中古品
¥ 880
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆安心の返金保証付。年中無休で迅速発送◆表紙に微スレが確認できますが、紙面の状態は非常に良好です。 【検品担当者より】その他の状態は問題ありません。書き込み等ございましたら補償いたします。 ◆丁寧な検品、迅速な発送を心がけております。配送センターより毎日発送いたします。平日と土曜日にご自宅のポストへお届けいたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

寵妃ロクセラーナ 単行本 – 1998/4

5つ星のうち 3.0 4件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 880

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

16世紀中葉、英君シュレイマン大帝の治世に、オスマン帝国はその最盛期を迎え、三つの大陸にまたがる世界一の大帝国になった。これは女奴隷の身分からシュレイマン大帝の寵愛を受け、皇妃にまでのぼりつめた女、ロクセラーナをめぐる魅惑の一大ロマンである。

内容(「MARC」データベースより)

16世紀中葉、三つの大陸にまたがる世界一の大帝国となったオスマン帝国を舞台に、女奴隷の身分からシュレイマン大帝の寵愛を受け、皇妃にまで登りつめた女、ロクセラーナの謎をめぐる一大ロマン。


登録情報

  • 単行本: 279ページ
  • 出版社: 集英社 (1998/04)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4087831035
  • ISBN-13: 978-4087831030
  • 発売日: 1998/04
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.8 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.0 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 606,958位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 志村真幸 トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2004/12/20
形式: 単行本
 澁澤龍彦の妹であり、トルコ旅行記作家である著者が、小説に挑戦した一冊。
 16世紀、オスマン帝国の最盛期を築いたシュレイマン大帝。その妃であったフッレムを主人公に、宮廷内の策謀と権力争いを描き出している。フッレムはもともとウクライナ出身の女奴隷で、ロクセラーナとは「ロシア女」という意味の蔑称。
 紀行作家としては力量のある著者だが、小説家としてはまだまだ未熟。会話のぎこちなさ、人物造形の奥行きのなさなど、欠点が多い。紀行作家であるためか、ついついモスクや名所に詳しい説明を加えてしまったり、現在の様子を語ってしまうのはご愛敬か。
 肝心の物語もいまひとつ。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
題材は面白いのですが、物語としての面白みはあまりないかもしれません。内容はタイトルの一言ですんでしまうかと思います。

塩野七生『イタリア遺聞』(新潮文庫)所収、『奴隷から皇后になった女』とあわせて読むともう少し面白くなるかもしれません。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
オスマン・トルコ帝国の最盛期、三大大陸に渡る大帝国を築きあげた壮麗王シュレイマン大帝。
その寵愛を一身に集め、女奴隷から皇妃にまで登りつめた女フッレム(ロクセラーナ)をめぐる一大ロマン。
フッレムはシュレイマン大帝を操り、ライバル達を蹴落とした悪女としてのイメージが強いが、この小説の中では、心からシュレイマン大帝を愛し、子供たちを守るため必死に生きる良妻賢母的な描かれ方をしていている。
今まで持っていたイメージが全く覆されたが、話はとても面白かった。
シュレイマニエ・ジャミィやシェフザーデ・ジャミィなどを訪れる前に読んだら良いと思う。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
マンガを読んでいて、トルコの時代を知りたいと思購入しました。簡単に読める内容でした。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック