通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
寺子屋グローバリゼーション―The Kumon W... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆◆◆少し、歪みがあります。カバーに使用感があります。他は問題ありません。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

寺子屋グローバリゼーション―The Kumon Way 単行本 – 2006/7/27

5つ星のうち 3.5 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,944
¥ 1,944 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 寺子屋グローバリゼーション―The Kumon Way
  • +
  • くもんのヒミツがわかる本 (eduコミユニケーションMOOK)
  • +
  • 公文式がわかる―なぜ、自分で考え、自分で学び、伸びていける子が育つのか?
総額: ¥3,996
ポイントの合計: 47pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

世界44の国と地域で取り入れられている公文式学習法。創始者のルーツや企業としての成り立ち、ビジネスのノウハウなどは、どうなっているのか。混迷する世界各地の教育現場で、日本の寺子屋から生まれた教育理念と教育システムが、どのように受け入れられ、その過程でどのように変化を遂げつつあるのかを、描く迫真のルポ。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

木下/玲子
ジャーナリスト。研究活動として、ジョンズ・ホプキンズ大学SAIS(ポール・ニッツァ高等国際問題研究大学院)ライシャワー・センター客員研究員(1993‐98)。アジア・リーダーシップ・フェロー・プログラム(国際交流基金・国際文化会館共催)2002年度フェロー。IWMF(国際女性メディア財団)理事(1995‐2005)を務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 245ページ
  • 出版社: 岩波書店 (2006/7/27)
  • ISBN-10: 4000240196
  • ISBN-13: 978-4000240192
  • 発売日: 2006/7/27
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.6 x 2.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 494,970位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
個人的にワークシートは好まない。
しかし、子どもたちが無心に、静かに公文式のワークシートを
こなしているのを見て、その魅力と謎、そして歴史が知りたくて
この本を購入した。

公文公(くもん とおる)さんという、まるでナゾナゾのような
お名前の創立者がご自分の子供のために始められた公文式メソッドで
あることをこの本を通じて初めて知った。

それが、日本中に広がり、形を少しずつ変えて世界中に広がっている。
「公文式」に対して、偏見がなくなった。

公文式だけが教育ではないけれど、このシステムで救われた子どもたち、
働き手たちもこの世の中、たくさんいるのだなと思った。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
公文に関係するか否かを問わず、
世界各国の教育の実態がある程度理解できる内容。
その意味ではよい本だと思う。

子供がいる家庭の親が読むと、
子供の教育に対するモチベーションがアップする内容になっていると思う。

創業者の公文公を手放しでホメちぎっていないところには好感が持てた。

一方、ビジネス書として、もっと公文の成功の秘密を探りたいと思っている人には
少々もの足りない内容だと思う。
自分も(勝手に)ビジネス書として捉えていたので
少々がっかりした。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告