な
...続きを読む ›
コメント 80人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
双極性障害について、本人のみならず

周りで支えてる方向けにも書かれた本です。

非常に読みやすく書かれています。

しかし、肝心な内容になると「対人関係療法でなおす うつ病」を

読んでくださいと、姉妹書を読むように書かれているので

これ1冊では、詳細を理解することはできません。

更に、どのように治療するか?ということについても

詳しくは掲載されていません。

結論は、その人に合った社会リズムを守ること

と書いてあるだけです。

はっきり行ってしまえば、書店でさっと流し読めば十分だと思います。

期待していただけに、非常に残念な本です。
コメント 52人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
双極性障害に関する認識を深めるという点では、一読の価値はあると思います。
しかし、実際にこの療法を実施できるかというと、疑問が残ります。

患者、その家族、友人・隣人、会社関係など、すべてを巻き込んだ大掛かりな療法に思えます。
家族までは分からないでもありませんが、一人の人間のために社会や会社がそこまで協力できるものなのでしょうか。
確かに仰るとおりの活動を続けられるのであれば、効果は上がると思いますが。

患者が躁状態のときの行動や言動で、周りの人が傷つけられたとき、本にあるように、
「これは病気のせいで、本人のせいではない」
と、納得することは、本人も周りの人も大変な努力が必要だと思うのです。
お説はもっともなのですが、とても難しいと感じました。
もう少し検証結果をあげてあると説得力もあるのですが。

また、他の方が仰っているように、うつ状態の対応の記述はほとんどなく、他の自著を参照させるのはいただけません。
繰り返しになったとしても、本書で完結できるような構成にすべきだと思います。

方法論としては「有り」だと思いますが、「こういう方法も研究されている」程度で読まれたほうがよいと思います。
コメント 54人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ヤキソバ 殿堂入りレビュアー 投稿日 2010/7/27
形式: 単行本(ソフトカバー)
本書は現実的および具体的で、双極性障害そのものに対する、深い理解が得られます。
その治療の一環として「対人関係療法」の有効性が提唱されていますが、解説が具体的で分かり易いです。
本書は高度な専門性を有さないものの、双極性障害で悩んでおられる方と、その周辺の方が、高度な知識が得られます。

本書全体が、病気の本質をまず正しく理解するという姿勢に貫かれています。
治療法は、最新の知見が紹介され、治療法も正しく理解する必要性も強調されています。
その上で、バラエティの大きな双極性の症状に対して、長期に渡る治療法を、専門家とともに模索する事とされます。

双極性障害の治療に対する取り組みは、近年急速に充実の度を強めています。
そのため近年では、良好な状態の維持が行い易くなりましたが、本書の内容は、それをさらに強化します。

ただ、本書を執筆する側の知識のソースが、アメリカ一辺倒となっています。
北米、東アジア、欧州などの取り組みが、総合的に紹介されている訳ではありませんが、アメリカの取り組みが先進的であるのも確かです。

本書では、薬物療法の重要性は、非常に強調されていますが、具体的ではありません。
この具体的では無いところに、かえって価値を
...続きを読む ›
コメント 71人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー