中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

寝ずの番 (角川文庫) 文庫 – 2006/2

5つ星のうち 4.3 18件のカスタマーレビュー

その他(5)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 2,611 ¥ 1
文庫, 2006/2
¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

中島らもの人情喜劇の傑作が映画化
上方落語界の重鎮、笑満亭橋鶴??今まさに臨終のとき。「師匠、何か心残りは?」と、弟子が聞くと橋鶴の口がもごもごと動いた。「そ、そそが見たい・・・」。果たして、そそ、とはなんのことか?

内容(「BOOK」データベースより)

上方落語界の重鎮、笑満亭橋鶴が、いままさに臨終のとき―。「師匠、何か心残りは?これはやっておきたかったということは?」と、弟子が聞くと橋鶴の口がもごもごと動いた。「そ、そ○が見たい」!!弟子たちはみな、呆気にとられ、その後、大騒動に。果たして「そ○」とは、いったい何のことなのか―?マキノ雅彦第一回監督作品原作ともなった、粋で泣かせる中島らもの傑作三部作。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 121ページ
  • 出版社: 角川書店 (2006/02)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4041863074
  • ISBN-13: 978-4041863077
  • 発売日: 2006/02
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 18件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 912,867位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
Kindle版は3部作のみです。内容紹介と違っているので騙された感があります。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 短篇の一つ「寝ずの番'V」
 落語家の弟子である「おれ」にとっての,師匠の妻である「志津子ねえさん」が死んだ。
 通夜に,かつて師匠と志津子ねえさんを争ったという老人が現れ,霊前での「歌合戦」が始まった。それが,卑猥な歌ばかり。例えば……

《夕べ父ちゃんと寝たときに
変なところにイモがある
父ちゃんこのイモ何のイモ
坊やよく聞けこのイモは
坊やつくった種イモさ》
《夕べ母ちゃんと寝たときに
変なところに穴がある
母ちゃんこの穴何の穴
坊やよく聞けこの穴は
坊や通したトンネルさ》

 能天気な短編集である。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2001/11/26
形式: 文庫
中島らもを知っている人も、知らない人も、この本を読めば、
中島らもさんのことを大好きになるはず。
とっても楽しくて、さらっと読める、
電車の中で呼んでいても思わず吹き出してしまいそうなくらいな
愉快な本でした。
ぜひたくさんの人に読んでもらいたいです。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 先の映画公開に合わせて、角川文庫からも同名の文庫版が出版されていますが、角川版が原作となった「寝ずの番」三篇のみを収録しているだけなのに対し、こちらはそれ以外の短編も収録された、乱調らも節全開の抱腹絶倒のお買い得版です。(中でもクローン人間の話は絶品!100年に1人の天才的な莫迦である中島らもの本領が遺憾なく発揮されています)
 表題作の噺家の面々のモデルは故・笑福亭松鶴師匠とそのお弟子さんたちらしいですが、まさに「おもろうて、やがて哀しき」という感じ。
 購入するなら、ぜひ、こちらをお勧めします
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
笑えておもしろいよ!と友人に勧めたら電車内で読んでしまったらしく、後悔していました。
思いっきり笑える場所で読んでください。
故・中島らも氏作の、小説です。
「寝ずの番」というタイトルにねずみの絵の表紙ってだけで、なんかもうノリが伝わるかな、って。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
中島らもの本を読んだのは、この短編集が初めてだけど、大ファンになった。
・・・と思ったら、作者はお亡くなりになっていたのか。悲しいなあ。
まず装丁のカッコ良さに惹かれてこの本を手に取ったのだが、内容も最高に良かった。
オチに至るまでの文章が楽しく読めるし、オチのつけ方も秀逸だ。
特に「仔羊ドリー」は、クローンを題材にしたよくある話かと思っていたら、最後の最後で笑かしてくれた。ユーモアのセンスが抜群!!
この小説には、手抜きと思われる箇所が無い。どこを読んでもダルくならない。
この作者の小説を、もっと読みたいと思わせてくれる作品です。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2002/2/3
形式: 文庫
冒頭の「昨日、師匠死んだ。」でストレートパンチをくらった。そこから始まる、落語家たちのハチャメチャ人間模様ぶりが、読者のくすぶった心をモリモリッとかき立ててくれる。ザラッと読んで、ゲラッと笑う、お気楽エッセイの決定版だと思う。
また、巻末解説の桂吉朝氏が、なお、面白い。
女性ファンの多い、らも氏だが、是非男性にお勧めしたい一品だ。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 biscoito 投稿日 2003/4/20
形式: 単行本
話言葉が多いのに、書き言葉とのズレが全くない。話自体が心地よいだけでなく、テンポも楽しめる。作品中に出てくる猥歌は、出自等も、書き添えて欲しかった。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
下ネタとかダメな人は読まない方がいいですよ。

ただ、いけるクチなら読むべきです!

笑い転げられます。

ちょっとホロってなる場面もあって素敵。

オススメです。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
中島らもの短編集。表題の短編は、落語家の師匠の死後の仲間の思い出話を描いたものだが、個人的にはそれ以外ののみ仲間の話や、小さいころの学級での思い出話も、「ああこんな話、あったなあ」と思わせるもので、面白く読めた。しかし、中島らも氏にガダラの豚のような読み応えのある長編を期待するのは私だけであろうか。短編集もいいのですけれどねえ。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー