寄生獣 DVD 通常版 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 2,580
通常配送無料 詳細
発売元: ClockWorks Store
カートに入れる
¥ 2,700
通常配送無料 詳細
発売元: SK bland
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

寄生獣 DVD 通常版

5つ星のうち 2.8 39件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 4,104
価格: ¥ 2,577 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,527 (37%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、オープントレードが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:9¥ 2,577より 中古品の出品:19¥ 393より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 寄生獣 DVD 通常版
  • +
  • 寄生獣 完結編 DVD 通常版
  • +
  • 映画 ビリギャル DVD スタンダード・エディション
総額: ¥8,449
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 染谷将太, 深津絵里, 阿部サダヲ, 橋本 愛, 東出昌大
  • 監督: 山崎 貴
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 東宝
  • 発売日 2015/04/29
  • 時間: 109 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.8 39件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00SYMU7DQ
  • JAN: 4988104096463
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 30,410位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

日常は、ある日とつぜん、食べられた。
全世界待望! 伝説の大傑作マンガ『寄生獣』完全映画化! !
日本最高のスタッフと超豪華キャスト陣による衝撃作品が遂にBlu-ray&DVD発売! !
衝撃と感動の二部作。『寄生獣 完結編』4月25日(土)公開。

★『寄生獣 完結編』公開時期に絶好のタイミングでリリース! !
★約20年の時を経て、伝説の大傑作マンガが遂に実写映画化!
★監督・VFXは、2013年公開実写映画NO.1ヒット作『永遠の0』の山崎 貴監督!
★日本最高の技術を持つ超一流の職人達と超豪華キャスト陣が集結! !

【収録内容】
(本編ディスク)
DVD/カラー/片面2層/シネマスコープ/本編109分+特典/2014年/日本
音声)1)ドルビーデジタル 5.1ch 2)ドルビーデジタル 2.0ch
字幕)1)日本語字幕

【映像特典】
(本編ディスク)
■予告編集
・特報
・予告
・TVスポット
■本編オーディオコメンタリー(山崎 貴監督ほか製作スタッフ)
■「寄生獣 完結編」スペシャル映像冒頭7分


【ストーリー】
普通の高校生・泉新一は、未知の生物に右手を食われた。地球の生態系に突然現れたこの生物は通称・パラサイト、なんと人間を食料とする新種の寄生生物~人間の脳を食い、その人間の身体に寄生する知的生物~だった。
新一を襲ったパラサイトは、脳を奪うのに失敗し、右手に寄生してしまった。動揺する新一をよそに、右手は人間の言語や文化を学び、自らをミギーと名乗り、新一に共同生活を持ちかけてきた。
お互いが生き続けるためには、他に選択肢はない。勘の鋭い同級生・村野里美に怪しまれながらも、なんとかいつも通りの日常を過ごそうとする新一。しかし、教師として赴任してきたパラサイト・田宮良子にその正体を見破られてしまう。
街中に潜み人間を喰らうパラサイト達との戦いを余儀なくされた新一とミギー。パラサイト達が一大ネットワークを形成しつつある中、 人間達もパラサイトへの反撃を始めようとしていた。地球に生存を許される種は、人間か?パラサイトか?


【キャスト】
染谷将太 深津絵里 阿部サダヲ
橋本 愛 東出昌大 岩井秀人 山中 崇 オクイシュージ 池内万作 豊原功補
大森南朋 北村一輝 余 貴美子 國村 隼 浅野忠信

【スタッフ】
監督:原作:岩明 均「寄生獣」(講談社刊) 脚本:古沢良太/山崎 貴 音楽:佐藤直紀 監督・VFX:山崎 貴
(C)2014映画「寄生獣」製作委員会
発売元:講談社/バップ 販売元:東宝

※商品仕様・デザインは予告なく変更になる場合がございます。

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

岩明均の大ヒットコミックを『永遠の0』の山崎貴監督が実写映画化。普通の高校生・泉新一は人間を捕食する新種の寄生生物(パラサイト)に突如襲われた。新一の脳を奪うことに失敗したパラサイトは、右手に寄生してしまい…。主演は染谷将太。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

お母さんのくだりの雑な事。ひどすぎ。
ダイジェストだと言われても何じゃこりゃと思うよ。
CGは頑張ったんでしょうけど、ミギーだけ滑らかに話すってのも違和感。
アウトサイドストーリーを思い切って作っていただいた方が満足できる作品が多分できたでしょう。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
仕方ないことだけど、よく作られる漫画やアニメの実写作品って、とてつもなくダイジェスト感があるよね。

映画の上映時間にあわせて上手く短くできないってことは、それだけ原作の完成度が高いって言いたいけど、実は少し違うと思う。

だって「漫画の映画化」なんだから、原作の出来うんぬんは別の問題で「原作は基準」として捉えるべきなんじゃないかと思う。

だとすれば、単にダイジェスト感が否めないのは映画自体の問題だろう。これほど明確な作品をして、その魅力を十分に表現できないのなら、それは「映画化が下手」なだけだ。

べつにこの作品が取り分け酷いとも思わないが(他作品と比べて)もうこうしたダイジェスト作品を見慣れてきた感があること自体が悲しい。

どうやら必要な部分を厚くして、不要な部分を切り捨てるという段階で、下手に原作を意識しすぎるとこうなるきらいがあるように思う。

原作を単に「再現」してほしいんじゃなくて、実写という手法で「表現」してほしいと期待しているんだけどなぁ。
コメント 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
漫画を実写化した映画って、原作を読んでないとさっぱりわからない場合が多いけど、これはテーマがそれなりにわかるので良作だと思う。

映画における無駄にCGを使って技術自慢をしているのが大嫌いだが、本作のCGは必然性があるのでよかった。続編も観ようと思えるレベル。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
もう随分前に友人が寄生獣って漫画が面白い!と、言っていたのを覚えています。
寄生獣の知識はその程度で鑑賞しました、結果は☆5です。
ヘタレの主人公が強くなっていく過程。
ミギーの可愛らしいさ。
平凡な日常が壊される恐怖。
等々、人間を捕食する寄生生物が人間社会に隠れ潜むというアイデアから起こり得るシチュエーションが丁寧に描かれていたと思う。
主人公も最初はオドオドし過ぎているが物語り後半は自分の戦いという覚悟が見え隠れしたり、ミギーと主人公の共生という立場からクラスメイトに紛れた寄生獣を殺す際に別れの言葉を言ったりと深みのある人物なのも良かったです。
また、細かい事かもしれませんが続編への引きもありますが主人公の想いは一旦果たしたところまではこの映画で描いてるのでキリがよく、完結編も気になりますが期待しつつも安くなるまで穏やかに待てそうです(笑)。

ショッキングなシーンも多かったですが最後まで集中して楽しめました、完結編も楽しみです。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
・・・正直どうしても評価は厳しくなってしまう。
二部構成とは言え、この一部でも結構な部分をカットしており、何とかその中で映画作品としての
オリジナリティを出そうとしてるのは理解できる。今の時代っぽい演出も上手くスィングしている部分は
好感が持てるが、あの妙に人間臭いミギーの声、出来栄えに不満の残るCG、R指定を逃れたかった
のだろうが、妙に抑えた残虐描写など、積み重ねる事でテーマの重みを増す筈の演出が結構
削がれてしまっているのが痛い。

今までこうした名作漫画を映画化してきた結果、死屍累々が築かれてきた無残な現実を顧みれば、
まあ何とかやっている方ではあるとは思う。が、映画の中「面白い」「おっ!」と思う部分は殆ど
そのまま原作の凄さだし・・・う~ん、どうしても厳しくなってしまうなぁ。
だから、原作を全く読んだことが無い観客にとっては「結構面白い映画」にはなっているかも
知れないけどね。
原作を知っている人の評価が厳しいのは仕方がない。個人的にも表題通りの感想になってしまう。

それより何より、もういい加減こうした安易な制作態度を日本映画界はやめるべき。
100点の原作で60点取るよりも、オリジナルのSF作品で80点取るための気概と努力を
真剣に持たないと、本当にロクなものが作れなくなってしまうと思う。
コメント 47人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー