中古品
¥ 199
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【帯なし】中古品のため多少のヤケ、使用感等がございますが、本文及び中身は、概ね良好で、中古本としては、普通の状態です。一通りの検品で、書き込み、線引き等はございませんでした。ご購入後 発見された場合 軽微な書き込みや線引き等の場合はご容赦ください。☆カバーなどの外観は、中古のため使用感や小さな破れ、擦れ、ヨレ、細かな傷がある場合がございます。 ご承知の上でお買い求めださい。 記載のない場合は 原則 付属品等は付かないものとお考えください。☆状態説明に錯誤、瑕疵等ある場合は返品返金等 誠意をもって 柔軟に対応させて頂きますので安心してお買い求め下さい。(メールを入れて頂ければ 大至急対応させていただきますので、評価の前にご一報よろしくお願い致します)☆御注文確定後 ゆーメールにて迅速に発送させていただきます
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

富の未来 上巻 単行本 – 2006/6/8

5つ星のうち 4.3 29件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,995 ¥ 198
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

メディア掲載レビューほか

富の未来
世界的ベストセラー『第三の波』の著者として知られるアルビン・トフラー博士と夫人による最新刊。経済学、社会学、科学、さらには哲学をも網羅した知識と研究によって、現在地球規模で進行している重大な変化を読み取っていく。

今回のテーマは「富の歴史的、革命的な変化」だ。人類が生活基盤として作り上げた富の創出、配分、循環、消費、蓄積、投資に関わる“常識”が、劇的に変わり始めていると論じる。その変化は産業革命に匹敵する衝撃であり、我々に新しい生活様式と文明をもたらすと言う。起爆剤となるのは「知識」だ。「知識資本主義」についての研究は各方面で盛んだが、著者はそれらは断片的だと論じ、より深遠部分で起きている変化に目を向けよと言う。

例として、IT(情報技術)の発達により「土地、労働、資本、サービスなど市場セクターの事実上すべてで、もう1つの市場が仮想空間に生まれている」と解説。一方で「生産消費経済」という概念を示す。金銭を介さないボランティアや自己完結型の日常の行為、無給労働などが、科学技術の進歩に伴って、実は金銭経済と同等以上の規模に膨らんでいくのだと言う。これによって全く新しい市場が次々と開かれ、古い市場は消えていくと論じている。


(日経ビジネス 2006/07/10 Copyright©2001 日経BP企画..All rights reserved.)
-- 日経BP企画

内容紹介

21世紀の富はどこから生み出されるのか?その規模とスピードで産業革命をはるかに上回る劇的な変革が世界全体で始まっている。『第三の波』『パワーシフト』に続くトフラー15年ぶりの大作!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 438ページ
  • 出版社: 講談社 (2006/6/8)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062134527
  • ISBN-13: 978-4062134521
  • 発売日: 2006/6/8
  • 商品パッケージの寸法: 19.5 x 14 x 3.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 29件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 52,305位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 mini1 投稿日 2007/3/13
形式: 単行本
 

NHKで放映されていた「未来への提言」を見て興味を持ち読みました。で、一言、「すごい・・・」。

フリードマンの「フラット化する世界」が「今、世界で何が起こっているか?」を論じた本であるのに対し、

本書は「これまでに何が起きて、これからどうなるか?」を、とてつもなく長い時間軸で論じています。

つまり、時間的な切り口が違うという意味で、「フラット化する〜」とは対照的な本だと感じました。

通常、日本人が書いた「○○年後の日本」みたいな未来予想本は、現在の経済・社会状況のみを基準に書かれていますが、

本書ではもうひとつ「科学の幾何級数的な進化」を大きな要因として取り上げ未来を考察しています。

これは非常に大きなポイントだと思われます。

トフラー氏は、コンピュータとITの進化の著しい現在は、農業革命、工業革命に続く、人類史上3回目の革命期にあると述べています。

現在、私達が生きている時代がとてつもなく大きな変革期にあるということを、人類の歴史を通した大きな流れの中で示してくれる大変貴重な書であると思いました。

「フラット化する世界」とともに素晴らしい!是非、両者をお読みください!!
コメント 40人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 I am that I am. トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2006/7/6
形式: 単行本
世の中の変化について著した書籍は沢山ありますが、
本書ほど本質を突いたものは稀有だと思います。

富の変化を知識・時間・空間軸で深くとらえています。

まず、知識については様々なメディアやITで情報が氾濫しているとしたうえで、
人はそれらをなぜ信じるのか、という真実の基準を知ることが大事だと述べています。
人は「常識」「一貫性」「権威」「啓示」「時の試練」「自然科学」の
どれか(複数)を競合した基準として使っているとしたうえで、
「自然科学」以外の基準は自分で進化する力を有しないので、十分に注意する必要があるといっています。
日本に当てはめると、学生の科学技術離れが叫ばれていますが、
そのうち興味の問題だとはいっていられなくなるのでしょう。

次に、時間については、時間軸における様々な非同期化による摩擦が大きな問題だといっています。
企業、社会団体、家族、労働組合、官僚機構、公教育制度、世界的統治機関、政治構造、法律
の順にスピードが遅くなっており、それを同じ速度にすべきだといっています。
日本に当てはめてみると、まあ同じ構図なのでしょうね。

更に、空間については、世界で富を得られる空間は流動的であり、
...続きを読む ›
コメント 56人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
「フラット化する〜」を読んだ後、もう一冊くらい読みたくなり書店で積まれていた

本書を購入しました。

科学や労働、教育など多岐にわたる分野の展望について展開されており、

読んだそのときは「なるほど!!」と思うのですが、スケールが大きすぎたせいか

自分なりに咀嚼することができませんでした。

ただ一点記憶に残った言葉は「生産消費者」です。

生産消費とは、例えば好きでクッキーを焼いて配ったり、

年老いた両親を家族で世話することが挙げられています(他にもありますが)。

これら非金銭的経済活動がなければ、その活動にかかる費用は

莫大なものになると筆者は言います。

自分なりに考えると、例えばamazonのレビュアーやasku、価格.com等の書き込みから、

日々かなりのアドバイスをもらっています。

検索は自力ですが無償のコンサルです。

これらレビューや書き込みがされる理由は何でしょうか?

また無償で子供をしつけたり、フリーウェアを作成したり、

災害地域でボランティアをする
...続きを読む ›
コメント 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
トフラーの久々の大作ということで、大いに期待していました。

新しい富の概念の探索と、経済的基礎の深部をシフトさせる

おおきな要因、時間、同期化、空間の拡大、知識の蓄積と

過去の知識の無効化など、世界中でばらばらで起こっている出来事

を、歴史の大きな流れの変節点として把握し、新しい世界の体制を

分析しています。

具体的な事例や実例、文献の引用も豊富ですが、壮大なテーマ

のなせる業なのか、ちょっと、抽象的で私には理解しづらい

点もたくさんありました。

でも、巨視的分析手法や分類手法、比喩、金銭経済対非金銭経済

などの斬新な切り口は、時代のうねりを理解するのに、おおいに

知的好奇心を駆り立てられました。

上巻だけでは、本当の「富」が、いまいちよくわかりません。

また、翻訳に、若干違和感を覚える箇所もありましたが、

内容に大きなマイナス点ではありません。

読み応えのある、硬派な未来予測書です。
コメント 27人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー