寄生獣 Blu-ray 豪華版 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 5,218
通常配送無料 詳細
発売元: スピード配送IN丁寧通販屋{24時間年中無休でスピード出荷します}
カートに入れる
¥ 5,218
通常配送無料 詳細
発売元: エスアンドエスコーポレーション
カートに入れる
¥ 5,245
通常配送無料 詳細
発売元: Amazon.co.jp
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

寄生獣 Blu-ray 豪華版

5つ星のうち 3.4 18件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 7,236
価格: ¥ 5,218 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 2,018 (28%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、東京書籍販売 足立ネット通販部門【出品コメントをご確認下さい】【各種お支払い方法対応!】が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:18¥ 4,150より 中古品の出品:10¥ 1,980より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 寄生獣 Blu-ray 豪華版
  • +
  • 寄生獣 完結編 Blu-ray 豪華版
  • +
  • 映画 ビリギャル Blu-ray プレミアム・エディション
総額: ¥15,098
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 染谷将太, 深津絵里, 阿部サダヲ, 橋本 愛, 東出昌大
  • 監督: 山崎 貴
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • リージョンコード: リージョンフリー(全世界共通)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 2
  • 販売元: 東宝
  • 発売日 2015/04/29
  • 時間: 109 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.4 18件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00SYLM2GC
  • JAN: 4988104096432
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 53,312位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

日常は、ある日とつぜん、食べられた。
全世界待望! 伝説の大傑作マンガ『寄生獣』完全映画化! !
日本最高のスタッフと超豪華キャスト陣による衝撃作品が遂にBlu-ray&DVD発売! !
衝撃と感動の二部作。『寄生獣 完結編』4月25日(土)公開。

★『寄生獣 完結編』公開時期に絶好のタイミングでリリース! !
★豪華版の特典ディスクには、2種類のメイキング映像や話題となった本編スピンオフのショートムービー「ミギーの世界を教えて」など貴重な映像を多数収録!
★約20年の時を経て、伝説の大傑作マンガが遂に実写映画化!
★監督・VFXは、2013年公開実写映画NO.1ヒット作『永遠の0』の山崎 貴監督!
★日本最高の技術を持つ超一流の職人達と超豪華キャスト陣が集結! !

【収録内容】
(本編ディスク)
Blu-ray/カラー/2層(BD50G)/シネマスコープ/本編109分+特典/2014年/日本
音声)1)DTS-HD Master Audio 5.1ch 2)リニアPCM2.0ch
字幕)1)日本語字幕
(特典ディスク)
Blu-ray /カラー/収録分数未定/2層(BD50G)/16:9ビスタサイズ
音声)1)リニアPCM2.0ch

【映像特典】
(本編ディスク)
■予告編集
・特報
・予告
・TVスポット
■本編オーディオコメンタリー(山崎 貴監督ほか製作スタッフ)
■「寄生獣 完結編」スペシャル映像冒頭7分
(特典ディスク)
■映画「寄生獣」メイキング映像1 撮影編
■映画「寄生獣」メイキング映像2 VFX編
■スピンオフショートムービー「ミギーの世界を教えて」
■東京国際映画祭 密着映像集
■監督インタビュー(山崎 貴監督)
■キャストインタビュー(染谷将太・橋本 愛)
【封入特典】
■ブックレット
【商品仕様】
■アウタースリーブ+デジパック仕様


【ストーリー】
普通の高校生・泉新一は、未知の生物に右手を食われた。地球の生態系に突然現れたこの生物は通称・パラサイト、なんと人間を食料とする新種の寄生生物~人間の脳を食い、その人間の身体に寄生する知的生物~だった。
新一を襲ったパラサイトは、脳を奪うのに失敗し、右手に寄生してしまった。動揺する新一をよそに、右手は人間の言語や文化を学び、自らをミギーと名乗り、新一に共同生活を持ちかけてきた。
お互いが生き続けるためには、他に選択肢はない。勘の鋭い同級生・村野里美に怪しまれながらも、なんとかいつも通りの日常を過ごそうとする新一。しかし、教師として赴任してきたパラサイト・田宮良子にその正体を見破られてしまう。
街中に潜み人間を喰らうパラサイト達との戦いを余儀なくされた新一とミギー。パラサイト達が一大ネットワークを形成しつつある中、 人間達もパラサイトへの反撃を始めようとしていた。地球に生存を許される種は、人間か?パラサイトか?


【キャスト】
染谷将太 深津絵里 阿部サダヲ
橋本 愛 東出昌大 岩井秀人 山中 崇 オクイシュージ 池内万作 豊原功補
大森南朋 北村一輝 余 貴美子 國村 隼 浅野忠信

【スタッフ】
監督:原作:岩明 均「寄生獣」(講談社刊) 脚本:古沢良太/山崎 貴 音楽:佐藤直紀 監督・VFX:山崎 貴
(C)2014映画「寄生獣」製作委員会
発売元:講談社/バップ 販売元:東宝

※商品仕様・デザインは予告なく変更になる場合がございます。

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

岩明均の大ヒットコミックを山崎貴監督が実写映画化。普通の高校生・泉新一は人間を捕食する新種の寄生生物(パラサイト)に突如襲われた。新一の脳を奪うことに失敗したパラサイトは、右手に寄生してしまい…。特典ディスク付きの豪華版。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Blu-ray
約2時間でなかなか上手くまとまっているし、ミギーの動きの良さや人間態からパラサイトへの変化などVFXの見所もあり、命の価値観をテーマにした哲学的な内容で楽しめましたが、その哲学的な内容に対し、パラサイト達が人間を喰らう描写がベタすぎるかと。
もう少し意外な方法で描いてほしかったです。
特典の本編メイキングはもちろんのことVFXメイキングも短い時間ながら、なかなか充実していました。
『ミギーの世界を教えて』はクスッと笑える内容なのでシリアスな展開な本編鑑賞後にはちょっとした息抜きになって良かったです。
ついでに特典ディスクの絵柄は少し笑ってしまった。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray
完結篇を劇場で見て、居ても立っても居られず、前篇の豪華版を購入。
原作はリアルタイムで読んで、単行本も買っていたファンだったので、実写化と聞いたときには不安しかなかったし、「母性」をテーマにと言われた時には、何を考えているんだ、アホか!と思ったクチ。絶対に見るまいと思っていたのに、劇場公開されると評判が良かったので、期待せずに見たら、クオリティの高さに仰天した。完結篇も、期待を裏切らない、むしろ想像をはるかに超える出来。

まず、この映画化によって、そもそも『寄生獣』という素材自体が、漫画やアニメよりも実写映画にマッチしたものだったのだという気づきを得た。あらかじめ血と肉と命を持ち合わせた役者の肉体の存在感は、残念ながら2次元の漫画やアニメでは到底表現できない重たさがある。そんな実在感のある「肉体」が、最新のVFXによって、不気味にグロテスクに「かぱぁっ」と割れる様。そこには、理屈を超えた生の恐怖がある。これが嘘くさかったりしたら台無しなのだが、この映画はリアルな人体変形描写を、PG12でやってのけたのだから、その心意気と挑戦と実績には脱帽するしかない。

そして密度も高く、長い原作から、せいぜい4時間の映画にどうまとめるのか。
そのために削られた登場人物はとても多い。まず父がいない。加奈がいない。同じく半端に寄生された宇
...続きを読む ›
コメント 30人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray Amazonで購入
駄作ですね。
アニメ版の足元にも及びません。
これが永遠のゼロ監督とは信じたくもありません。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray
一見すると普通に見られる映画、だからこそ、原作が好きであればあるほどこの実写版には憤るべきだと思います。

確かに原作そのままでは尺が足りないというのはあるかもしれませんが、改変、そしてそれに対するアプローチがひどすぎると思いました。
原作では「両親が旅行に行っていて襲われる」からこそ、その後のシンイチの行動が物語的に至極打倒なものになっていましたし、展開を加速させる起爆剤にもなっていました。
しかし実写版ではその根本が改変されているため、その後のシンイチの行動に整合性がとれません。
マザコンとも取られかねないほど母親に対して親愛の情を持っていたシンイチが、普通に学校に通い放課後にあてもなく敵を探し回るだけというのはさすがにありえません。せめてぶっ倒れるまで探し続けたところをミギーに窘められ行動に冷静さを持たせるとか、そのほうがよほど納得できます。
原作から改変し、母子家庭という設定にしたが故の作劇場の矛盾です。
また、原作でも大きな意味を占めていた「犬」のエピソードをそう改悪するかと驚きました。
原作と映画では犬に対するシンイチの行動が異なっており、原作がそのシーンにこめていた意味が確実に変化してしまっています。
原作ではひかれた犬を助け出し、その後ベンチでしばらく抱き続け、それなのに死んだ
...続きを読む ›
4 コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray Amazonで購入
 原作のファンからして見れば不満が残る作品になってしまったと思いますが、一つの映画としてみれば満足のできる作品に仕上がっていると思います。

 尺の関係でオミットされてしまった部分で残念な流れや、出てこなかった人物はいるのですが、居たら居たで・・・3部作にでもしなければ収まらなくなってしまうか作品のテンポが狂ってしまうのでしょうがないのかも知れませんが、原作好きとしては・・・・・・加奈ちゃんと宇田さんは居てほしかった( ;∀;)

 後非常に個人的な意見としては東出 昌大氏の演技した島田君を見た時に感じたのが、島田じゃなくて三木だったら違和感が無かったと感じてしまったくらいで・・・・・・大体において20年前の高校生と今の高校生を同じに見ることはできないので、他のキャストに関しては、コミックスとは別人として見ていたので違和感を感じてもこういうモノだと思っていたので良かったのですが、東出氏の演技した島田君があまりに原作の三木さんのワザとらしい笑顔を振りまいていたので、ミスキャストというかベストを外したキャスティングに思えてしまったのが残念に思えてしまいました。 
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー