通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
富士山大噴火! 不気味な5つの兆候 がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

富士山大噴火! 不気味な5つの兆候 単行本 – 2011/8/3

5つ星のうち 4.0 9件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,028
¥ 1,028 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 富士山大噴火! 不気味な5つの兆候
  • +
  • 富士山の噴火は始まっている!
  • +
  • 緊急警告 次に来る噴火・大地震 (青春新書プレイブックス)
総額: ¥3,050
ポイントの合計: 58pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

テレビ「たかじんのそこまで言って委員会」などでおなじみの海洋学者・地震学者・木村政昭さん。国際会議で「2011年に東日本大震災が起こる」という予測を発表していた学者です。その氏が「富士山の噴火の可能性」を警告しはじめています。氏の言う眠れる活火山・富士山が新たな活動期に入ったことを示す「予兆」とは何か? 富士山は、どのようなメカニズムで噴火し、どのような被害をもたらすのか? 今まで数々の噴火や地震を予測してきた著者の緊急書き下ろし!

内容(「BOOK」データベースより)

眠れる活火山―1707年以降、大噴火がないため、富士山はこのように呼ばれてきた。しかし、新たな活動期に入ったことを示す「予兆」が頻出。すでに、いつ噴火してもおかしくない状況となっている。富士山は、どのようなメカニズムで噴火するのか。そして、富士山が噴火するとどのような被害をもたらすのか。数々の噴火を予測してきた気鋭の海洋地震学者が「未経験の大災害」への警告を発する。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 191ページ
  • 出版社: 宝島社 (2011/8/3)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4796683771
  • ISBN-13: 978-4796683777
  • 発売日: 2011/8/3
  • 商品パッケージの寸法: 17.6 x 11.8 x 1.7 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 9件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 493,590位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
木村政昭さんの名前を聞くのは、かれこれ10年以上も前のことだったか。当時を思い出すと、久米宏のニュースステーションに出ていのが印象に残る。的確な解説は、当時話題になっていたはず。だが、第一線から姿がなくなって久しい。なぜか。それは学会というものがそうさせたのだろう。
だが、当時から一貫している地震に対する地質学と海洋学の統合評価はゆるぎないものと思うのは私だけではないであろう。
さて、本はこう言っているように思われて仕方がない。
忘れたころでは、もう遅いのだ、と。
東北大震災を予知しえたその揺るぎのない「地震の目」による分析は、火山の「噴火の目」という評価を導入しえた。富士山はまもなく噴火する。みな備えを怠らないようにする必要を感じてほしい。
著者の人を思う、揺るぎのない「心の目」は、訴えている。一刻も早く本を読んでほしい、と。
コメント 39人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
昨日購入し、読みました。
東日本大震災と続く、原発事故。その後の政治・経済・社会の動きから、あんな大災害を体験していながら、少しも変革や成長の奇禍としてとらえられない国民態度に腹ただしい思いです。
木村教授の旺盛な好奇心と的確な研究と成果は、実に下らない学会内のイデオロギー抗争や原発利権優先の行政・産業界の思惑から黙殺されています。
今後、何度かの災害が関東地方を中心に起ころうとも、悲惨な結果に、ただ涙を流して受け止めるだけのことを繰り返すのだと思います。すでに関東地方は放射能物質の降下により汚染されているのに、「由らしむべし知らしむべからず 」という、行政・政治の正しい情報は混乱の元という判断や態度に、なにも感じない国民の将来を危ぶみます。もっとも、度重なる自然災害に打ち勝ってきたのであるから、これからも柔軟に対応できるとは思いますが、理論的で現実的な研究成果を自らの力で探し、備えることが被害を最小にすることだと思いました。無邪気な学会の抗争からくるカビのはえた成果、産業と行政・政治の利益優先主義、ただ扇情的なだけのメディアの空虚な動向に振り回されないことです。
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
木村政昭さんの面白そうな本を書店で見つけたので,久しぶりに購入してみた.
先生は若い頃から学会の異端児である.著書は十冊以上は拝読しているが,いずれもとても読みやすい.いつか読んだ学術論文もこの文体に近いから面白い.木村節なのだろう.

初めて著者の本を読んだときは,ここまで言って良いのかと思うほど率直に言いすぎる,自慢が多い,出しゃばりだと思って,話半分に読んでいた.しかし本を複数読むうちに,著者のように率直に国民に語る第一線の研究者は貴重だと思い始めた.今思えばアウトリーチの草分けだ.そんなころに,高校の先輩と知ってから評価は変わった.

この本でも,前半は地震予知に関する独創的な木村説が展開されている.私にとってはおさらいのようで,しだいに思い出してきた.驚いたのは,今回の3.11地震をある程度,予測していたことだ.発生場所はほぼぴったりだ.私はこの本でそのことを初めて知った.

後半は富士山の噴火についての予測である.最新のデータも取り込んでいる.富士山研究の第一人者である小山真人教授などの研究成果に基づく噴火史から紐解き,噴火災害を予測している.とくに火山災害に対する被害想定や防災の心得は為にになる.火山災害を経験した人は少ないし,正しい知識を持つ人も少ないだろう.

東海地震や南海
...続きを読む ›
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
内容を簡単に
(1)地震と火山噴火の関係・プレート理論について
(2)富士山、その他の火山での予知について
(3)現在の富士山での噴火の予兆
(4)富士山が噴火したらどうなるか?防護策は。
といった感じです。

NHKの番組「メガクエイク」シリーズを見ていましたので
内容はよく理解できました。(見ていなくてもわかりやすい平易な文章です)
いちいち腑に落ちました。
一つ「あれ?」と思ったのは
この先生は「東海地震は、しばらく起こらない」と予見していること。
なんでも、東海地方での今までの中小規模の地震で地殻のストレスが解消されているからだそうです。
そう言われると「なるほど・・・理論的には納得できるなぁ」ですね。

富士山周辺で、地温の上昇や五湖の水位の変化、道路の亀裂(山体膨張による?)が起きているということ、周辺での地震との関係から噴火は近いと予見されています。
怖いですねー。
気をつけようと思いました。風下の関東地方の方々には、ぜひ一度読んでいただきたい本です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック