数量:1
寺内貫太郎一家 DVD-BOX 1 がカートに入りました
通常配送無料(一部の商品・注文方法等を除く) 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【美品】【DVD4枚組】◆DVD4枚・BOXケース・取扱説明書・ディスクケース4個・チラシが出品のすべてです ◆盤面良好 キレイ 再生確認済み ◆BOXケース、ディスクケースは状態良好です ◆国内正規品 ◆レンタル落ちではありません ◆丁寧にクリーニングしました クリスタルパックで梱包してアマゾン倉庫で保管中です ご注文確定後『即日発送』されます
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

寺内貫太郎一家 DVD-BOX 1

5つ星のうち 4.4 13件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 16,416
価格: ¥ 12,697 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 3,719 (23%)
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:5¥ 11,980より 中古品の出品:18¥ 7,479より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 売れば売るほどお得なキャンペーン実施中。宅配買取もしくは出張買取を選択してAmazonアカウントを使用して簡単お申し込み。 買取サービスページをチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • 寺内貫太郎一家 DVD-BOX 1
  • +
  • 寺内貫太郎一家 BOX(3) [DVD]
総額: ¥28,568
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 小林亜星, 加藤治子, 悠木千帆, 梶芽衣子, 西城秀樹
  • 形式: Color
  • 言語: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.37:1
  • ディスク枚数: 4
  • 販売元: TCエンタテインメント
  • 発売日 2006/02/24
  • 時間: 600 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 13件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B0001X7WF2
  • EAN: 4947864907426
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 61,863位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容(「Oricon」データベースより)

平均視聴率31.3%という高視聴率を記録した人気ドラマ「寺内貫太郎一家」がDVD-BOXで登場。三代続く石屋“寺内石材店”を舞台に、カミナリ親父とその家族が織り成す日常を描いたドラマ作品。数々のシーンから社会現象や流行語も生まれた話題の作品。出演は小林亜星、加藤治子ほか。

レビュー





演出: 久世光彦 脚本: 向田邦子 タイトルデザイン・出演: 横尾忠則 音楽: 井上堯之/大野克夫 出演: 小林亜星/加藤治子/悠木千帆(樹木希林)/梶芽衣子/西城秀樹/浅田美代子/左とん平/由利徹/藤竜也/篠ひろ子/伴淳三郎
-- 内容(「CDジャーナル」データベースより)

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
私がちょうど小学校の時に放送されていたのを鮮明に覚えており、それが今回発売されて見ましたが、今にはない古き良き時代風景がよく表現されていると思います。家庭内の思いやり、親しき中にも礼儀ありということわざの意味するもの、など今ではなくりつつあったものがよく表現されていて、なつかしくもあり、自信が出てきますよ。

黒電話や、別棟になっている渡り廊下、ふすまやガラスの出入り口、毎朝の欠かさない神棚へのお祈りなど違った意味でも面白い作品ですよ!
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
当時私は小学6年生。水曜9時が来るのが楽しみでした。

なかでも、ばあちゃんの「ジュリ〜」のシーンが待ち遠しかったりして。ゲストでジュリーがでたこともありました。しかし劇中では ばあちゃんと「ニアミス」で終わったのよね。

当時人気絶頂の秀樹ファンの友人と必ず翌日の話題にしておりました。

オープニングの似顔絵も印象深かった。

とにかくおもしろかったんです!!
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
日常生活をとても楽しくまたしんみりさせたり家族てとてもいいな~と思わせるドラマです。前からもう一度見たいと思っていたのでDVDになったらとてもうれしいです。またあの懐かしいおばあちゃんや頑固おやじに会えるのを楽しみにしています。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
石屋の頑固親父を中心に面白おかしな家族と住人達のホームコメディ
毎回必ず展開される茶の間での乱闘シーンはホームドラマの代名詞といえる。
遊び心満載の脚本・演出(向田邦子に久世光彦、音楽に傷天コンビ、そして横尾忠則)
個性的な俳優陣(伴淳、由利徹、左とん平、樹木希林、これで面白くないわけがない)
基本はコメディでありながら、登場人物の誰もが自分に素直に、真剣に生き
他人とぶつかり、また互いを思いやる、家族の絆を強く考えさせられるドラマです。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
向田作品で記録に残っているもののうち、もっとも話数が多いものです。

続編にも面白さがありますが、この第一期のストーリーの完結さは、なかなか得難いものです。

石屋さんが幼い娘にけがをさせてハンディを背負わせてしまいました。この一事がどれほど大きい意味を持っていたか、当の石屋の心は他の誰にもわからない、という条件が話の核心にあります。

一気に観通しました。数日後、加藤治子氏の訃報に接しました。

素晴らしい作品を観せてもらいました。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
此のドラマに違和感を覚える時代に生まれなくて良かったと思います。
家庭とはこんな風に、粗野で繊細で切なく温かいものでしたよね。
70年代生まれの私も、大変に心が和みます。
寝る前に見ると、優しい気持ちで眠りに就けます。
小林亜星の大根役者振りも、反ってリアルで宜しい。

「ムー」「ムー一族」のDVD化も、心から希望致します!
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
 またひとつ、伝説のTVドラマが帰ってきた。中学1年の頃、私にとって、水曜日は毎週来るのが待ち遠しく、8時のNTVの石立鉄男主演による「雑居時代」から、9時からのTBSの今番組を観る時間帯が、何より至福のひとときだった。井上尭之と大野克夫(「傷だらけの天使」!、「太陽にほえろ」!)の軽快な音楽に、横尾忠則による、登場人物たちのサイケデリックな似絵のタイトル・デザインが、まず、今もって、印象深い。作曲家小林亜星の、見る者全てを納得させるその巨体から来る圧倒的な存在感、篠ひろ子(だったよね?)と藤竜也の、いかにも70年代を感じさせる「ガロ」風劇画的な恋愛関係、そして、一世を風靡した樹木希林の“ジュリぃ〜!!”まで、細部のストーリーより、個々のキャラクターが、何より強烈だったのを覚えている。あれから30年余り、懐かしい半面、あの時代のポップな笑いが、今観ても色褪せていないか興味深々。その昔、“ドラマのTBS”と呼ばれたTBSは、スタジオドラマに傑作が多いが、今作のDVD化を契機に、更に蔵出しを進めて欲しい。特に、真に極めつきの“伝説”のドラマ「お荷物小荷物」のDVD化を、切に望む!
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック