通常配送無料 詳細
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
富士山、2200年の秘密 なぜ日本最大の霊山は古事... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆帯あり。◆ページは良好な状態です。◆カバーなどの外観は中古品のため多少の使用感や擦れ、細かな傷等がございますが良好です。◆アルコール消毒後に迅速な発送をいたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

富士山、2200年の秘密 なぜ日本最大の霊山は古事記に無視されたのか 単行本 – 2014/10/2

5つ星のうち 4.3 18件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,620
¥ 1,620 ¥ 1,043

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 富士山、2200年の秘密 なぜ日本最大の霊山は古事記に無視されたのか
  • +
  • ツクヨミ 秘された神 (河出文庫)
  • +
  • 諏訪の神: 封印された縄文の血祭り
総額: ¥4,342
ポイントの合計: 133pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

風水で解けた謎の関東王国、徐福が目指した蓬莱山
武蔵国一宮氷川神社とスサノオ、聖徳太子と藤原一族

点が線で結ばれるとき古代史最大の謎が解ける!


世界遺産に登録されたことで注目度がさらにあがった富士山。
昔から霊峰として崇められていたこの山だが、日本最古の歴史書である『記紀』にはなぜかまったく触れられていない。
それはなぜなのか? 富士山には何か特別な秘密が隠されているのではないのか?
富士山の歴史を紐解き、そして風水から読み解くことによって、意外な事実が浮かび上がってくる。
そこには古代日本の成立と深くかかわる伝説の人物がカギを握る人物として現れ、
謎の5世紀といわれる古代関東の王国にまで話は繋がっていく。
富士山の秘密を解くことで、日本神話の神々が登場する日本建国の謎にまで迫ることになっていく。


「ヤマト朝廷には、富士山に触れてはならない重大な理由があった!
──それが私の到達した解答です。そしてそれ以外にこの謎を説明することは不可能でしょう。
(中略)『富士山の秘密』を探る手掛かりは各地の神社を始め、伝承にも文献にも実は秘められています。
本書ではそれらを順次繙いて行くつもりです。」(本書「はじめに」より)

内容(「BOOK」データベースより)

風水で解けた謎の関東王国、徐福が目指した蓬莱山、武蔵国一宮氷川神社とスサノオ、聖徳太子と藤原一族。点が線で結ばれるとき、古代史最大の謎が解ける。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 288ページ
  • 出版社: かざひの文庫 (2014/10/2)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4884698207
  • ISBN-13: 978-4884698201
  • 発売日: 2014/10/2
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 13 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 18件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 244,328位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
富士山は日本人だけならず世界中に愛される「美しく」「神々しい」山なのに、秘密がいっぱい。

世界文化遺産に認定されて関連本は数多く、雑誌の特集もいっぱいなのに、いざ、その「文化」の根っこにある秘密を追いかけようとすると、なんだか良くわからない。

コノハナサクヤヒメの神像図画や、人穴の不気味な潜入写真、あるいは都内に残る富士塚の「今むかし」なんかを並べられて、お茶を濁されるのが関の山。

この『2200年の秘密』は、その秘密へと果敢に挑んだ驚愕の暴露本だ!

知る人ぞ知る富士山龍脈パワーを大昔から日本人が「風水」で取り込んだ歩みを丹念に解明されると、「東京スゴクねぇか!」と感動しつつ、バラバラだった謎をつなぐ糸が見えてくるから面白い。

江戸古地図の渦巻き紋様
山の手高級住宅地のお不動様
恵方に傾く天心十字線
全国を東西分割する龍脈のへそ
黒駒に乗る日本のメシアとかぐや姫
富士見景勝地なのに伊勢神宮は目隠し状態
テンポ良く探索される前半の謎解きは、消された「富士王国」につながっていく、、、。

さあ、その謎と禁忌のベールの向こうには?
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
久々に一気読みです。
ジャンルとしては、歴史ミステリーといっていいのでしょうか。
ミステリーなので、詳細について、ここで書くことはできません。

霊峰「富士山」が、『古事記』にも『日本書紀』にも、一度も登場しないということを、
この本を読むまで知りませんでした。
万葉集には謳われているので、当然、当たり前に出ているものとばかり思っていました。
ところが、「不二山」「不尽山」「福慈山」など、他の字でも、一切出ていないというのです。

富士山が、今のような美しい山容になったのは、約1万年前。
日本人の心のよりどころともいえる富士山が、日本最古の史書といわれている
『古事記』にも『日本書紀』にも出ていないのは、不思議です。

富士山は、知る人ぞ知る、龍神に守られた山です。

その龍神信仰から、風水に計算され尽くした江戸のまち。
天海僧正と明智光秀の関わり。
古神道の話。エピソードは、数知れず、わかりやすくふれながら、
謎へと迫っていきます。

かって、『隠された十字架』などで、聖徳太子の謎にも興味があったので、
太子が、富士山に駆け登り、この地では、太子信仰もあると書かれ、
...続きを読む ›
1 コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
とにかく戸矢氏の本は面白い。
神社の由緒や伝承をきちんとつかって何故その説なのかということをきちんと裏付けしてくれるので気持ちがいい。
古代史の謎に包まれた氷川神社に祀られているスサノオの本当の姿とは!?
熊野とスサノオと徐福の関係、さらにはフツとの関係。
読んでいてわくわくが止まらない。
そして、戸矢氏が日本語の発音を重視して、古代を読み解いていくのがとても清々しい。
埋もれてしまった古代史を掘り起こし、読んでいる人の魂を揺さぶる本です!
神様の名前や神社に詳しくない人でも、ゆっくり読めば必ず理解位で着ると思います。
超オススメです!

この本で、徐福とスサノオとの関係が結びついたところで思い出したのが、富士山麓の明見湖の近くにある徐福の墓とよばれている古墳。
そこには、アラハバキも祀られている。
氷川神社の門客神社にもアラハバキが祀られている。
スサノオとアラハバキの関係は次の著書で暴かれるのか!?期待が膨らむ。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 『古事記』(712年)と『日本書紀』(720年)という日本最古の史書の中に、なぜか日本のシンボルとも言うべき富士山が一切記述されてない。
 『万葉集』のなかには「富士山」を題材にした多くの歌もあるとゆうのに、これは非常に不自然であり、なにか深い理由があるはずだ!と、著者がその不思議を解き明かそうとしたのが本書のテーマである。
 著者の仮説として解き明かされたのが、下記の・・・内に転載しましたので参考にしてください。
 ・・・「公式の史書に初めて「富士山」が登場するのは『続日本紀』(797年成立)の天應元年の条です。
 『日本書紀』成立(720年)から77年も経っています。
 つまり、「富士山の禁忌」が解消されたということになります。
 この間に何があったのか、真相を知るには、それも大きな手掛かりです」
 さて、それでは、その答えをここで明らかにしましょう。
 『日本書紀』は、時の最高権力者であった藤原不比等の管轄にありました。
 すでに完成していた『古事記』は、なぜか宮中に秘匿されていて公表されなかったので、これも不比等の権限によっていかようにもでも、“管理”できます。
 皇位に就く皇族を誰にするかさえも決める権限を有していたくらいですから、「文書」の内容を左右するのは容易なこと
...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー