+ ¥480 配送料
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、京都大垣書店オンライン が販売、発送します。
+ ¥247 配送料
コンディション: 中古商品: 非常に良い
コメント: 表紙にわずかなスレ、使用感が確認できますが紙面の状態は非常に良好です。稀に値札シールがついている場合がございますが、納品書の記載価格となります。丁寧な検品、迅速な発送でゆうメールにてお届けいたします。
この商品は1-Click注文できません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


寒雷日和―偽者同心捕物控 (時代小説文庫) 文庫 – 2010/2/1

5つ星のうち5.0 1個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
文庫
¥838
¥838 ¥1
お届け日: 8月7日 - 9日 詳細を見る
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

初夏の雷雨の中、一切の記憶をなくして発見された謎の男・愛宕権之助は、自分に瓜二つの見廻り同心・阿久津金吾と偽って、「偽者同心」として江戸の治安を護ってきた。だが自分が記憶を失った場所で、御用商人紀州屋の手代・茂吉の死体が見つかったことで事態は動き始める。奥羽へ行商に行った茂吉がなぜ江戸で殺されていたのか?公儀御庭番という茂吉の正体が判明した時、権之助の過去も明らかになる―。気鋭が書下ろす、連作時代長篇、佳境へと進む待望の第三弾。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

早見/俊
1961年4月、岐阜県岐阜市に生まれる。神奈川県横浜市在住。現在、時代小説を意欲的に執筆中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

カスタマーレビュー

5つ星のうち5.0
星5つ中の5
1 件のお客様によるグローバル評価
星5つ
100%
星4つ 0% (0%) 0%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%
Amazonは星評価をどのように計算しますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

2014年4月5日に日本でレビュー済み
Amazonで購入